私の日記帳へようこそ  【昔の「遠野の方言」を絶やさないように・・・】    
                                
                                             
     昔のお年寄りが使っていた 「遠野の方言」でのコメント を添えています。 不思議で楽しい遠野の方言をお楽しみ下さい。

                                                     
 育ちは遠野・住いは佐倉です 阿 部 恒 幸a(( 
   【 日 記 帳 2019年】     「~ハ」 は 「~Ha」 と発音します。
 
  9月18日(水) 遠野の方言 : 「おせる(捕まえる)」 と 「おせる(教える)」
                  ※ 同じ「おせる」は 発音や前後の言葉で意味を判断します。
 
     発音の違い
        「おせる(捕まえる)」 は 「」の「せ」を高く発音します。
        「おせる(教える)」  は 「おせる」と全体を平らに発音します。
 
     使用例
        ホタルハ「おさ」行ったっけが 田んぼのながサ居で 「おせられ」ねがった。
       (ホタルを「捕まえに」行きましたが 田んぼの中に居て 「捕まえられ」なかった)
 
        算数の勉強ハ 「おせられだ」ども さっぱりわがねがった。
       (算数の勉強を 「教えられた」が さっぱりわからなかった)
 
    トンボハ「おる」 (トンボを捕まえる)    勉強ハ「おせで」もらう (勉強を教えてもらう)
        
 
 
  9月16日(祝) 久々に戴いた大好きな「うなぎパイ」 : 独特の食感と美味しさ。
 
      東ほぐのもんだらば「薄皮饅頭」だべが 南のうんめものだば「うなぎパイ」だべ。
        カリカリすてス あのうなぎみでな味っこハなんともしゃべれねがっけよ : 遠野の方言
     (東北のものならば「薄皮饅頭」でしょうが 南の美味しいものなら「うなぎパイ」ですよね。
        カリカリして あのうなぎの様な味がなんとも云えないんですよ     : 標準語)
 
   カリカリとした食感と美味しい味がたまらないんです 
        
 
 
  9月14日(土) 初サンマでしたが まだ小さく痩せていて油が乗っていなくて そして高い。
 
      まんつ ちっちぇサンマだども 初物だがらど思って買ってみだども 味っこもまだまだス。 
        どごのみなどで上がったもんだが あだらすぐもねぇす これがらだべな : 遠野の方言
     (まあ 小さいサンマですが 初物だからと思って買ってみましたが 味もまだまだでした。
        何処の港で上がったものでしょうか 新しくもないですし これからですね : 標準語)
 
  今回買ったサンマ  いまいちですね        新鮮さを表すクチバシの黄色もちょっと・・・
     
 
 
  9月13日(金) 今日は中秋の名月とのこと : いつもは月の出を撮影、今夜は22時に撮影。
 
     前だば地平線がら お月さん出っとご狙って写真ハ撮ってだっけが 今でハ テレビの
        番組見で ベランダでこの写真ハ撮ったども これも とすのせいだべが? : 遠野の方言
    (以前なら地平線から お月さんが出るところを狙って写真を撮っていましたが 今では テレビの
        番組を見て ベランダでこの写真を撮ったんですが 年のせいでしょうか? : 標準語)
 
    今夜の22時頃の中秋の名月・月の出は黄色いのですが 今は白っぽい満月です
             
 
 
  9月12日(木) なんぼなんだったって 4日の停電ハ ひでぐねすか? : 遠野の方言
          (いくら何でも 4日間の停電は ひどくないですか? : 標準語)
 
  電気ばりでねぐ 水も出ねずす 電車もとまってるずが 今どぎこんたなごど
   あってハわがねごどだべ。 津波のどぎも 「こんたなごどハ まさが起ぎね」ど思ってんのが
    間ぢがいでス 世のなが何起ぎっかわがねがら さぎのさぎまで 考んげで欲すもんだでば : 遠野の方言
 (電気ばかりでなく 水も出ないし 電車も止まっているそうですが 今時こんな事が
   あってはならないことでしょう。津波の時も 「こんなことは まさか起きない」と思っているのが
    間違いで 世の中何が起きるか分からないので 先の先まで 考えて欲しいものです  : 標準語)
 
  テレビでの報道           水を貰いに右往左往         電車もいまだに不通
   
 
 
  9月11日(水) 遠野の方言 : 「ほでね(訳が分からない)」 と 「ほでね(違う)」
                 ※ 同じ「ほでね」は 発音や前後の言葉で意味を判断します。
    発音の違い
      「ほでね(訳が分からない)」 の発音は「でね」の「」を高く発音します。
      「ほでね(違う」       の発音は「ほで」の「」を高く発音します。
 
    言葉「ほでね」の使い方例
      おらの将棋 何やってんだが でねぐなってすまったな : 遠野の方言
      (自分の将棋は 何やってんのか 訳分からなくなったよ : 標準語)
 
      その打づがだ ほでべ   : 遠野の方言
      (その打ちかたは 違うだろう : 標準語)
 
       ※ この様な同じ言葉で 意味の違う単語が 遠野の方言にはいくつかあります。
          「遠野地方の日常会話集 (紛らわしい言葉)を参照ください。
 
            
 
 
  9月10日(火) 台風一過の夕暮れですが、停電の土産を置いていった様です。
 
    きんの晴れだのハいんだどもス 千葉県のあっつこっつで停電サなってすまって
       次の日の今日サなっても復旧すてねんだどス。 つかぐの娘のうづも停電続いでで
          ゆんべハおらほのうづの風呂サ入(へ)ぇりサ来て 今日も来んでねすか? : 遠野の方言
   (昨日晴れたのはいいんですが 千葉県のあちこっちで停電になってしまって
       次の日の今日になっても復旧していないそうです。近くの娘の家も停電が続いていて
          夕べは私の家のお風呂に入りに来て 今日も来るんじゃないかな?     : 標準語)
 
   昨日の 台風一過の夕焼け空
   
 
 
  9月8日(日) 新だらすホヤ売ってだっけがら買ってきたでば。これで一杯ハうんめぞ    : 遠野の方言
        (新鮮なホヤを売っていたので買ってきました。これで一杯やると美味しいですよ : 標準語)
 
     触ってみで パンパンに張れたぐれ固でくて 色っぺの良いのハ新鮮な証拠ス。
         見でくれ悪るども 磯の香すて 独特の良い味っこすっけよ : 遠野の方言
    (触ってみて パンパンに張れた位固くて 色具合の良いのは新鮮な証拠です。
         グロテスクですが 磯の香がして 独特の良い味がするんです : 標準語)
 
  パンパンに膨らみ 色の鮮やかなのは新鮮な証拠       中のはらわたを取り 酢醤油でいただきます
     
 
 
  9月7日(土) コシヒカリは稲刈りを待つだけに育っていますよ。
 
   「育づほど こうべを垂れる稲穂がな」ってス むがすのひたづぁ いいごど云ったもんだなっス。
      偉ぐなったりすて しとの上サ立づしとハ 謙虚でねばなんねっつう教訓だもな。
          議員サなったりすっと それ忘れでしとのみぢ踏み外すやづが 居るもな : 遠野の方言
  (「育つほど こうべを垂れる稲穂かな」って 昔の人達は いいことを云ったものです。
     偉くなったりして 人の上に立つ人は 謙虚でなければならないと云う教訓ですよね。
          議員になったりすると それを忘れて人の道を踏み外す者が 居ますよね : 標準語)
 
  今の コシヒカリの田んぼ              稲穂もこうべを垂れています
   
 
 
  9月6日(金) 稲穂が真っ黒な 古代米「あくねもち」が 今 花を咲かせています。
 
     このたんぼ見っと たまげで「ギョッ!」とすっけよ。ほだって たんぼハ真っ黒だっけもや。
        これス 古代米のもぢ米だどス。籾ハ真っ黒だども 米ハクリーム色でうづぐすがっけよ
                                         : 遠野の方言
    (この田んぼを見ると びっくりして「ギョッ!」とするんです。だって 田んぼが真っ黒なんです。
        これね 古代米のもち米だそうです。籾は真っ黒ですが 米はクリーム色で綺麗なんです
                                          : 標準語)
 
  稲穂が真っ黒な古代米「あくねもち」の田んぼ       今 稲の花を咲かせています
     
 
 
  9月3日(火) 遠野の来内川(らいないがわ)の川岸にあった「サイカチ」の木の話です。
              ※その「サイカチ」の木は 今の「お多賀橋」の新町側にありました。
 
   なづサなっと 朝間早ぐその木サ行ぐど カブトムスハいっぺたがってで 捕ってきたのす。
     あぎサなっと でっけぇニドマメ真っ黒ぐすたみでな「サイガヅ」の実っこハ取って来て
       おがさんサやっとス その実で鍋のそどのすすなんか こすってとったもんだのス : 遠野の方言
  (夏になると 朝早くその木に行くと カブトムシが沢山(葉っぱ等に捕まって)居て それを捕ってきたんです。
     秋になると 大きいサヤエンドウを真っ黒くした様な「サイカチ」の実を取って来て
       母親に上げると その実で鍋の底のススなどを こすってとっていたものです : 標準語)
 
          ※ サイカチの実は 自然の石鹸の成分が含まれており 昔の人は石鹸替わりにしていた様です。
 
     遠野の方言の解説  1) カブトムスがいっぺたがってで「たがってで」の意味
                「たがる」は「摑まる」の意味があり 「セミハ電柱サ たがってる」などと云います。
              2) 「ニドマメ」は「サヤエンドウ」を意味します。二度も三度も取れる表現の単語です。
 
  サイカチの木の幹はゴツゴツしていて登り易いんです。 サイカチの実
       
 
 
  9月2日(火)
    くがづサなったったって まだまだ暑づもな。
       こんたなどごにハ 水辺サ行って 風っこサ当だんのも いいもんだじぇ : 遠野の方言
   (九月になったといっても まだまだ暑いですよね。
       こんな時には 水辺に行って 風に当たるのも いいもんですね    : 標準語)
 
     今日の印旛沼の景色 (木製の渡しの先で シラサギが餌を狙っていました) 
  
 
 
  9月1日(日) 遠野の方言 : ほぎだす(吐き出す)
 
   腐った食い物食ったどぎだの うんめぐ無(ね)えもの食ったどぎなんかハ 「ベッ!」ってほぎだすべ。
        桑の実ハ食ってっとぎに 一緒にへっぷりむすを食ったどぎなんかハ 最悪ス : 遠野の方言
  (腐った食べ物を食べた時や 美味しく無いものを食べた時などは 「ペッ!」って吐き出すでしょう。
        桑の実を食べている時に 一緒にカメムシを食べた時なんかは 最悪ですね : 標準語)
 
            
 
 
 
 
 
 
  8月30日(金) 遠野の方言 : 「おどげる」 (「ふざける」)
 
    犬と話をしていたお母さんと その話を聞いたその旦那の会話です
 
      今日な しれっけ犬が(白っぽい犬が) おっぺ振って(尻尾を振って) おらのどごサ来んのス 
     (私の所へ来るんです)
      あんまりめげがら(あまりにも可愛いので) その犬っこサ おどげでよ(ふざけてね) 「おめさん
     (あんたは) おどご犬だべが?(オス犬ですか?) おなご犬だべが?(雌犬ですか?)」って 聞
      いでみだのす(聞いて見たんです)
     すたらば(そうしたら) その犬っこス(その犬が) 「ワン」だどス。
     「ワン」だげだば おどご犬だが おなご犬だが 分がんねべ(分からないでしょう)って云ったのス。
 
      なにおめ(なんだお前) そんたなごどすてっと(そんなことをしていると) きじげど まずげられつお
     (きちがいと 間違えられるよ)
      まず うずのおがさんにハ(本当に うちのお母さんには) 困ったもんだでば(困ったものです)
      年がら年中 おどげでばがり(ふざけてばかり) いっからス(いるもんで・・・)
 
            
 
 
  8月29日(木) 遠野の方言 : 「あめだ」 ど 「なげる」 (「ご飯類が「腐った」 と 「捨てる」)
 
    ご飯類が腐っることを「あめる」と云います、また捨てることを「投げる」と云います。
 
       ゆんべ ご飯ハ冷蔵庫サ入(え)れんの わしぇだっけ 朝間にハ「あめで」だっけもや。
         まんつまんつ もってぇねぇごどだども 「なげる」すかねぇべだらや : 遠野の方言
     (夕べ ご飯を冷蔵庫に入れるのを 忘れてしまって 朝には「腐って」いたんですよ。
         本当に もったいないことですが 「捨てる」しかないですよね   : 標準語)
 
       ※ ご飯類が腐ることを「あめる」と云いますが、魚や肉などは「あめる」と云わず、普通に
          「腐る」 「腐った」と云います。
 
 
  8月28日(水) 遠野さば なしてふてぇたげハ 成らねんだべがな? やっぱり 寒がらだべな : 遠野の方言
       (遠野には どうして太い竹が 成らないんでしょうか? やはり 寒いからでしょうね : 標準語)
 
     千葉サ来て どごさもふてぇタゲハ あるもんで まんつ たまげだでば。
       たげのごもいいども たげの林ででぎだけしぎも おもむぎあっていいもんだもな : 遠野の方言
    (千葉に来て 何処にも太い竹が あるもので 本当に びっくりしました。
       筍もいいんですが 竹の林で出来た景色も 趣があっていいものですね      : 標準語)
 
        「ひよどり坂」と云う 竹林の坂道です (千葉県佐倉市武家屋敷近く)
           
 
 
  8月26日(月) 遠野の方言 : 「ぼう」 と 「ぼったぐる」 (「追う」 と 「追い立てる」)
 
     8月23日の日記帳に「ぼう(追う)」と云う言葉がありましたが 「ぼったぐる」と云う方言もあります。
 
        「ぼう」 は人を 「追う」 とか ハエを「追う」 時等に使います。
 
        「ぼったぐる」 は 人を「追い立てる」や ハエを外に追い出すために 「追い立てる」 などと
                                            使います。
 
       ※ また 通常、法外なお金を払わせることを 「ぼったぐる」 と云いますが 遠野でも使って
        いたかどうかは 定かではありません。
 
 
  8月25日(日) 今 24ず間テレビやってっけども 頑張ってるしたづ いっぺいるなっス : 遠野の方言
        (今 24時間テレビを放送していますが 頑張っている人達が 沢山いますね : 標準語)
 
      あんまし聞いだごど無(ね)え病ぎのしともス 何がやんべどすて頑張ってるス
         そのひたづハ助けんべっと 頑張っているひたづもいるス
               世のながハ 助け合いあって 皆 生きでいがれんだもな : 遠野の方言
     (あまり聞いたことが無い病気の人も 何かをやろうとして頑張っていますし
         その人達を助けようと 頑張っている人達もいますし
               世の中は 助け合いがあって 皆 生きていかれるんですね : 標準語)
 
    24Hrテレビの一コマ
        
 
 
  8月24日(土) 冬だばだども きんのの夕かた スカイツリー見えでだっけよ : 遠野の方言
         (冬ならともかく 昨日夕方に スカイツリーが見えていましたよ : 標準語)
 
    冬にハ スカイツリーハよぐ見えんだども なづに見えんのハ 珍らすのス。
      テレビで ほれ富士山ハ うづぐすぐ見えるって放送すてだっけがら ベランダサ出でみだっけ
                   こごがらの富士山ハ あんまり良ぐめえねがったっけよ : 遠野の方言
   (冬には スカイツリーは良く見えますが 夏に見えるのは 珍しいんです。
      テレビで ほら富士山が 綺麗に見えるって放送していたので ベランダに出て見たら
                   ここからの富士山は あまり良く見えませんでした   : 標準語)
 
  昨日の夕方 約50Km先のスカイツリーが見えました。 (富士山は雲の中でした)
     
 
 
  8月23日(金) 「ハエ取り紙」って おべでるすか? 今でもこしぇで売ってるずよ    : 遠野の方言
         (「ハエ取り紙」って 知っていますか? 今でも作って売っているそうです : 標準語)
 
      ※ 60年前頃の家庭の必需品でしたが 今でも「ハエ取りリボン」の名前で販売されている様です。
 
   その「ハエ取り紙」の 子供の頃の思い出です (ハエ取り紙はハエも取りますが、女の子の髪の毛にもくっ付くんです)
 
     ご飯のず間サなっとな(ご飯の時間になると) ハエっこハ匂いかんで(ハエが匂いをかぎつけて) 
    どごがらがうずのながサ(どこからか家の中に) へって くんのす(入って 来るんです)
     そどサ おんだすべっと(外に 追い出そうと) ハエただぎでぼうんだども(ハエたたきで追うん
    ですが) ぼっても ぼっても そどサ出はっていがねのス(追っても 追っても 外に出ていかない
    んです)
     まんず(本当に) ごしぇっぱらやげるっけよ(腹が立つんですよ)
     それさス(それに) うづのさしぎさば(家の座敷に) ハエ取り紙ハ(ハエ取り紙を) ぶら下げで
    おぐどス(ぶら下げて置くと) ハエもくっつぐども(ハエもくっつきますが) おなごのわらすハ遊んで
    るうずさス(女の子が遊んでいるうちに) 髪の毛サ ベッタリど くっついですまっけもや(くっついて
    しまうんですよ)。 
     あの ハエ取り紙 髪っこがら剥がすのハ(髪から剥がすのは) 目に合うっけよ(苦労するんだよ)
 
   幅3~4cm 長さ50~60cmのリボン  リボンのネバネバにハエをくっつけて捕獲
                          
 
 
  8月21日(水) 遠野の方言 :  「しょす」 と 「おしょす」 (どちらも「恥ずかしい」を意味しますが・・・)
 
  「しょす」は「恥ずかしい」の一般的な言葉で 男性でも女性でも使います。
    使用例 (お母さんやお父さんが子供にこんなことを・・・)
 
      おめ 年中こんたな点数ばり 取ってきて「しょす」ぐねのが?   : 遠野の方言
      (お前 年中こんな点数ばかり 取ってきて「恥ずかしく」ないのか? : 標準語)
 
  「おしょす」は 女性が本当に恥じらう時や、ここぞ女性といった時に使う 「お恥ずかしい」を意味します。
     使用例 (成人式で初めて晴れ着を着た女性の言葉です)
 
      おら こんたなうづぐす着物きたのハ はずめでで まんつ「おしょす」でば  : 遠野の方言
     (私 こんな綺麗な着物を着たのは 始めてなので 本当に「お恥ずかしい」です : 標準語)
 
 
  8月20日(火) 残暑を惜しむ「ひまわり」 : 急に秋の涼しさがやって来るのでしょうか?
 
    まんつ いづまで経っても 暑づごどなぁー! もうそろそろ 涼すぐなってもいんでねすか?
            いい天気だど思ったっけ 大雨サなったりすて わげわがねでば : 遠野の方言
   (本当に いつまで経っても 暑いですねー! もうそろそろ 涼しくなってもいんじゃないかな?
            良い天気だと思ったら 大雨になったりして わけがわかりません : 標準語)
 
    残暑を惜しむ「ひまわり」             天候が変わり易い今の空
      
 
 
  8月18日(日) 遠野では 子供の頃 お盆が過ぎたら川遊びは禁止と云われていました。でも・・・。
 
       「お盆過ぎっとな カッパサ足引っ張られで 溺れですんですまんだがらな」って
             しゃべられでだっけよ。ほでも かぐれで皆で 泳ぎサ行ったっけよ : 遠野の方言
      (「お盆が過ぎると カッパに足を引っ張られて 溺れて死んでしまうんだからな」って
             云われていたんです。それでも 内緒で皆で 泳ぎに行ったんです : 標準語) 
 
         遠野まつりのハッピを着たカッパ(遠野駅前)
              
 
 
  8月17日(土) 鉄橋を渡っていたら汽車がきた! : 渡り切れないぞ! 止む無く待避所で・・・。
 
  川向うの良い釣り場に行くのに 鉄橋を渡っていると 突然遠くで汽笛が・・・。
 
     鉄橋わだった綾織りにハ(鉄橋を渡った綾織りには) 良い釣り場ハいっぺあってス(沢山あって)
    小六ぐれのどぎ(小学校6年生の時) よぐこの鉄橋ハ 歩いで渡ったのス(歩いて渡ったんです)
     枕木の間サ落ぢね様に(枕木の間に落ちない様に)ぴょんぴょんど跳ねながら渡んのス(渡るん
    です)。 
       汽車ハ来っと(汽車が来ると) 待避所サ入(へ)って手摺サしがみついで 汽車通り過ぎんの
    待づんだども(待つんですが) 運転手ハ わざど蒸気出すて「ボーッ!」って汽笛も鳴らすて
    行ぐっけもな(行くんですよ)
     手摺も鉄橋毎ガダガダど揺れっぺし(揺れるし) おっかねもんで無(ね)がっけよ(怖いなんてい
    うもんじゃないんですよ)
 
    ※ この頃は あまり問題にはならなかったのですが 今なら線路内侵入で大変な事になる行為です。良い子は真似をしない様に・・。
 
  こんなキャシャな待避所で・・・ その揺れはハンパ無い・・ 今の綾織り側から見る遠野駅方面の鉄橋
           
 
 
  8月16日(金) お盆最後の日の川遊びハ わらすんどの天ごぐス : 遠野の方言
        (お盆最後の日の川遊びは 子供達の天国なんです : 標準語)
 
  お盆の最後のおぐり盆でハス スイガだのメロンだののお供物ハ 藁なんかサくるんで 川サ
   流すのス。わらすんど それおべでで川下で拾って食うのス。普段ハ食れねもの
    食れんだがら わらすんどにとってハ 天ごぐス。おだなだづもそれハ承知だったべどもな : 遠野の方言
 (お盆の最後の送り盆では スイカやメロンなどのお供物を 藁等にくるんで 川に
   流すんです。 子供達はそれを知っていて川下で拾って食べるんです。普段食べられないものが
    食べられるんですから 子供達にとっては天国です。大人達もそれは承知していたでしょうが・・ : 標準語)
 
    遠野の送り盆には スイカなどのお供物を 川に流す「精霊流し」の風習がありました
            
 
 
  8月15日(木) 
     ろぐがづサ生まれだメダガ おっきぐなったがら 今日親のはぢサ移づすたでば : 遠野の方言
      (6月に生まれたメダカが 大きくなったので 今日親の鉢に移しました    : 標準語)
 
     最初ハ5ミリぐれだったのハ ふたづぎ半で1センチぐれになったのス。これだば親サ食われる
         ごども無(ね)がんべがら 親のはぢサ 一緒にすたのス : 遠野の方言
    (最初は5mm位だったのが 二か月半で1cm位になったんです。 これなら親に食べられる
         ことも無いでしょうから 親の鉢に 一緒にしたんです   : 標準語)
 
  左の丸鉢で卵をかえして育て大きくなったら右の鉢に移す 最初は5mm位(6/3)  今日の移動時は1cm位
      
 
 
  8月14日(水) 今日の印旛沼の景色
 
   今 でっけぇ台風ハ来てるずども つかぐの印旛沼ハ青空もぺっこ見えで 穏やがだでば。
     このどご 毎とす被害が出でる台風だども てえしたごどねばいいがな      : 遠野の方言
   (今 大きい台風が来ているそうですが 近くの印旛沼は青空も少し見えて 穏やかです。
     このところ 毎年被害が出ている台風ですが 大したことが無ければいいんですが・・ : 標準語)
 
  今 芦もガマも育って うっそうとしています    釣りから戻った船     餌をあさる白鷺
     
 
 
  8月13日(火) 遠野さば川で遊べるどごハ いっぺあったのス : 遠野の方言
         (遠野には川で遊べるところが 沢山ありました : 標準語)
 
    遠野ハ海サ行ぐべどすっと 釜石まで行がねばねがっけがら わらすんどハ皆つかぐの川で
     遊ぶのス。今日ハ落合、あすたハ早瀬って 毎にぢ行ぐどご変えながら楽すんだっけよ : 遠野の方言
   (遠野は海に行こうとすると 釜石まで行かなければならないので 子供達は皆近くに川で
     遊ぶんです。今日は落合、明日は早瀬橋へって 毎日行く所を変えながら楽しんだんです : 標準語)
 
            
 
 
  8月12日(月) 約10年前に家族で泊まった遠野市柏木平のコテージ  : 息子家族が台風で
                  沖縄へ行けず、急きょ遠野のこのコテージに泊まることになったとのこと。
 
   そのコテージの思い出です
       去年のなづス(夏にね) かぞぐ(家族)皆で遠野サ遊びサ行ったのス(行ったんです)
       柏木平のコテージサ泊まったども(泊まったんですが) うづぐすくて(綺麗で)広くて
      まず えがったよ(本当に よかったです)
       遠野のつかぐで(近くで) こんたな(この様な) いいどごあるずのハ(あると云うのは)
      全然 すらながったのス(知らなかったんです)
       孫だづぁ(孫たちは) 部屋のながハ(中を)ばだばだどはすりまわって(走り回って)
      そどサ出れば かぶとむすの(カブトムシの)小屋だの 川もつかぐサあって(近くにあって)
       はだがサなって川サ入(へ)って(裸になって川に入って) 泳いだり さがなハおせだりすて
      (魚を捕まえたりして) 遊んだのス(遊んだんです)
       なづのはずめだば(夏の始めだと) ホタルハ一ぺ飛ぶんだどス(沢山飛ぶんだそうです)
 
           遠野市柏木平のコテージ : こんな感じのコテージでした
                  
 
 
  8月11日(日) 昔の遠野の盆踊り : 旧遠野小学校(現在の市民会館の場所)が唯一の盆踊り会場でした。
 
     今ハどごでも町内会単位ぐれのちっちぇ会場でやっともス むがすハ小学校の校庭サでっけぇ
        やぐらハ組んで 遠野中のひたづぁあづまってきて 何百人もの踊りっこの輪っかサなった
                                     もんだのス : 遠野の方言
    (今はどこでも町内会単位の小さい会場でやりますが 昔は小学校の校庭に大きい
        やぐらを組んで 遠野中の人達が集まってきて 何百人もの踊りの輪になった
                                     ものなんです : 標準語)
 
                
 
 
  8月10日(土) 遠野のお盆 : 迎え火は遠野の町の風物詩 ・ 道路が舗装されていない頃のお盆です。
 
     遠野のまづサお盆くっとす(遠野の町のお盆が来ると) 道路のまんながサ(道路の真ん中に)
    まぎハ山の様に積んでな(薪を山の様に積んで) むがえ火の準備すんのす(迎え火の準備を
    するんです)
     夕がだサなって(夕方になって) 日っこ暮れっとス(日が暮れると) そのまぎサ火っこ付けん
    のス(その薪に火を付けるんです)
     最初ハ煙ばり出で(最初は煙りばかり出て) けぷてがっけども(煙いんですが) そのうづ
    (そのうちに) ぼんぼど燃えで来て(ぼうぼうと燃えて来て) 火っこハ屋根ぐれたげぐ上がっけ
    もや(火が屋根位高く上がるんですよ)
     一軒のうづが(一軒の家が) 一山で それが何十軒もならんで 火っこハもえんべし(火が
    燃えるものですから) まず まずじゅうが火の海みでになっけもや(町中が火の海みたいにな
    るんですよ)
     これだげ燃やせば 遠野がら上がってった ほどげさんも(仏様も) すぐめっけるべって(すぐ
    見つけるだろうって) 皆で しゃべってだっけよ(云っていたんですよ)
 
      遠野の迎え火のイメージ (今は道路が舗装されているため かがり火になっている様です)
           
 
 
  8月8日(木) このあづさで セミもグロッキーでねすか?   : 遠野の方言
        (この暑さでは セミもグロッキーじゃないですか? : 標準語)
 
      ベランダさ セミハ転がってだっけが 触ってみっと まだ生ぎでるみでで
         バラの木サ乗せでやったっけ 一寸すてがら 飛んで行ったっけよ : 遠野の方言
     (ベランダに セミが転がっていましたが 触ってみると まだ生きているようで
         バラの木に乗せてあげたら 一寸してから 飛んで行ったんです : 標準語)
 
      ベランダに転がっていたセミ 暑さで参っているのか? 一週間の寿命なのか?
            
 
 
  8月7日(水) ギラギラ太陽が照る夏の印旛沼へ : ヒシが沼一面にはびこっていました。
 
       まんつ 毎にぢあづごどなぁー。ほでも 印旛沼サ行くど なんぼが風っこあって
                 まづながサ 居るよっか涼すぐ感ずっけよ : 遠野の方言
      (本当に 毎日暑いですねぇー。それでも 印旛沼に行くと いくらか風があって
                 町の中に 居るよりは涼しく感じますよ   : 標準語)
 
  今日の印旛沼の景色        ヒシの実でおなじみのヒシの葉っぱがはびこっていました
     
 
 
  8月6日(火) ぶっかれだ写真機 修理すんべどすたっけ 新品買うのどおんなずぐれかがっとス : 遠野の方言
        (壊れたカメラを 修理しようとしたら 新品を買うのと同じぐらいかかるそうです : 標準語)
 
   なんたったって 今どぎの機械の修理代ハ なして こんたに高げもんだべが?
   むがすのひたづぁ 物ハ大事に使ったもんだども 今ハなんでも使い捨てのずだいだなっス : 遠野の方言
  (なんとした 今時の機械の修理代は どうして こんなに高いんでしょうか?
   昔の人達は 物は大切に使ったものですが 今はなんでも使い捨ての時代なんですね   : 標準語)
 
      この動画用のカメラの静止画機能を使って写真を撮っています
             
 
 
  8月4日(日) こごの日記帳サ乗せる写真写すてるカメラハ ぶっかれですまったでば : 遠野の方言
          (ここの日記帳に乗せる写真を写しているカメラが 壊れてしまいました : 標準語)
 
      買ってがら3年ぐれになんべが? 一回だげ修理サ出すたんだども
         とうとうぶっかれですまったでば。あすたまだ買いサ行くべど思ってっともス : 遠野の方言
     (買ってから3年位になるでしょうか? 一回だけ修理に出したんですが
         とうとう壊れてしまいました。明日また買いに行こうと思っていますが・・・・ : 標準語)
 
 
  8月3日(土) 今日ハ おらほのまづの花火大会だども 行がれねのが悔やすでば : 遠野の方言
       (今日は 私の町の花火大会ですが 行かれないのが残念です : 標準語)
 
  みんなで二万発も上がるどス。二尺玉だの 水上スターマインだの 
    音楽サ合わせで一揆に六千発だのって 見ごだえある花火大会で有名だがら
     大勢のひたづぁ電車がら降りで 会場サゾロゾロど たどり着ぐまでもてぇ変だっけよ : 遠野の方言
 (全部で二万発も上がるそうです。二尺玉や 水上スターマインやら
    音楽に合わせて一揆に六千発など 見ごたえのある花火大会で有名なので
     大勢の人達が電車から降りて 会場へゾロゾロと たどり着くまでも大変なんですよ : 標準語)
 
              
 
 
  8月2日(金) 遠野の方言 : 「えんず → 「うっとうしい」
 
      きんの眼医者サ いって来たんだどもス この前の草がりのどぎ 眼サゴミ入(へ)ったみでで
         眼っこハ「えんずくて えんずくて」ス。眼っこがらゴミハ取って貰って
           目薬貰ってきて それ二三日付けだっけ すっかり治ってすまったのス : 遠野の方言
     (昨日眼医者に行って来たんですが この前の草刈りの時 眼にゴミが入ったみたいで
         眼が「うっとうしくて うっとうしくて」。眼からゴミを取って貰って
           目薬を貰ってきて それを二三日付けたら すっかり治ってしまいました : 標準語)
 
             
 
 
  7月30日(火) 本かぐ的ななづサなって 稲も穂ハ付けできたんすよ : 遠野の方言
          (本格的な夏になって 稲も穂を付けてきましたよ : 標準語)
 
     「実る程 こうべを垂れる 稲穂かな」ってス 田んぼの稲っこも穂ハ付けできて
       これがら籾のながサ養分送って 実っこハ太らせんべっと 頑張るどごだでば : 遠野の方言
    (実る程 こうべを垂れる 稲穂かな」って 田んぼの稲も穂を付けてきて
       これから籾の中に栄養分を送って 実を太らせようと 頑張るところです   : 標準語)
 
  穂が付き始めた 田んぼの稲
    
 
 
  7月29日(月) ふるさと祭りは町内で : 駅前ロータリーでの盆踊りとイベントで思い出作りを・・・。
 
     今のまづハ マンションでいっぺだがら 遠野みでなまづりハ出来ねのス。
         んだがら 町内会ハあづまって わらすんどの思い出サなる様に
                   色々なイベントなんかやって 努りょぐすてんのス : 遠野の方言
    (今の町は マンションでいっぱいですから 遠野みたいなお祭りはできないんです。
         ですから 町内が集まって 子供達の思い出になる様に
                   色々なイベントなどを催して 努力をしているんです : 標準語)
 
  駅前のロータリーでのふるさと祭り  町内のスタッフ        夜には太鼓の出しものも・・・
    
 
 
  7月27日(土) 朝起きて見たら なんと!綺麗な虹が出ていました : なにか良いことが・・・。
 
     なんと 朝間起ぎでカーテン空げでみだっけ まんつ うづぐす虹ハ出でだっけよ。
      このどご いいごど無い(ね)ぇもんだがら これがらハなんぼが期待出ぎっぺがな? : 遠野の方言
    (なんと 朝起きてカーテンを開けてみたら 本当に 綺麗な虹が出ていたんです。
      この所 いいことが無いものですから これからはいくらか期待できるのでしょうか? : 標準語)
 
  朝 6時10分に出ていた虹です
     
 
 
  7月26日(金) 遠野・早瀬川の川遊び : 遠野の町は川で囲まれているので・・・。
 
     なづサなっと夏になると わらすんど皆川サ行って子供達は皆かわに行って) 泳ぐ
    どもス(泳ぐんですが) 早瀬のはすのたもどハ(早瀬川の端のたもとは) ふけぇぐなってでス
    (深くなっていて) おっきいわらすんどぁ(大きい子供達は) はすの欄干の上がら(橋の欄干
    の上から) 飛びごんでっけよ(飛び込んでいるんですよ)
     見だだげでこえがっけよ(見ただけで怖いんですよ)
     川は危ねどもス(川は危ないですが) すんだ人のはなすハ(死んだ人の話は) 聞いだごだ
    ねぇがらいいどもス(聞いた事が無いからいいんですが) 遠野のまづハ(遠野の町は) 川で
    かごまれでるがら(川で囲まれているので) いいぎどもあっとも(良いこともありますが) 皆で
    気付けねば(気を付けないと) なんねごども(ならないことも) いっぺあるなっス(沢山ありま
    すね)
 
 
  7月24日(水) 成田市「宗吾霊堂」へお参り : 人っ子一人居ない境内でゆっくりお参り出来ました。
 
     こごの霊堂さば つぎに一回ぐれハ来っとも こんたに静がなのハ はずめでだでば。
         ほでも おがげさんで ゆっくりすてこごろ洗われる 一とぎだったのス : 遠野の方言
     (ここの霊堂には 月に一度位は来ますが こんなに静かなのは 始めてです。
         それでも おかげ様で ゆっくりと心洗われる ひと時だったんです   : 標準語)
 
   本堂への参道          除夜の鐘に活躍する鐘楼       水子地蔵
    
 
 
  7月23日(火) はだげの小屋のたげの棚サ 「突っ張り」こしぇだでば : 遠野の方言
          (畑の小屋の竹の棚に 「突っ張り棒」を作りました  : 標準語)
 
     ジャガイモハいっぺとれで たげの棚ハ重でくて曲がってきたもんだがら
      たげで突っ張りこしぇだでば。これでジャガイモなんぼ乗せでも大丈夫だぁー : 遠野の方言
    (ジャガイモが沢山とれて 竹の棚が重くて曲がってきたものですから
      竹で突っ張り棒をつくりました。これでジャガイモをいくら乗せても大丈夫だぁー : 標準語)
 
  ジャガイモまだまだとって乗せるよ   竹で重さを受ける横棒を・・・   下はパレットで重さを支える
         
 
 
  7月22日(月) 今夜は三陸の名産「ホヤ」のつまみで一杯です。
 
     関東でハ ながながカラのまんま買っうしとハ あんまり居ねみでだすな。
        遠野でハ ホヤハ安すがら いっつもドンブリいっぺ食ったもんだでば : 遠野の方言
    (関東では なかなかカラのまま買う人は あまり居ないみたいですね。
        遠野では ホヤは安いので いつもドンブリ一杯食べたものです  : 標準語)
 
  カラに入ったままのホヤ     カラから身を出す        内臓を捨てて食べられる身を・・・
    
 
 
  7月21日(日) 畑の帰りに急に蕎麦が食べたくなりました : 宗吾霊堂正門前の「甚平蕎麦」です。
 
      今日ハ 大盤振る舞いで二船(ふたふね)も食ってすまったでば。
              そのあどの 蕎麦つゆも まんつ うめがったよ : 遠野の方言
     (今日ハ 大盤振る舞いで二枚も食べてしまいました
              その後の 蕎麦つゆも 本当に 美味しかったです : 標準語)
 
  甚平蕎麦の看板        大盤振る舞いで二枚も・・・     蕎麦つゆも美味しかったです
    
 
 
  7月20日(土) 南京豆の花っこハ咲いだでば はずめで見だども黄色れんだなっす : 遠野の方言
         (落花生の花が咲きました 始めて見ましたが黄色いんですね    : 標準語)
 
   南京豆ハ 花っこハすたサ延びでって つずのなかサ入(へ)ってぐんだずども ビニール
      敷いでるはだげでハ そのビニールハ外さねば 南京豆ハ出来ねんだどス   : 遠野の方言
  (落花生は 花が下に延びていって 土の中に入っていくそうですが ビニールを
      敷いている畑では そのビニールを外さないと 落花生は出来ないとのことです : 標準語)
 
   落花生の花 ・ 黄色くて何か?の花にも似ています
          
 
 
  7月19日(金) 去年迄二ひぎで来てだカルガモス ほがで子育ですたんだべが?  : 遠野の方言
        (昨年迄つがいで来ていたカルガモ 他で子育てをしたんでしょうか? : 標準語)
 
      毎とすあらのはだげの隣の田んぼサ来てだっけが こどすハさっぱしすがだハ
         見せねがったども この前ヒョコッ!ど 一匹だげ顔っこ出すたのス。
               子っこも連れでねがったス 挨拶だげすサきたんだべが? : 遠野の方言
     (毎年私の畑の隣の田んぼに来ていたんですが 今年はいっこうに姿を
         見せなかったんですが この前ヒョコッ!と 一匹だけ顔を出したんです。
               子供も連れていなかったし 挨拶だけしにきたんでしょうか? : 標準語)
 
      久し振りッ! なんで今年は一人だけなの? そうか 子育ても終わったのか。
         
 
 
  7月18日(木) 遠野の方言 : せやみったがり → 「無精者
 
      遠野の方言 「せやみったがり」
 
         むげぇのえなさんの部屋ス(向かいのお兄さんの部屋にね) へぇれだもんでねのス
        (入れたもんじゃ無いんですよ)。
         なぁに ビールの缶だの ラーメンの空っこだの いっぺ転がってで あすの踏み場も
        (足の踏み場も) ねがっけでば(無いんですよ)。
         まんつとも(本当に) あのえなさんハ(あのお兄さんは) もどもど(元々) せやみった
        がりだがらス(無精者だからね) 嫁っこも(お嫁さんも) ながなが来ねんでねのすか?
        (なかなか来ないんじゃないですか?)
 
 
  7月16日(火) ヒマワリ広場の幸せ家族 : お子さん連れの楽しそうな親子の風景です。
 
   わらす連れだ家ぞぐで ヒマワリの周りハ 幸せいっぺス。 わらす育でんのハ 
    苦労もいっぺあっとも こんたな良いどぎあって 幸せ家ぞぐハ出来んでねすか?    : 遠野の方言
  (子供連れの家族で ヒマワリの周りは 幸せいっぱいです。 子供を育てるのは
    苦労も沢山ありますが こんな良い時があって 幸せな家族が出来るのではないでしょうか? : 標準語)
 
  自転車のモニュメントの奥に・・・  ヒマワリと一緒にパチリッ!    満面の笑みで幸せいっぱい
     
 
 
  7月15日(祝) 雨の合間を縫ってヒマワリ畑に行ってみました : 日照不足にも拘らず黄色い輪が・・・。
 
    この天気だがら ヒマワリなんてまだ咲いでねべど思って行ったっけ なんとなんと
      黄色れヒマワリハ見ごどサ 咲いでだっけよ。人っこ思ったよりいっぺ居だっけよ : 遠野の方言
   (このお天気ですので ヒマワリなんてまだ咲いていないだろうと思って行ったら なんとなんと
      黄色いヒマワリが見事に 咲いていました。人も思ったより沢山居たんですよ  : 標準語)
 
  ヒマワリ畑 (佐倉市ふるさと広場) 黄色が鮮やかなヒマワリ   数少ない花の蜜を必死に集めるミツバチ
     
 
 
  7月14日(日) 旬の魚を楽しむ : 今は「メバル」が旬のようです。
 
      今 スーパーサ行ぐどス「メバル」ハ安ぐ売ってっけもや。 むがす 船っこサ乗張って
        海釣りサ行って「メバル」ハいっぺ釣れだのハ 今頃だったんだべな : 遠野の方言
      今 スーパーに行くと「メバル」が安く売ってるんです。  船に乗って
        海釣りに行って「メバル」が沢山釣れたのは 今頃だったんですね : 標準語)
 
         今 スーパーで売っている新鮮な「メバル」 (25cm位かな?)
            
 
 
  7月13日(土) 歴博(佐倉国立民族博物館)で友達になった方が遠野を訪問 : 私の育ったお寺にも・・。
 
    友だづハス 遠野の観光ばりでねぐ おら4つまで育った「知恩寺」さも行ってけだどス。
      あどス 鍋倉山だの 山口さも行って来て ぜぇ分感動すてだっけよ。むがすのとしょりハ
         「遠野サ来たって 何もねくて もさげねなっス」って云ったもんだどもス : 遠野の方言
   (友達は 遠野の観光だけでなく 私が4歳まで育った「知恩寺」にも行ってくれたそうです。
      あとは 鍋倉山や 山口集落にも行って来て 随分感動していました。昔のお年寄りは
         「遠野に来ても 何も無くて 申し訳ないです」って云ったものですが・・  : 標準語)
 
  私が4歳まで過ごしたお寺です。
    約70年前の遠野市の「知恩寺本堂」       その後、お寺の山の下に出来た山門
             
 
 
  7月12日(金) 日照時間が殆ど無い日が続いています : 200年前にも同じ様な日が続き大飢饉に・・・。
 
  今のず代ハ 寒さサ強えぇ米っこも開発されで 米っこ全ぐとれねずごどねべがら 餓死なんつごだぁ
    起ぎねども むがすハ食う物もねくて大勢すんだだずよ。遠野の五百羅漢がその証拠ス : 遠野の方言
 (今の時代は 寒さに強い米も開発されて 米が全くとれないことはないでしょうから 餓死ということは
    起きませんが 昔は食べる物も無くて大勢死んだそうです。遠野の五百羅漢がその証しです : 標準語)
 
  大飢饉を物語る遠野の「五百羅漢」
      
 
 
  7月10日(水) 外国人が驚く「小学生の通学風景」 : 「どうして誘拐されないんだ?」って。
 
       外人ハス 「誘拐すても 日本にハ売りさぎが無(ね)えんでねぇが?」って云うどす。
         日本でハ こんたな あだりめのごども 外こぐデハ あだりめねぇのが不思議だでば。
              そんたなはなす聞ぐど 日本てのハ 平和でいいなど思うでば  : 遠野の方言
      (外国人は 「誘拐しても 日本には売り先が無いんじゃないか?」って云うそうです。
         日本では こんな 普通のことも 外国では 普通でないのが不思議です。
              そんな話を聞くと 日本と云うのは 平和でいいなと思います  : 標準語)
 
   小学生の下校風景
     
 
 
  7月9日(火) 夏の庭先の花 : 花が少ない今の時期、農家さんの庭先の花々です。
 
     なづサなっとス うづぐす花っこハあんまり咲いでねくて寂びしども 農家さんの庭さぎサ行ぐど
          あんまりほがでハ見れね 名前の分がんね花っこもいっぺ咲いでっけよ : 遠野の方言
    (夏になると 綺麗な花があまり咲いていなくて寂しいんですが 農家さんの庭先に行くと
          あまり他では見れない 名前の分からない花も沢山咲いているんです : 標準語)
 
   農家さんの庭先の花々
         
                              ギボウシ       カンゾウ
 
  7月8日(月) 流しソーメンボランティア : 年に一回の老人施設への訪問です。
 
       毎とす来てる老人施設だども 皆 こごろ待づサすてるずよ
           ソーメン流れで来っと 皆 「キャッキャッ」云ってス わらすみでに喜ごんで
                       まるんで おもしぇそうだっけよ     : 遠野の方言
      (毎年来ている老人施設ですが 皆 心待ちにしているそうです
           ソーメンが流れ来ると 皆 「キャッキャ」云って 子供みたいに喜んで
                       本当に 楽しそうでしたよ      : 標準語)
 
  いよいよ施設に出発です     立派な施設に到着     早速流しソーメンのセットに掛かります
   
  利用者さんが集まり始めました いよいよソーメンが流されます  ソーメンをキャッチして食べる!たべる!
   
     優れものの循環式流しソーメン装置 作るのに手間暇がかかりますし この竹の使用期間は約一週間です
 
  7月7日(日) 雨の合間に孫と畑に・・・ : 七夕なのに雨とは・・・・。
 
      本とハ ジャガイモ掘りサ行ぐんだったっけが 雨っこでイモ掘りハ中止。
          ほでも孫ハ ブランコだげでも喜ごんでス 「すげー!すげー!」ってス : 遠野の方言
     (本当は ジャガイモ掘りに行く予定でしたが 雨でジャガイモ掘りは中止。
          でも孫は ブランコだけでも喜んで 「すげー!すげー!」って・・・ : 標準語)
 
  巨大ブランコに人が乗るとその大きさが実感できます
   
       ブランコを楽しむ孫                帰りにはトマトやナスの収穫
      
 
 
  7月6日(土) トマトもキュウリも順調です : 最近は野菜の話ばかりで御免なさい。
 
     雨ばり降ってっから ながながはだげさも行げねくてス
       三日も過ぎでがら行ぐど キュウリなんかはお化げみでにでっけぐなってっけもや : 遠野の方言
    (雨ばかり降っているので なかなか畑に行けなくて
       三日もすぎてから行くと キュウリなんかはお化け見たいに大きくなっているんです : 標準語)
 
   トマトハウスで順調に実をつける大玉トマト     キュウリも三日経つとお化けキュウリに・・・
     
 
 
  7月5日(金) ソラマメの種を採取 : 自分が栽培したソラマメから種を採るのは2年目です。
 
  最初ハ なんたにすて種っこ採んのが 分がんねがったっけが 農家のしとがらおせでもらったのす。
    サヤハ乾燥すて 真っ黒ぐなってがら種っこハ採っけもな。はづ芽りづハ100%つかぐス : 遠野の方言
 (さいしょハ どの様にして種を採るのおか 分からなかったんですが 農家の人から教えて貰ったんです。
    サヤが乾燥して 真っ黒になってから種を採るんですよ。発芽率は100%近くなんです : 標準語)
 
   枯れる寸前のソラマメのサヤ            乾燥した真っ黒なサヤから 種を取り出します
        
 
 
  7月4日(木) ラッキョウ・塩漬けから甘酢漬けへ
 
    塩漬げの方法ハ色々あるべども 重石乗せで漬けっと 甘酢漬けサすたどぎに
       パリパリず歯ごだえハずっと続いで 正がづ過ぎでもフニャっとなんねがっけよ : 遠野の方言
   (塩漬けの方法は色々あるでしょうが 重石を乗せて漬けると 甘酢漬けにした時に
       パリパリとした歯ごたえがずっと続き 正月が過ぎてもフニャっとならないんです : 標準語)
 
   重石を乗せた塩漬け15日間   ラッキョウを3時間水出しし 水を切り甘酢の入ったビンに入れ完成
       
 
 
  7月3日(水) 遠野の「なんだこれミステリー」 : フジテレビ系の今夜のテレビで紹介。
                        田瀬ダムに沈んだ「岩手軽便鉄道」が現れる?
 
    宮沢賢治のSL銀河鉄道のはなすハ こごがら出だんだづよ。
       ダムの水っこがぺっこサなったどぎに ときたま 出張ってくるずども 
           おらも 知らねがったでば。 テレビサ出張るぐれ有名なんだなっス : 遠野の方言
   (宮沢賢治のSL銀河鉄道の話は ここから出たんだそうです。
       ダムの水が少しになった時に 時々 出てくるそうです
           私も 知らなかったんです。 テレビに出るほど有名なんですね : 標準語
  
 
  ダムの水が少なくなると現れる「岩手軽便鉄道跡」 この跡 現在の釜石線となりました。
   
 
           
 
 
  7月2日(火) 今日 ちょっとぎま 雨っこの晴れ間出だがらス 頑張って草がりすてきたのス : 遠野の方言
         (今日 一寸の間 雨の晴れ間が出たので 頑張って 草刈りをしてきました  : 標準語)
 
     拭いでも 拭いでも汗っこハ ダラダラど出でくっけもや。こんたなどぎにハ 
       あだまサタオルハ巻いで 汗っこ目サ入(へ)んね様サすて 頑張ってきたのス : 遠野の方言
    (吹いても 拭いても汗が ダラダラと出て来るんですよ。こんな時には
       頭にタオルを巻いて 汗が目に入らない様にして 頑張ってきたんです    : 標準語)
 
  今日の草刈り
        ビフォー & アフター             ビフォー & アフター
       
 
 
  7月1日(月) 遠野の方言 : 「やばつ」 → 「うっとうしい」
 
   こごのどご雨っこばり降ってス やばつくて やんたでばな。
      大雨降って洪水サなってっとごもあるみでだども なんでもねばいがな       : 遠野の方言
  (ここのところ雨ばかり降っていて うっとうしくて 嫌ですね。
      大雨が降って洪水になっている所もある様ですが なんともなければいいんですが・・ : 標準語)
 
                    
 
 
  6月30日(日) 去年ハ 雨っこ降ったっけ すぐみんな真っ黒サなって枯れですまったのス : 遠野の方言
         (昨年は 雨が降ったら すぐみんな真っ黒になって枯れてしまったんです : 標準語)
 
  小屋のながハ暑づどもス トマトハ暑づのハ大好ぎだづがら 今どす小屋こしぇでえがったでば。
     毎とす意地サなって 小屋建でねでやってみだども 全滅だったのス。
       野菜の気持ぢサなって育でねば 野菜も可愛そうだづごどわがった例だでば : 遠野の方言
 (小屋の中は暑いんですが トマトは暑いのが大好きなので 今年小屋を作って良かったです。
     毎年意地になって 小屋を建てないでやってみましたが 全滅でした。
       野菜の気持ちになって育てないと 野菜も可哀想だと云うことが分かった例です : 標準語)
 
 今年新築の「トマト小屋」 写真は中玉と黄色いミニですが 大玉もこれと同じ本数があり、沢山成っています。
     
 
 
  6月29日(土) ラッキョウを掘り上げ、塩漬け完了 : 15日程塩漬けし、その後甘酢漬けにします。
 
  大分遅ぐなったども ラッキョハ掘って塩漬げサすたどごだでば。くぎだの根っこ切ったりすんのハ
   手間掛がるす 甘酢の氷砂糖も高げべし んだがら売ってるラッキョ漬げハ高げのス : 遠野の方言
 (大分遅くなったんですが ラッキョウを掘って塩漬けをした所です。茎や根っこを切ったりするのは
  手間が掛かるし 甘酢の氷砂糖の高いですし ですから売っているラッキョウ漬けは高いんですね : 標準語)
 
 掘り上げて邪魔な茎を切り落とす。 茎と根っこを切り落とし、良く洗って樽に入れ塩漬けします(塩はラッキョウの10%)
    
 
 
  6月28日(金) 変わり者? が作ったカボチャもスイカも大分大きくなりました。
 
  80手前のとしょりハ 一人でブランコサ乗張ってんのって おがすぐねすか?
    村のひたづぁ 変わり者ハブランコで遊びながら はだげやってっつぉって云ってんべな : 遠野の方言
 (80歳手前の年寄りが 一人でブランコに乗っているのって おかしくないですか?
    村の人達は 変わり者がブランコで遊びながら 畑をやってるよって云っているでしょうね : 標準語)
 
 畑に行けば必ず乗る大ブランコ  ブランコの左手前がカボチャ、その奥がスイカ畑(大分大きくなりました)
   
 
 
  6月27日(木) 田んぼの稲も大分大きくなってきました : 山里は綺麗な緑色で覆われています。
 
     今日ハ風もあってス 緑の稲も生ぎでるみでに「ザワザワ」ど揺れでで
        田植えがら ふたづぎで こんたにおっきぐなってすまんだなど思ってス : 遠野の方言
    (今日は風もあって 緑の稲も生きているみたいに「ザワザワ」と揺れていて
        田植えから 二か月で こんなに大きくなってしまうんだなと思って・・・・ : 標準語)
 
     山里の田んぼ       風に揺れる稲は波のようです
   
 
 
  6月26日(水) セギレイハおらの車のバックミラーサとまって おらのごど覗いで見でっけもや : 遠野の方言
         (セキレイが私の車のバックミラーにとまって 私のことを覗いて見ているんです : 標準語)
 
    おらも遠野サ居だどぎにハ 鳥っこハ大好ぎで 霞網なんかでおせで 飼ってだんだども
      こんたに人なづっこい鳥っこハ 居ねがったっけもや。なんだが不思議な感ずだな : 遠野の方言
   (私も遠野に居た時には 鳥が大好きで 霞網などで捕まえて 飼っていたんですが
      こんなに人懐っこい鳥は 居なかったですね。 なんか不思議な感じですね    : 標準語)
 
   車のバックミラーの上にとまり、私を覗き込む「ハクセキレイ」
         
 
 
  6月25日(火) 遠野のウナギ食った外人さんハ 最高だったずよ : 昨日の「YOUはなにしに日本へ」の番組。
        (遠野のウナギを食べたYOUが 最高だったそうです)
 
    遠野で育ったども 三陸のウナギのはなすハ聞いだごだ無(ね)がったっけよ。
           それさすても でっけくてうんめそうなウナギだでばな : 遠野の方言
   (遠野で育ったんですが 三陸のウナギの話は聞いたことが無かったんです。
           それにしても 大きくて美味しそうなウナギですね   : 標準語)
 
  遠野市の民宿「要(よう)」のウナギ (川を遡上せず、三陸の海で育ったウナギとのこと)
    
 
      
 
 
  6月24日(月) 「おっかね! おっかね!」 おらも注意すて運転すねばな : 遠野の方言
         (「怖い! 怖い!」 私も注意して運転しないとね     : 標準語)
 
     おらも 今 運転免許の更新中だどもス いいとすだがら 「そろそろこれで終わりサすて 
       次にハ 返納すた方良(い)んでねべが」ど思ってるどごだでば : 遠野の方言
    (私も 今 運転免許の更新中ですが いい年なんで 「そろそろこれで終わりにして
       次は 返納した方が良いんじゃないか」と思っている所です  : 標準語)
 
   近所で見かけた交通事故 どうしてここへ突っ込んだのかな? 運転手は無事かな?
         
 
 
  6月23日(日) 今の時期 「アズサイ」ハうづぐな : 今の時期 「アジサイ」が綺麗ですね。
 
     高そぐのそぐ道サも うづぐすアズサイハ咲いででス 車止めで写真ハ撮ったのス。
         むらさぎの色っこもあざやがでス まんつ 一所懸命咲いでだっけよ : 遠野の方言
    (高速の側道にも 綺麗なアジサイが咲いていて 車を止めて写真を撮ったんです。
         紫の色も鮮やかで 本当に 一生懸命咲いていました         : 標準語)
 
  高速道路の側道に咲くアジサイの花     紫色が鮮やかです
      
 
 
  6月22日(土) 巨大ブランコの完成まで : 約一か月の作業を振り返ってみました。
 
   仮組台の上サ乗はってる4本のたげハ 上サ持づ上げるの なんたサすたがって云うどス
     かだっぽうの2本のあすハ滑んね様サ 穴っこ掘って入れで 反対の2本のたげハ 二人で
         真ん中の方サ押すてって 丁度良いかぐ度でおせだのス。分がったべが? : 遠野の方言
  (仮組台の上に乗っている4本の竹を 上の方に持ち上げるのを どの様にしたかと云うと
     片方の2本の足を滑らない様に 穴を掘って入れて 反対の2本の竹を 二人で
         真ん中の方へ押していって 丁度良い角度で固定したんです。分かったかな? : 標準語)
 
  竹の切り出し        蝶番部分の穴あけ     割れ防止の補強    4本が揃いました
     
 
  仮組み立て台の上に4本を乗せ ボルトを通して固定 椅子の取り付け  4本の竹を持ち上げて完成
    
                                        最後に仮組台を取り除きます
 
  6月21日(金) 巨大ブランコ?完成 : 5月18日に竹を切り出しようやく完成です。
 
  このブランコサ乗張ってみっと ユーラ! ユーラ!って 一振りハ時間が長げのス
    それサ合わせで たげもしなって 真っすぐサなったり曲がったりすて 普通のブランコどハ
        感ずハつがっけもや。これがら はだげサ来るたんびに乗ってみっぺ : 遠野の方言
 (このブランコに乗ってみると ユーラ! ユーラ!って 一振りの時間が長いんです
    それの合わせて 竹もしなって 真っすぐになったり曲がったりして 普通のブランコとは
        感じが違うんです。これからは 畑に来る度に乗ってみよう    : 標準語)
 
  巨大ブランコ?完成 (高さ約5m  7.3mの竹4本使用 トラック用ロープ)
   
  4本の竹の足部分を固定      椅子部分      椅子に座って上を見上げた景色
     
 
 
  6月20日(木) 老人施設での生活? : 昨日はディサービスの方達へのボランティアでしたが
                              かなり お若い方々も多そうでした。
 
  こんたな でっけぇせづびの良い施設サ来れるひたづぁ幸せなのス。
     見っと半分ぐれの人ハ 車椅子使ってっけども 周りの援助ハ無(ね)えど こごさも来れねべす
      今 元気な人ハ 身体ハ鍛えで なるべぐ自分の家(うづ)で 暮すごど考えねばね : 遠野の方言
 (この様な 大きい設備の良い施設に来れる人達は幸せです。
     見ますと半分位の人は 車椅子を使っていますが 周りの援助が無ければ ここにも来れないでしょうし
      今 元気な人は 身体を鍛えて なるべく自分の家で 暮せることを考えないとね : 標準語)
 
  施設にボランティアが来るのが楽しみ、そして 皆で鯉のぼり等協力して作ったり充実している様でした
    
 
 
  6月19日(水) 今日は老人施設(ディサービス)でのボランティア : 踊りと歌で楽しんで頂きました。
 
  まるんでホテルみでな老人施設でス ながも まんつ立派だったでば。うだっこど踊りっこの
   あどハ こごサ入(へ)ってるひたづさもうだって貰って おもしぇくて良い時間だったでば : 遠野の方言
  (まるでホテルみたいな老人施設で 中の 本当に立派でしたよ。歌と踊りの
   後は ここを利用している人達にも歌っていただいて 楽しくて良い時間でした     : 標準語)
 
  ホテルの様な老人施設    先ずは舞踊から楽しんで頂き その後はこの施設の利用者さんの歌も・・
      
 
 
  6月18日(火) 風鈴の音が心地良い季節です : 色々な風鈴があるものですね。
 
       おら家(ほ)の嫁さんがら 珍らす風鈴ハおぐって来たのス。パイプが2本ぶら下がってで
           風で吹がれだガラス玉ハこのパイプサ当だっと チリン!チリン!て 優すおどっこ
                すっけもや。南部鉄器の風鈴どハ一寸ばり 趣つがっけよ : 遠野の方言
     (我が家の嫁さんから 珍しい風鈴を送って来ました。パイプが2本下がっていて
          風で吹かれたガラス玉がこのパイプに当たると チリン!チリン!と 優しい音が
                するんです。南部鉄器の風鈴とは少し 趣が違います : 標準語)
 
           左は南部鉄器の風鈴 右がパイプ風鈴?
                
 
 
  6月17日(月) ニンニクの取り入れ終了 : こんたにいっぺのニンニグなんたすっぺ : 遠野の方言
                      (こんなに沢山のニンニクをどうしようか? : 標準語)
 
   こごの土づサ合ってんだべが? まんつ 素晴らすニンニグハいっぺ取れだのス。
     ニンニグハ 一とぎになんぼも食うもんでは無(ね)えども とぎどぎ必ず必要サなるもんだもな。
      んだがらス 欲す人サ一回にいっぺあげるんでねくて 何回にも分げであげでんのス : 遠野の方言
  (ここの土地に合っているのか? 本当に 素晴らしいニンニクが沢山取れました。
     ニンニクは 一度に幾つも食べるものでは無いんですが 時々必ず必要になるものなんですよね。
       ですから 欲しい人には一回に沢山あげるのではなく 何回にも分けてあげています : 標準語)
 
    今日収穫したニンニク : 風通しの良い小屋の竿に掛けて茎を乾燥させます
     
 
 
  6月16日(日) ソラマメも終わってス あどハ種っこ取るだげだでば : 遠野の方言
           ソラマメの収穫も終わり 後は種を取るだけです : 標準語)
 
     ジャガイモハ ぺっこだげ葉っぱハ枯れできたがらス あど10がもすれば
                          収かぐ出ぎんでねべがな? : 遠野の方言
    (ジャガイモは 少しだけ葉っぱが枯れてきたので あと10日もすれば
                         収穫ができるんじゃないかな? : 標準語)
 
  ソラマメの種として収穫するため乾燥するまで待ちます  ジャガイモ(キタアカリ)試し掘り・まあまあの出来です
     
 
 
  6月14日(金) モンシロチョウの求愛活動 : 多い時には10匹以上で大空へ舞い上がります。
 
  はだげサ居っと モンシロチョウハいっぺ飛んでっけども とぎどぎ10ぴぎげれあづまって
     空の上の方サ昇って行って 急に別がれで落ぢで来て まだ上がって行ぐっけもな : 遠野の方言
 (畑に居ると モンシロチョウが沢山飛んでいますが 時々10匹位が集まって
     空の上の方へ昇って行って 急に別れて降りて来て また昇って行くんですよ    : 標準語)
 
  モンシロチョウの求愛活動 (多い時には10匹以上で大空高く舞い上がります)
     
 
 
  6月13日(木) 高さ7mの巨大ブランコ製作 いよいよ佳境に・・・ : 4本の竹でうまく支えられるか
 
      1本20キロ以上有んべども さぎサこしぇだ「組立て台」サ乗せで 蝶番の長げぇボルト
         通すて ロープ掛げでがら 高がさ7メートル迄持づ上げんだども しとりでハ無理で
              ねべがな。 そのどぎにハ応援頼まねばなんねな : 遠野の方言
     (1本20Kg以上有るでしょうが 先に作った「組み立て台」に乗せて 蝶番の長いボルトを
         通して ロープを掛けてから 高さ7m迄持ち上げるんですが 一人では無理じゃ
             ないでしょうか。 その時には応援を頼まないとね : 標準語)
 
 草刈をしてブランコのスペースを確保 (草刈りに2日間)
  一本7.3mの竹 4本でブランコを支えようというもの  両側に「組み立て台」を組みその上で準備をします
     
 
 
  6月12日(水) これがらの沼ハ 「ヒシ」の葉っぱでいっぺサなっつお : 遠野の方言
         (これからの沼は 「ヒシ」の葉でいっぱいになりますよ : 標準語)
 
      今日ハまだ涼すども これがらハ ズメズメどすたやばつ季節ハくっぺ。
         そんたな やばつのハ 沼の水草だづハ大好ぎだがらス   : 遠野の方言
     (今日はまだ涼しいですが これからは ジメジメとしたうっとうしい季節が来ます。
         その様な うっとうしいのは 沼の水草達は大好きですから・・ : 標準語)
 
  夏に向かう沼の水草  しゅんと伸びた「ガマ」  湖面を埋め尽くす「ヒシ」  珍しい「アメンボウ」
     
 
 
  6月11日(火) カボチャが勢いよくツルを伸ばし始めました : 株は4本ですが どれ位とれるかな?
 
      去年ハなんたなわげだが あんまり数成んねがったっけが こどすハいっぺ成って
                 皆サ 喜ごんで貰っと良いなど思ってんのス : 遠野の方言
     (昨年はどういう訳か あまり数が成らなかったですが 今年は沢山成って
                 皆に 喜んで貰うと良いなと思っています : 標準語)
 
  4株のカボチャが勢いを増してきました
     
 
 
  6月9日(日) まんつ 色々な種類ハ あっこどス! うづぐすよー : 遠野の方言
        (本当に 色々な種類が あることー! 綺麗ですよ : 標準語)
 
   菖蒲苑を楽しむ
   
 
    色々な種類の「菖蒲」 (種類は この3~5倍位あると思います)
           
 
           
 
 
  6月8日(土) 今日から佐倉の「菖蒲まつり」が始まりました。
 
      朝間がら雨っこハ降ってだっけが ちょっとぎま晴れだもんだがら 菖蒲でも見んべど思って
         公園サ行ったっけ 丁度今日がら「菖蒲まづり」ハはずまってだのス。
             雨あがりの菖蒲ハ 花っこサ水のシズグ光ってでうづぐすがっけよ : 遠野の方言
    (朝から雨が降っていましたが 一寸の間晴れたものですから 菖蒲でも見ようかと思って
         公園に行ったら 丁度今日から「菖蒲まつり」が始まっていたんです。
             雨上がりの菖蒲は 花に雫が光っていて綺麗でしたよ       : 標準語)
 
  佐倉市城址公園の「菖蒲まつり」会場 (明日は菖蒲オンパレード・沢山の菖蒲をご紹介します)
    
 
 
  6月7日(金) 雨が降る前の一仕事に草刈りを・・・ : ところが予報より早く雨が降って来て中途半端に。
 
    午後がら雨っこ降るずがら 急いで草がりはずめだっけが 11時頃がら雨っこふってきてス
       考げでだ半分くれすか 刈れねがったっけが 午後ハゆっくり休めずごどだべな  : 遠野の方言
   (午後から雨が降ると云うので 急いで草刈りを始めたんですが 11時頃から雨が降ってきて
       考えていた半分位しか 刈れなかったんですが 午後はゆっくり休めと云うことですね : 標準語)
 
   珍しく涼しいので 草刈を始めましたが 始めてから1時間位で雨が・・・。でもこれだけ出来ました。
    
 
 
  6月6日(木) 「ソラマメキントン」を作ってみました : 自己流ですが美味しい「ソラマメキントン」が出来ました。
 
     栗キントンハこしぇだごどあっとも ソラマメキントンハはずめでなのス。
       皆ハ蒸さねで煮でるみでだども おらハ蒸すてこしぇで見だのス。
              ほでも まんつ うんめソラマメキントンハ出来だでば : 遠野の方言
    (栗キントンは作ったことがありますが ソラマメキントンは初めてなんです。
       皆は蒸さないで煮ている様ですが 私は蒸して作って見ました。
              それでも 本当に 美味しいソラマメキントンが出来たんです : 標準語)
 
  ソラマメの皮を剥く      蒸し器で8分蒸す        入れ物に移し塩少々と砂糖を入れる
    
 
  スリコギでソラマメを潰す   ラップに取り丸く成型(茶巾形でもOK)    出来上がり
    
 
 
  6月5日(水) ソラマメ取入れ最盛期 : 畑でカラを捨て豆だけ持ち帰りすぐ茹でる。
 
      サヤごどうっつあ持って来っと サヤのごみばりいっぺサなってすまってス 朝間のゴミ出すハ
        てぇ変サなっから はだげでサヤ剥いで 豆だげうっつあ持って来て すぐ茹でで 冷凍
          すてすまんのス。冷凍すて置ぐど いず年中うんめソラマメ食(か)れんのス : 遠野の方言
     (サヤ毎家に持って来ると サヤのごみばかり沢山になってしまって 朝のゴミ出しが
       大変になるので 畑でサヤを剥いて 豆だけ家に持って来て すぐ茹でて 冷凍を
         してしまうんです。冷凍して置くと 一年中美味しいソラマメが食べられるんです : 標準語)
 
  畑でのサヤ剥き(下のサヤから上のソラマメを取り出しサヤはゴミ箱へ)   豆は一寸(3cm)サヤは約13~15cm
    
 
 
  6月4日(火) 詩吟を楽しむ : 年に一度の催しで、吟ずる内容の解説もあり楽しく拝聴してきました。
 
      内容の解説ハ聞いでがら詩吟ハ聞ぐど ながながあずあって いいもんだっけよ。
         本能寺で信長ハ焼ぎ討ぢされる場面だの、静御前の踊る風景なんかハ
                         分がり易くてとってもえがったでば : 遠野の方言
     (内容の解説を聞いてから詩吟を聞くと なかなか味があって いいものです。
         本能寺で信長が焼き討ちされる場面や、静御前が踊る風景などは
                         分かり易くてとても良かったです : 標準語)
 
  令和の元号の元に成った 万葉集の「梅花の歌」を吟じる会主   尺八の伴奏で詩吟が更に引き立ちます
       
 
 
 
  6月3日(月) メダガの子っこハ 産まれだでば : 遠野の方言
        (メダカの子供が 生まれました  : 標準語)
 
     おらほの めだがの数も年々少なぐなってきたがら こどすハなんとが増やすべがど思ってス。
       卵産(な)したホデイ草ハ 鉢サ移づすて 鉢のながで孵化させんのス。
          今15ひぎぐれ生まれだがらス これがらもっと増えるんでねべが?   : 遠野の方言
    (我が家の メダカの数も年々少なくなってきたので 今年はなんとか増やそうかと思いまして・・。
       卵を産んだホテイ草を 鉢に移して 鉢の中で孵化させるんです。
          今15匹位生まれましたので これからもっと増えるのではないでしょうか? : 標準語)
 
  大人の水槽(右)と子供の鉢(左)   大人のメダカはおなかに卵を抱いています  鉢で生まれた子メダカ
       
 
 
  6月2日(日) 南京豆の芽っこ出張ってきたよ。
 
   南京豆ス、10が前サ蒔いだんだっけが 今日見だっけ 蒔いだ種っこハ 皆芽っこ出すてだっけよ。 
      蒔いだあどハ毎にぢ日照りハ続いだがら すんぱいすてだども まづえがったでば : 遠野の方言
  (落花生ですが 10日前に蒔いたんですが 今日見たら 蒔いた種が 皆芽を出していたんです。
      蒔いた後は毎日日照りが続いたので 心配していたんですが まず良かったです : 標準語)
 
   5月23日種まき             今日、ほぼ100%発芽を確認
           
 
 
  6月1日(土) 遠野の方言 : 「かっちゃぐ」「引っ掻く」
 
     おらえのねごス(私の家の猫がね) はすらも襖もも襖も) 爪でガリガリかっちゃいで
    すまってス(引っ掻いてしまって) みんな わがねぐすて(駄目にして) すまんのス(しまうんです)
     あぎれだねごだでば(あきれた猫なんですよ)。 あんまり ごしぇやげだがら(腹が立つので)ハエ
    ただぎで(ハエたたきで) 思いっきり たででやったのす(たたいてやったんです)
     それでも こりねで(こりないで) まだ かっちゃぐっけもや(引っ掻くんですよ)。 
     なじょすたらいがべがな(どうしたらいいんでしょう) おらほのねごス(私の家の猫を)
 
            
 
 
  5月31日(金) ソラマメ いっぺ出ぎだぞー(ソラマメが 沢山出来ましたよー)
 
      「ソラマメ こんたにこしぇで なんたすんだ」ってが?。 豆っことってス 一寸だげ茹でで
           あどハ冷凍すておぐのス。いず年中食(か)れで 便利なんだでば : 遠野の方言
     (「ソラマメを こんなに作って どうすんの」って?。 豆をとってから 一寸だけ茹でで
           あとは冷凍しておくんです。一年中食べられて 便利なんですよ : 標準語)
 
  ソラマメ畑             鈴なりのソラマメ
    
 
 
  5月30日(木) カボチャとスイカも順調に育っています : 花が咲いて実がつくかな?
 
    カボチャ5株サスイガ4株 並べで植えだのス。なんたな訳げだが 去年カボチャハあんまし
       数成んねがったっけが スイガハそごそご採れたっけが こどすハなんたべな? : 遠野の方言
    (カボチャ5株にスイカが4株 並べて植えたんです。どういう訳か 昨年はカボチャはあまり
       数が成らなかったんですが スイカはそこそこ採れましたが 今年はどうでしょう? :標準語)
 
   カボチャの㈱と実(これは受粉していないかな?)      スイカの株とその花
            
 
 
  5月29日(水) 夕方散歩 : 昨日の暑さはどこへ? 今日は肌寒い位の気候です。
 
     しさし振りサ散歩サ行って見だっけ 一寸さぶぐれだっけよ。空も曇ってるすス。
       きんのだばあづくて こんたにゆっくりど散歩なんか出ぎねがったっけもや。
           あづがったりさぶがったり 身体ハぶっ壊れですまってば : 遠野の方言
    (久し振りに散歩に行ってみたんですが 一寸寒い位でしたよ。空も曇ってますし。
       昨日なら暑くて こんなにゆっくりと散歩なんか出来なかったですね。
           暑かったり寒かったり 身体が壊れてしまいますよ    : 標準語)
 
   夕方散歩 : 今日の印旛沼の景色 (今は水鳥も居ない静かな印旛沼です)
       
 
  竹馬で散歩中              散歩道を飾る雑草等
       
 
 
  5月28日(火) 孫たちの畑での楽しみイベント大型ブランコの作成です : 少しずつですが進行。
 
       たがさハ7mくれのたげのブランコだどもス たげハウッカリすっと すぐバリッ!って割れで
          すまっからス 念にハ念入(え)れで補強もすながら こしぇでだどごだでば : 遠野の方言
      (高さが7mくらい高いブランコですが 竹はウッカリすると すぐバリッ!って割れて
          しまうので 念には念を入れて補強もしながら 作っているところなんです : 標準語)
 
      ※ ジャガイモ掘りサ来たどぎに これあれば 飽ぎねで遊べんべ?(飽きないで遊べるでしょう?)
 
  今日はこの蝶つがいに長尺ボルトを入れる穴を空け、細いロープで竹が割れない様に補強しました。
      
 
 
  5月27日(月) まだ5がづだづのサ こんたにあづくて なんたサなったんだべが?  : 遠野の方言
        (まだ5月だって云うのに こんなに暑くて どうなっているんでしょうか? : 標準語)
 
   北海道でハ39度だづす 遠野でも今日ハ31度だどス。この天気ハおがすんでねべが?
    なんぼ考んげだって なながづの天気でねすか? まんつ 熱中症さば気つけんべし  : 遠野の方言
  (北海道では 39度だそうですし 遠野でも今日は31度。この天気はおかしいんじゃないですか?
    いくら考えたって 7月のお天気じゃないですか? 本当に 熱中症には気を付けましょう : 標準語)
 
 
  5月26日(日) 国技館始まって以来の出来事が・・ : トランプ氏が「朝之山」にアメリカ杯授与。
 
     まんつ たまげだでば。トランプ大統領ど安部首相ハ揃い踏みで こぐ技館サ来たんだっけもや。
      ほがの国でハ こんたなしとハいっぺあづまっとごサ 危なくて出張れねべどもス。
         日本みでな 平和な国だがら出ぎるんでねすか? まんつえがったでば : 遠野の方言
    (本当に びっくりしました。トランプ大統領と安倍首相が揃い踏みで国技館に来たんですよね。
      他の国では こんなに人の沢山集まるところに 危なくて出られないでしょうがね。
         日本の様な 平和な国だから出来るんではないですか?本当に良かったです : 標準語)
 
      今日の国技館の大相撲表彰式 (NHKのテレビ番組より)
        
 
 
  5月25日(土) 今日は以前勤務していた会社のOB会 : すっかり酔っぱらってしまいました。
 
    会場ハス 前結婚式場の平安かぐだったどごだども イダリア語の名前ハ付けで ハイカラ
      どごサなってで まんつえがったでば。 おがげさんですっかりいい気分サなってすまってがら
        ず間経づのもわしぇですまって はなすっこサ花っこ咲いですまったっけよ : 遠野の方言
    (会場は 以前結婚式場の平安閣だった所ですが イタリア語の名前を付けて モダン
      所になっていて 本当にyp買ったです。お陰様ですっかりいい気分になってしまって
         時間の経つのも忘れて 話に花が咲いてしまったんですよ       : 標準語)
 
    その会場ですが 話に夢中になり写真はこれだけになってしまいました
        
 
 
  5月24日(金) 生まれで はずめで 南京豆の種っこハ蒔いだぞー! : 遠野の方言
         (生まれて 始めて 落花生の種を蒔きましたよー!  : 標準語)
 
     遠野でハ 南京豆こしぇでる百姓ハ 居ねがったっけもや。 遠野ハさぶくて成んねがらなんだべが?
        花っこ咲ぐど そごがら手っこみでなの下がって来て つずのながサ入(へ)って実っこハ
                付けっけもや。 はずめでだども なんたサなるごったべが? : 遠野の方言
    (遠野では 落花生を作っている農家は 居なかったんです。 遠野は寒くて成らないからなんでしょうか?
        花が咲くと そこから手みたいなのが下がって来て 土の中に入って実を
               付けるんです。 始めてなんですが どうなることでしょうか?  : 標準語)
 
   1月の畝立ての状況         今日の種まき : 穴の周りの白いツブが籾殻です
         
 
 
  5月23日(木) 草刈をしていたらサワガニが出てきました。チップソーに当たらなくて良かったです。
 
   いげの周りサ カニっこ居るのハ分がってだっけが おどどいの雨で はだげのつかぐサ
     出張って来たんだべが? 普通だば 機械の刃で真っ二づだったべが えがったでば  : 遠野の方言
  (池の周りに カニが居るのは分かっていましたが 一昨日の雨で 畑の近くに
     出て来たんでしょうか? 普通なら 機械の刃で真っ二つだったでしょうが 良かったです : 標準語)
 
   畑の周りの草刈りをしていたら サワガニが出てきました。  池の方から来たかも・・   チップソーに当たらなくて幸いでした
     
 
 
  5月22日(水) 種からのクレソンが大きく育っていますよ : 最初は 種があることも知らなかったんですが・・・。
 
    どごがらが苗ハ取り寄せんべっと調べでだっけが 安ス苗より送料の方が馬が高げくて 
       買う気すねくてス ホームセンターで偶然この種っこ見(め)っけだのス。
         最初ハ種っこなんかあるごども知(す)らねがったども 順調サ育ってだでば : 遠野の方言
   (どこからか 苗を取り寄せ様と調べていたんですが 安い苗よりも送料の方が馬鹿高くて
      買う気がしなくて ホームセンターで偶然この種を見つけたんです。
         最初は種なんかあることも知らなかったんですが 順調に育っていますよ  : 標準語)
 
  5月6日に種を蒔き   今日は約2cmまでに成長    背丈が5cmになったら、田んぼや湿地に移植します
       
 
 
  5月21日(火) 饅頭 大好きです・10ヶで130円の珍しい饅頭 : でも大分小さいんです。
 
      色っぺも ふぐすまの薄皮饅頭みでだども まんつ ちっちぇのス。 ほでも 皮ハ厚づども
              あずっこハ どごだが薄皮饅頭サ似だどごあって うんめのス : 遠野の方言
 
     (色具合も 福島の薄皮饅頭みたいですが 本当に 小さいんです。 でも 皮は厚いんですが
              味は どこか薄皮饅頭に似たところがあって 美味しいんです : 標準語)
 
   10ヶ 130円の饅頭 : おやつやつまみに最高です  大きさは普通の饅頭と比べて かなり小さいです
      
 
 
  5月20日(月) 遠野の方言 : 「やぐど」→「わざと」  「やぐだり~する」→「わざと~する」
 
    [使用例]
 
      おめぇ すす食ってだどぎ すげぐ辛がってだっけが あれハやぐどだべ?。
               おれも食ったども そんたに辛れぐながったっけぞ  : 遠野の方言
     (君ね 寿司食べていた時 すごく辛いって云っていたんだが あれはわざとだろう?
               俺もたべたんだが そんなに辛くはなかったんだよな : 標準語)
 
     山サ遊びサ行ったどぎにス やぐだり転んだっけ 皆たまげで「大丈夫が?」ってス : 遠野の方言
    (山に遊びに行った時に わざと転んだら 皆がびっくりして「大丈夫か?」ってね   : 標準語)
 
 
  5月19日(日) 今年のソラマメは豊作? : 一寸早いのですが 試し取りをしてみました。
 
      ソラマメのサヤでっかぐなったがら ながの豆っこハなんたなぐれ でっけぐなったがな?
         ど思ってス 試しサ取ってみだっけ まだ若げくて豆のふぐろごど 食れっけよ : 遠野の方言
     (ソラマメのサヤが大きくなったので 中の豆がどの位 大きくなったかな?
         と思って 試しに取ってみたら まだ若くて豆の袋毎 食べられるんです    : 標準語)
 
 ソラマメ3畝 順調に育っています  サヤに黒い筋が入っていないのは 豆がまだ若い証拠です  茹でた状態
     
 
 
  5月18日(土) ジャガイモなったらば 孫だづ呼んで掘らせっぺがど思ってス : 遠野の方言
         (ジャガイモがなったら 孫達を呼んで掘らせようかと思っています : 標準語)
 
     わらしゃど イモ掘ってでも すぐ飽ぎですまんべがら でっけぇブランコでもこしぇで
         遊ばせっぺがど思って 今日 真だげ7mぐれの4本切ってみだのス。
             たがさハ5~6mもあれば なんぼがスリルあんべがど思ってス : 遠野の方言
    (子供達は イモを掘っていても すぐ飽きてしまうだろうから 大きいブランコでも作って
         遊ばせようかと思って 今日 真竹の7m位のを4本切りだしてみました。
             高さが5~6mもあれば いくらかスリルがあるかなと思って・・  : 標準語)
 
  あと一か月ほどでジャガイモの取入れが・・・   孫達を呼んで 芋掘りプラス巨大ブランコの楽しみを・・
       
 
 
  5月17日(金) 田植えを終わった田んぼが まるで湖の様です : 今日の夕方、ほっこりとする景色が・・。
 
   今日の夕がだス ホッとするよんた不思議な田んぼの景しぎ見れだのス。
     夕日サ照らされだ たんぼサ居るカモの夫婦も見れだのス。まんつ えがったでば : 遠野の方言
  (今日の夕方 ホッとする様な不思議な田んぼの景色を見ることが出来ました。
     夕方に照らされた 田んぼに居るカモの夫婦も見れました。本当に 良かったです : 標準語)
 
  こごス 田植え終わった田んぼなのス(ここは 田植えが終わった田んぼなんです)
  
  ルビー色の夕日を楽しむカモのつがい       ふるさと広場の前に広がる田んぼ
   
 
 
  5月16日(木) ヘビイヂゴ 食ったごどあるすか? : 遠野の方言
      (ヘビイチゴを 食べたことがありますか? : 標準語)
 
      今 はだげの周りだの 田んぼの畔なんかサ ヘビイヂゴハいっぺなってっけもや。
        わらすの頃にス 面しぇがってみんなで食ったごどあったっけども
            あずっこもなんにもすなくて うんめぐながったっけよ : 遠野の方言
     (今 畑の周りや 田んぼの畔などに ヘビイチゴが沢山なっているんです。
        子供の頃に 面白がってみんなで食べたことがあったんですが
            味もなにもしなくて 美味しくなかったんですよ   : 標準語)
 
     今が盛りの「ヘビイチゴ」です        美味しそうですが・・・
           
 
 
 
  5月14日(火) 遠野の方言・がんずぎ : 蒸しパンの「がんずぎ」とボールの「がんずぎ」
 
        黒砂糖の生地で蒸すてこしぇだパンのごどハ「がんずぎ」ってしゃべってだっけども
           スポンズでこしぇだボールのごども「がんずぎ」ってしゃべってだのス。
                 遠野のしとサ聞げば だれでもおべでっと 思うどもな : 遠野の方言
       (黒砂糖の生地で蒸して作ったパンのことを「がんずき」と云っていたんですが
           スポンジで作ったボールのことも「がんずき」と云っていたんです。
                 遠野の人に聞けば誰でも知っていると 思うんですがね : 標準語)
 
  遠野のスーパーで売っている「がんずぎ」  スポンジボールの切り口は蒸しパンの切り口と良く似ています。
            
 
 
  5月13日(月) 城下町ならではの「遠野のお菓子」
 
     遠野ハ 城下まづだったごどもあって(城下町だったこともあって) おがす(お菓子)の名物も
    いろいろあんのス(いろいろあります)
     「明けがらす」 「ぶどう飴」 「甘氷」 だのあってス(などがあって) おらえのかが様ハ(私の
    家内は) とぐにぶどう飴ハ大好ぎで(特にぶどう飴が大好きで) 遠野サ帰(け)ったどぎにハ
    (遠野に帰った時には) ぶどう飴ハドンガリ(ぶどう飴を沢山買ってくんのス(買ってくるんです)
     こっつのうづサ帰(け)って来っと(こちらの家に帰って来ると) 冷蔵庫サ入(え)れで 毎にぢ
    ぺっこずづ出すてハ少しずつ出しては) だいずそうに食ってんのス(大事そうに食べているん
    です)
     そのどぎハ(その時は) いっつも恵比須顔すてでス(していて) 幸せだどス(幸せなんだそう
    です)。  遠野のおがすさば(遠野のお菓子には) 感謝だなっス(感謝ですね)
 
  松田竹林堂のHPより
    明けがらす           ぶどう飴            甘 氷
     
 
 
  5月12日(日) 山のフジが巨大な杉の木を覆い、滝の様です。
 
     たがさハ20mもあんべが? フジハ上の方がら たぎみでに流れおづでるよんたでば。
                   この時期すか見れね 見ごどな景しぎだもな : 遠野の方言
    (高さが20mもあるでしょうか? フジが上の方から 滝みたいに流れ落ちている様です
                   この時期にしか見れない 見事な景色ですね : 標準語)
 
   高さが20mもあるでしょうか? まるでフジの花が流れ落ちる滝を演じている様です。(佐倉市宮本)
          
 
 
  5月11日(土) ニドマメ 今盛がりで いっぺ取れっとごだでば : 遠野の方言
   (キヌサヤエンドウが 今盛りで 沢山取れているところです : 標準語)
 
      なしてキヌサヤエンドウハ ニドマメって云うがかんげでみだっけ 二度も三度も繰りがえすて
              取れから ニドマメって云うんでねがど思うんだども・・・  : 遠野の方言
     (どうして キヌサヤエンドウを ニドマメと云うかを考えてみたら 二度も三度も繰り返して
             取れるので ニドマメと云うんではないかと思うんですが・・・ : 標準語)
 
  ニドマメ(キヌサヤエンドウ)が沢山取れています         そしてスナップエンドウも・・・
       
 
 
  5月10日(金) 夏の野菜・オクラの苗をベランダで育てています。
 
      種っこハはだげサ直接蒔いでも 芽っこ出でがら 虫っこサ食(か)れですまんだが
         さっぱしおっきぐなんねのス。ひでどぎぁ影もかだづも見ねどぎあっけもや : 遠野の方言
     (を畑に直接蒔いでも 芽が出てから 虫に食べられてしまうのか
         一向に大きくならないんです。ひどい時は影も形も見ない時もあるんです : 標準語)
 
     オクラの種をポットに蒔き、ベランダで育てています。畑の畝はもう既に移植準備完了です。
       
 
 
  5月9日(木) バンクシーの絵? : 東側の壁にあった親子の絵の他に 南側の壁にも・・・。
 
    今日ス 買い物サ行ぐのサ こご通ったっけ、「アレッ! もう一ぴぎ増えでんでねぇが?」って
         南側の壁は見だっけ 立派な雄の猿ハ描がされでだっけよ。そんでス 猿以外さも
          みっともねぇ落書ぎあったっけが それハ消されで綺麗サなってだっけよ : 遠野の方言
   (今日 買い物に行くのに ここを通ったら、「アレッ! もう一匹増えているんじゃない?」って
         南側の壁を見たら 立派な雄の猿が描かれていたんですよ。 それで 猿以外にも
          みっともない落書きがあったんですが それは消されて綺麗になっていたんです : 標準語)
 
  印西市双子公園の「バンクシーの絵?」の親子の猿の絵の他、バナナを持ったもう一匹の絵が追加された。
                 
       実はここは公園のトイレなんです
 
  5月8日(水) 運転免許更新講習に行って来ました : 高齢者の事故が多い現在、最新の注意で運転を心掛けようと思います。
 
     おらも大分高齢サなってきたども はだげだの買い物だのって毎日車サの張ってっけが
       そろそろ返納考げねばど思ってっけども 返すた途端サ急に引きこもりど痴ほう症サ
           なってすまんでねべがど 逆にすんぱいサなってる今日この頃だでば : 遠野の方言
    (私も大分高齢になってきましたが 畑や買い物など毎日車に乗って出ていますが
       そろそろ 返納を考えなければと思っていますが 返した途端に引きこもりと痴ほう症に
           なってしまうのではないかと 逆に心配になっている今日この頃です : 標準語)
 
      
      
    高齢者の事故は追突と出合い頭が圧倒的に多いそうです  講習会場の車庫入れ風景
       
 
 
  5月7日(火) 食中毒の季節に入ります : 「ご飯が腐る」 ことを遠野では 「あめる」 と云います。
 
        ご飯 あめですまったでば きんの冷蔵庫サ入(え)れんのわしぇで寝ですまったのス。
          余ったにぐじゃがハ 寝る前サ冷蔵庫サ入れだがら いがったども
                       もってぇねぇどもなげですまったのス : 遠野の方言
      (ご飯が 腐ってしまったよ。昨日冷蔵庫に入れるのを忘れて寝てしまったんです。
          余った肉じゃがは 寝る前に冷蔵庫に入れたから 良かったんですが
                       もったいないけれど捨ててしまいました : 標準語)
 
      ※ 遠野の方言の解説  「あめる」は ご飯限定で 魚等他のものが腐ったものは普通に「腐った」を使います。
                   遠野では 「捨てる」ことを 「なげる」 と云います。
 
 
  5月6日(月) 田んぼにクレソンを栽培しようとクレソン探しに・・・ : 10年位前には沢山自生・でも今は・・。
 
   前こごで エビ捕ってだどぎにハ 岸辺サいっぺクレソンハ生えでいだっけども、半日探すたども
     雑草サ負けで すっかり無(ね)ぐなってだっけよ。すかだねがら ホームセンターじゅう探すて
                            種っこ見っけで買って来たのス : 遠野の方言
  (以前ここで エビを捕っていた時に 岸辺に沢山クレソンが自生していましたが 半日探しましたが
     雑草に負けて すっかり無くなっていました。仕方がないので ホームセンターじゅうを探して
                            種を見つけて買って来ました : 標準語)
 
  二つの沼を繋ぐ人口の水路  両脇の山からは湧水がでており以前はクレソンが自生していました  側道
    
 
  側道にはナウマン象発掘の印が・・・ そして綺麗な藤の花が満開  結局ホームセンターで種を見つけ購入
    
 
 
  5月5日(祝) 遠野の方言 : 「ビッキ」 → 「カエル」
 
   はだげすごどやってで こえぐなったがら 「ゴザ」サよごサなんべどすたっけ
     ちっちぇ先客居だのス。「まんつ ゆっくりすてってがんせ」って云ってやったのス : 遠野の方言
  (畑仕事をやっていて 疲れたので 「ゴザ」に横になろうとしたら
     小さい先客が居たんです。「まぁまぁ ゆっくりしてってください」って云って上げました : 標準語)
 
  ソラマメが10cm位になりました。その葉っぱに・・・    私の休憩場所のゴザにもお客さんが・・・
        
 
 
  5月4日(土) 遠野の方言 : 「でぃやご」 と 「たまな」 →  (「大根」 と 「キャベツ」)
 
    でぃやご(大根)ハ味噌するだの煮物だの 色々な食いがだ(食べ方)で 食ってだども(食べていま
   したが) わらすの頃(子供の頃) ブリでぃやごハ食ったごど 無(ね)がったっけな(無かったんですよ)
    だいたいブリっつのハ 遠野さば売ってねがったのス(遠野では売っていなかったんです)
    あぎの終わりサなっとス(秋の終り頃になると) 干しでぃやごハ「がらー」っと並べでぶら下げで おごご
   (漬物・沢庵)こしぇる(作る)準備ハ すたんだどもな(したんですが) これハ 今もむがす(昔)もおんな
   ずなんだどもす(同じなんですよね)
    たまなハやっぱり味噌するぐれなもんで(キャベツはやっぱり味噌汁位なもので) 今みでに(今みたい
   に) ロールキャベツだの温野菜だのってのハ(などというのは)無(ね)がったんだもな(無かったんです
   よ)。
    今のずだいハ(今の時代は) なんでも食いがだ(食べ方を) いろいろかんげで(考えて) うめぐかれ
   る様になったでばな(美味しく食べられる様になりましたよ)
 
      でぃやご(大根)            たまな(キャベツ)
            
 
 
  5月3日(祝) 5がづサなったど思ったっけ しざしハ急に強えぐなったもな : 遠野の方言
        (5月になったと思ったら 陽射しが急に強くなりましたね   : 標準語)
 
     沼の周り散歩すたっけが 太陽ハギラギラど照ってス まんつ まぶすぐれだもな。
          もうぺっこすっと 今度ハ雨ばり降って あっと云う間サなづだもな : 遠野の方言
    (沼の周りを散歩したんですが 太陽がギラギラと照って 本当に 眩しいくらいなんです。
          もう少し経つと 今度は雨ばかり降って あっと云う間に夏ですよ : 標準語)
 
   陽射しが強い印旛沼周辺
     
 
 
 5月2日(木) 連休真っただ中、家族連れがキャンプ場で楽しんでいました : 印旛沼サンセットヒルズ。
 
    車ごどキャンプ場サ入(へ)って テントハ張って あそびながらバーベキューでうんめもの食ってス
        家ぐでバトミントンだの球あそびやったりすて 皆 おもしぇそうだったでば : 遠野の方言
   (車毎キャンプ場に入って テントを張って 遊びながらバーベキューで美味しいものを食べて
        家族でバトミントンや球技の遊びをしたりして 皆 楽しそうでしたよ    : 標準語)
 
  佐倉市印旛沼サンセットヒルズ ・ キャンプ場          もうすぐサンセット 素晴らしい景色
     
 
 
  5月1日(水) はづの戸がら遠野サ来た殿様ハ おなごの殿様だったずよ : 遠野の方言
        (八戸から遠野へ来た殿様ハ 女性の殿様だったそうです : 標準語)
 
   この殿様ハ はしたで無(ね)がったずよ。「仕事のはなすにハおなごハ口出すな。うづのながの
      はなすにハ おどごハかがぁサぐやめぐな」って 「浮気の責任ハ おなごサある」だのス。
         追い剥ぎだの不良浪人ハ退治すたり、それで 遠野ハえぐなったそんたでば : 遠野の方言
  (この殿様は 半端じゃ無かったそうです。「仕事の話には女は口を出すな。家の中の
      話には 男は女房に文句を言うな」って 「浮気の責任は 女にある」等。
         追い剥ぎや不良浪人を退治したり、それで 遠野は良くなったそうなんです。)
 
  南部氏遠野入部行列 (遠野のイベント)  女性の殿様→清心尼公
       
 
 
  4月30日(火) 晴れた日の畑で パラソルの下のゴザに寝転んで 空を見ると幸せがいっぱいです。
 
    はだげもようやぐはだげらすぐなってきて ニドマメだのスナップエンドウも成ってきたス
       こえぐなった身体は ゴザの上サ「ゴロッ!」とさせで 空っこ見上げっとなんともいい気持ぢだじゃ
                                  : 遠野の方言
   (畑もようやく畑らしくなってきて サヤエンドウやスナップエンドウも成ってきて
       疲れた身体を ゴザの上に「ゴロッ!」寝転んで 空を見上げるとなんとも良い気持ちなんですよ
 
  色々な野菜が大きくなってきた畑      ゴザに寝転んで空を眺めると・・・   (一昨日の写真です)
    
 
 
  4月29日(祝) 田植えの準備の「しろかき」が始まりました : 古代米の田んぼ3枚です。
 
  「しめ縄用・古代米」 「古代米・黒米」 「古代米・アクネモチ」 の田んぼハ3枚繋がってで そごの
       しろかぎス。 このあど4~5にぢ つぢハおぢづがせでがら 田植えすっとス : 遠野の方言
 (「しめ縄用・古代米」 「古代米・黒米」 「古代米・アクネモチ」 の田んぼが3枚繋がっていて そこの
      しろかきです。 この後4~5日 土を落ち着かせてから 田植えをするそうです : 標準語)
 
  「古代米・黒米」の田んぼのしろかき中です。ここの藁を戴き、私の畑に使わせていただいています。
    
 
 
  4月28日(日) タケノコ戴きました : 早速 孫たちも大好きなメンマを作って・・・。
 
    今ハ 孟宗だげのタゲノゴだどもス 真だげよりアグ強えがら ヌガ入(え)れで湯掻いで
       醤油あずの甘辛煮もあっとも 先ずハ 孫だづも好ぎなメンマハこしぇでみだのス : 遠野の方言
   (今は 孟宗竹のタケノコですが 真竹よりはアグが強いので ヌカを入れて湯掻いて
       醤油味の甘辛煮もありますが 先ずは 孫たちも好きなメンマを作ってみました : 標準語)
 
  戴いたタケノコ          ヌカを入れて湯掻きます     まずはメンマの完成
    
 
 
  4月27日(土) 10連休の間ハ カヌーの合しゅぐだべが? : 遠野の方言
 
  千葉国体のカヌーの会場会場だったどこハ傍サあっとも 今日雨のなが 選手だづハ一生懸命オールハ
    漕いでだっけよ。海外サ遊びサ行ぐひたづ多いなが こうやって頑張ってる若げひたづも居んだもな
                                          : 遠野の方言
  (千葉国体のカヌーの会場だった所が傍にあるんですが 今日雨の中 選手達が一生懸命オールを
    漕いでいましたよ。海外に遊びに行く人達が多い中 こうやって頑張って居る若者達も居るんですね
                                      : 標準語)
 
   カヌー競技練習の風景
   
 
 
  4月26日(金) ボランティアしょうばんえがったでば。「まだ来てや!」ってス : 遠野の方言
          (ボランティア評判が良かったですよ。「また来てね!」って・・・ : 標準語)
 
   今日ハ ディサービスのとしょりだったども 皆 喜ごんでけで うだっこのどぎにハ 手っこ叩ででけで
     踊りっこのどぎにハ 目っこ皿サすて見でけで 歓声あげでけで やりがいあったでば : 遠野の方言
  (今日は ディサービスのお年寄りでしたが 皆 喜んでくれて 唄の時には 手を叩いてくれて
     踊りの時には 目を皿にして見てくれて 歓声をあげてくれて やりがいがありました : 標準語)
 
  老人施設ボランティアの演芸の景色
     
 
 
  4月25日(木) 明日の老人施設のボランティアの準備中です : 私は二曲踊る予定です。
 
     皆 70~80歳ぐれのとしょりだづだがらス そのとすサ合った曲使うど喜ごばれんのス。
          うだっこど踊りで50分ぐれのバラェティーだども 頑張んねばス  : 遠野の方言
    (皆 70~80歳位のお年寄りの方達ですので そのお年に合った曲を使うと喜ばれるんです。
          と踊りで50分位のバラェティーなんですが 頑張らなければ・・・ : 標準語)
 
  明日使用のカツラ
    股旅(「男の花吹雪」に使用) いなせ(「矢切の渡し」に使用)   古いレコード盤のコピーを使用
          
 
 
  4月24日(水) つづっこハカラカラだったども 今晩ようやぐ雨だずがら 苗買って植えだでば : 遠野の方言
         土がカラカラでしたが 今晩ようやく雨ということで 苗を買ってきて植えました : 標準語)
 
   ずーっと雨っこ降んのハ 待ってだのス。今日ハ カボチャどキュウリどナス植えだでば
     雨っこ降って貰っと 毎にぢの水やりの手間いらねがらス はだげも遠いがら助かるじゃ : 遠野の方言
   (ずーっと雨が降るのを 待っていたんです。今日は カボチャと キュウリとナスを植えました
     雨が降ってくれると 毎日の水やりの手間が省けるし 畑も遠いので助かるんです   : 標準語)
 
  カボチャは害虫除けの布でカバー    キュウリ                 ナス
          
 
 
  4月23日(火) 「レンゲ」の花っこって こんたに うづぐすがったっけ? : 遠野の方言
          (「レンゲ」のって こんなに 綺麗でしたかね?   : 標準語)
 
     遠野の田んぼさも 「レンゲ」の花っこハ植えでだごどあったっけども 何して田んぼサ
       「レンゲ」の花っこ植えるがっつうど 稲の肥すサなるって聞いだごどあるでば : 遠野の方言
    (遠野の田んぼにも 「レンゲ」の花を植えていたことがあったんですが どうして田んぼに
      「レンゲ」の花をを植えるかというと 稲の肥料になるって聞いたことがあるんです : 標準語)
 
   一面の「レンゲ」のお花畑 (千葉県佐倉市 ふるさと広場・この後田んぼになります)
    
 
      
 
 
  4月22日(月) 農家さんの庭の枝垂れ桜 ・ そしてハウスでは「稲の苗」育苗中
 
  ふぐすまの三春の枝垂れさぐらハ有名だども 若げがもしぇんねども 枝垂れ桜ハどごのも
   うづぐすでばなー! すぐ傍のハウスでハス 稲の苗ハ育ででる最中ス。
     むがすのひたづぁ 農作業の合間サ うづぐすもの見でこごろハ 和ませでだんだべな : 遠野の方言
  (福島の三春の枝垂れ桜ハ有名ですが 若い木かもしれませんが 枝垂れ桜ハどものものも
   綺麗ですよねー! すぐ傍のハウスではね 稲の苗を育てている最中です。
     昔の人達は 農作業の合間に 綺麗なものを見て 心を和ませていたんでしょうね   : 標準語)
 
  農家さんの庭の枝垂れ桜     その花びら        ハウスの中では「古代米の苗」の育苗中です
    
 
 
   4月21日(日) ウグイスだのキジの鳴ぎ声聞ぎながら はだげすごどハ気持づいよ   : 遠野の方言
       (ウグイスやキジなどの鳴き声を聞きながらの 畑仕事は気持ちが良いですよ : 標準語) 
 
      「♪ホーホケキョ ケキョケキョケキョ」ハ ウグイスだべども キジハなんて鳴ぐがおべでるすか?
        雄が雌呼ぶ鳴ぎ声だどもス 「キェーン! キェーン!」って 2回ずづ鳴ぐっけよ。
          ほでも すがだハながなが現わさねんだでば。
                下の写真ハはだげの傍で 前に撮ったもんだでば : 遠野の方言 
     (「ホーホケキョ ケキョケキョケキョ」は ウグイスですが キジはどう鳴くか知っていますか?
        雄が雌を呼ぶ鳴き声ですが 「キェーン! キェーン!」と 2回ずつ鳴くんです。
          それでも 姿をなかなか現さないんです。
                下の写真は畑の傍で 以前に撮ったものです   : 標準語)
 
    畑の奥の竹林から「キェーン! キェーン!」の鳴き声が・・・  一昨年5m前で撮影
         
 
 
  4月20日(土) トマトハウス完成 : 8本の苗を植えてみました。
 
    こどすごそ トマトの良(い)いやづ こしぇんべっと頑張って このハウスつぐったのス。
       トマトサ雨っこハ直接当だんねべス 強えぇ風っこも防げっから 期待大だべサ : 遠野の方言
   (今年こそ トマトの良いものを 作ろうと頑張って このハウスを完成させました。
       トマトに雨が直接当たらないだろうし 強い風も防げるので 期待は大きいです : 標準語)
 
 3月21日時点 骨組み完成     完成したトマトハウス      トマトの苗を植えてみました 
    
 
 
  4月19日(金) 今日は以前勤務していた会社のOB会
                    : 時代も変わるし会社も変わる。ましてやOB会メンバーも・・・。
 
     いやー! すんだしとの黙とうがらはずまってがら 飲み食いすながら話すっこすたども 皆
        いいとすサなってっけがら 身体のどごがサ悪るどごあってス 健康第いづだなって
                           つぐづぐ感ずだOB会だったでば : 遠野の方言
    (いやー! 亡くなった方の黙とうから始まって 飲み食いしながら話をしたんですが 皆
        いいお年になっていますので 身体のどこかに悪いところがあって 健康第一だなって
                           つくづく感じたOB会だったんです : 標準語)
 
  珍しい名前の最寄り駅で勤務  会社の敷地も他社へ賃貸?売却? 集合場所だけは昔のままで安心
     
 
 
  4月18日(木) 今の市民会館の場所に 昔遠野小学校がありました 
                             : そのすぐ傍には来内川(らいないがわ)が・・。
 
   掃除の時間の思い出
 
     今の市民ホールのどごサ(所に) 遠野小学校の川岸校舎って云ってだ(云っていた) 二階建での
    校舎ハあったんだでば(あったんです)
     上級生の入(へ)ってる校舎で 勉強終わっと皆で掃除すんのス(掃除をするんです)。  
     雑ぎんで教すづのゆがだの廊がだのハ(雑巾で教室の床や廊下などを) 皆で並んで拭ぐっけもや
    (拭くんです)
     そのあどハ 道路挟んだ来内川サ 木の階段ハ降りで(木の階段を降りて) 川の水っこで雑ぎん
    だのバケツハ洗うのス(川の水で雑巾やバケツを洗うんです)
     川の水っこハ しゃっけくても(冷たくても)気持づえがっけよ(気持ちがいいんですよ)
     それより ちょっとぎまでも(一寸の時間でも) 川サ入(へ)って遊ぶのハ おもしぇくて(楽しくて)
    掃ずのず間ハ(掃除の時間は) 楽すみだったのス(楽しみだったんです)。
 
  来内川(らいないがわ)の景色 ・ 左が市民ホール(昔の遠野小学校・川岸校舎)   その向かい側・現在の景色
        
     この左の川岸に急な階段があり、その階段を下りて掃除用具等を洗っていました。
 
 
  4月17日(水) 今年の畑の雑草対策は 贅沢に藁を畝間に敷きます : 夏の草取りはこれで70%?は軽減。
 
  今の稲がりハ みなコンバインでやっから藁ハ出ぎねども、古代米だげハおだがけだがら 
    藁ハ出ぎんのス。 この藁いっぺ貰ったがらス 畝っこの間サ敷いで 草っこ生えねようにすたのス。
       藁ハなんぼでもあっから 足んねばなんぼでも持ってくるずがら 贅たぐさせで貰ってんのス
                                           : 遠野の方言
  (今の稲刈りは みんなコンバインでやるので藁が出来ないんですが、古代米だけは天日干しなので 
    藁ができるんです。この藁を沢山戴いたので 畝の間に敷いて 草を生えないようにするんです。
       藁はいくらでもあるので 足りなければいくらでも持ってくるとのこと 贅沢させて頂いています。
                                           : 標準語)
 
  昨年秋の古代米のおだがけ → この藁を畝間に敷き防草(草が生えるのを防ぐ) サヤインゲンの間にも・・・
    
                ソラマメの畝間やキュウリの手の間にも・・・ ツルものの間の草取りは苦労していました
 
 
  4月16日(火) 水槽のメダカ、今年は湧水の池で孵化させて見よう : 湧水地、穴を掘るとすぐ池に・・・。
 
     もどもどハ 10年以上前サ 孫のうづがら貰ったもんだども 引っ越すのどぎに居なぐすてすまった
        よんたっけども まだ 飼って見でずがら はだげのいげで増やすてがら やっぺど思ってス
            今日 もう一っつ 穴っこ掘って 孵化用のいげっここしぇできたのス : 遠野の方言
    (元々は 10年以上前に 孫の家から貰ったものなんですが 引っ越しの時に 居なくなってしまった
        様ですが また 飼って見たいと云うので 畑の池で増やしてから あげようと思って
            今日 もう一つの穴を掘って 孵化用の池を作ってきました      : 標準語)
 
  ベランダの水槽のメダカ  左の池(直径約80cm)メダカ増殖中、右(小)は孵化用新池  周りはセリ繁茂
      
 
 
  4月15日(月) 「成田太鼓祭り」を見てきました : 4月13~14日開催(全国から67チームの太鼓連参加)
 
   太ごパレード おもしぇがったでば。全こぐでも有名な高校の太ごチームもいっぺ来てで
      いやぁ! 若げひたづぁ元気あって おもしぇそうで でっけぇつから貰った様な気すたでば
                                         : 遠野の方言  
   (太鼓パレード 楽しかったです。全国でも有名な高校のチームも沢山来ていて・・・
      いやぁ! 若い人達は元気があって 楽しそうで 大きい力を戴いた様な気がしました
                                         : 標準語)
 
   幕開けはこのポスターの「千願華太鼓」 (約800人による地響きがするような太鼓ショー・感激しますよ)
   
 昨日は29チームによる「太鼓パレード」を見てきました(約1時間の太鼓パレードは見ているだけで楽しかったです)
   
     
 
     
 
   
 
 
  4月14日(日) ほっこりする農作業の風景 : 「ハナモモ」を背景に・・・。
 
    きんののヤマザグラのすぐ傍のはだげにス ハナモモの木ハ生えでで それが まんつ
       うづぐすのス。その前で菜っ葉の採り入れだべが 百姓ハしとり すごどすてだっけでば。
           はだげの真ながサ 木っこ植えっと 周りハ日陰サなってすまっから 本当ハ こんたな
              どごサ 木っこ植えねんだども なんと 情緒のあるひたづだべな : 遠野の方言
   (昨日のヤマザクラのすぐ傍の畑に ハナモモの木が植わっていて それが 本当に
       綺麗なんです。 その前で菜っ葉の採り入れでしょうか 農家さんが一人 仕事をしていました。
           畑の真ん中に 木を植えると 周りが日陰になってしまうので 本当は こんな
              ところに 木は植えないんですが なんと 情緒のある人達でしょうか : 標準語)
 
  ハナモモをバックに農作業
   
 
 
  4月13日(土) こどすも でっけぇヤマザグラサ合って来たよ : 遠野の方言
        (今年も 大きなヤマザクラに合って来ましたよ : 標準語)
 
      咲ぐのハ ソメイヨシノよっか なんぼが遅せくて 見頃ハ3~4日ばりで あっという間サ
        花っこ散って 終わってすまっからス 油断すてっと見れなぐなってすまっけよ : 遠野の方言
     (咲くのは ソメイヨシノよりは いくらか遅くて 見頃が3~4日しか無く あっという間に
        花が散って 終わってしまうので 油断していると見れなくなってしまうんです : 標準語)
 
  吉高の「大ヤマザクラ」  高さ 11.7m  枝張り幅 24.5m  根周り 6.7m (千葉県印西市)
  
   根周り6.7m  どっしりしています  オオザクラを目指す30分   その脇の畑には・・・    
         
 
 
  4月12日(金) 遠野にもそろそろ桜の時期がやってきます : 遠野の桜の名所を確認しておきましょう。
 
     さぎおどどいの日記帳さば 鍋倉の花見のごどハ書いだども そのほがにもうづぐすさぐらの名所ハ
       あんのス。釜石線の汽車の窓がらめぇる綾織りのさぐら並ぎだの 福泉寺のソメイヨシノだのス
         都会のさぐらどつがって 周り中山で 盆地サ咲くさぐらも いいもんだすよ : 遠野の方言
    (一昨昨日の日記帳には 鍋倉山の花見の事を書いたんですが その他にも綺麗な桜の名所が
       あるんです。釜石線の汽車の窓から見える綾織りの桜並木や 福泉寺のソメイヨシノなど
         都会の桜と違って 周り中山で 盆地に咲く桜も いいものですよ     : 標準語)
 
   遠野市の観光協会のパンフレットより
   
 
   
 
  4月11日(木) エシャレット(若採りラッキョウ)を収穫しましたよ : お酒のつまみに最高です。
 
    遠野でハゆぎっこ多くてこしぇられねども 千葉でハ普通にこしぇられんのス。
       去年の9がづサ植えでがら 冬越すて ようやぐ食れる様になったのス。
         漬けるラッキョウの大きさサなんのハ 6がづ頃だども順調におがってだよ : 遠野の方言
   (遠野では雪が多くて作れないんですが 千葉では普通に作れるんです。
       昨年の9月に植えてから 冬を越して ようやく 食べられる様になりました。
         漬けるラッキョウの大きさになるのは 6月頃ですが順調に育っています  : 標準語)
 
     ※ エシャレットとエシェロットの違い → エシャレットは若採リラッキョウ、エシャロットは小型タマネギの種類だそうです。
 
  雪の時期(2月12の状況)も乗り越え 今日初めての収穫(エシャレット)   味噌を付けて酒のつまみに・・・
         
 
 
  4月10日(水) 国立歴史民俗博物館 [日本の民族を訪ねる会」参加 : 今月から「遠野物語」がテーマ。]
 
    最初ハ7人がら はずまったずども(始まったそうですが) 今日ハ20人ぐれあづまったのス(集まっ
   たんです)
    まずめなしとハ(真面目な人が)多いみでだども(多いみたいですが) 幹ずさんのしとがらど(幹事さ
   んの人柄と) 采配ぶりハ てぇすたもんだっけよ(たいしたものなんですよ)。んだがら(ですから) お
   らも(私も) 安すんすてかでで貰ったのス(安心して参加させて頂いたんです)
    おらも(私も) はずめでのごどだども(初めてのことなんですが) 遠野の生まれだがら 「何がしゃべ
   れ(何か発表してくれ)」ずがら(と云うので) 遠野の方言のごど しゃべったのス(発表したんです)
    遠野の方言ハ 始めて聞ぐしとばりで(始めて聞く人ばかりで) 皆 おもしぇぐ楽しく 聞いでけだ
   っけよ(聞いてくれたんです)
    あんまし(あんまり) ず間ハ無(ね)くて(時間が無くて) 急いでしゃべったがら(急いで話たので)
   聞ぎずれがったがもしぇんねでば(聞きにくかったかもしれませんね)
 
    国立歴史民俗博物館全景                3月から入会
           
 
 
  4月9日(火) 遠野のお花見の思い出 : お城山(鍋倉山)の頂上での親子のお花見でした。
 
     遠野サ帰(け)ったどぎに 親ずどおふぐろど3人で お城山のてっぺんで花見すたっけよ。
       さぐらも満開だべし 天気もえがったべし、 さげっこ飲んでだっけ さぐらの花びらハいっぺ
          風サ揺られながら落ぢできて その一っつハさがずぎサ 入(へ)って浮がんだもんだ。
                  そのさげっこのうんめごどス。わしぇられね思い出だでば : 遠野の方言
    (遠野に帰郷した時 父親と母親と3人で お城山(鍋倉山)の頂上でお花見をしたんです。
      桜も満開ですし 天気も良かったですし、 お酒をのんでいたら 桜の花びらが沢山
         風に揺られながら落ちてきて その一枚が盃に 入って浮かんだんですよ。
                  そのお酒の美味しかった事。忘れられない思い出です  : 標準語)
 
   今朝の「小林牧場」 [大井競馬場の競馬馬の保養育成場所]  (印西市 AM7:00撮影)
    
 
  正門通りの桜並木         その奥にある枝垂れ桜        朝日に輝く枝垂れ桜の花びら
    
 
 
  4月8日(月) 「兵どもが夢の跡」 丁度540年前の戦いで、この小さい城で53人が討死。
 
       ※ この地域の城、師戸城、岩戸城、本佐倉城、志津城等の中心の城だった臼井城(千葉県佐倉市)。
       幼少の城主「若竹丸」の殺害計画を察知した伯母が、岩戸城に助けを求め、若竹丸は鎌倉に逃げ延びたが、それが分かり
       岩戸城は全滅となった。逃げ延びた若竹丸は九州で力の強い武将となり、臼井城に戻り城主となったそうである
 
      むがすハ お城の殿様だったって うかうかすてられねがったんだべな。 どごサ我の命
           狙ってるやづ居っかもしぇんねぇス こんたなちっちぇお城でも 可哀想な出ぎごどハ
               いっぺ 起ぎでだんだな ど思ってス     : 遠野の方言
     (昔は お城のお殿様でも うかうかして居られなかったのでしょうね。何処に自分の命を
           狙っている奴が居るかもしれないし こんな小さなお城でも 可哀想な出来事が
              沢山 起きていたんだな と思って・・・     : 標準語)
 
  千葉県佐倉市の臼井城址 高台の広場には沢山の桜があります  巨人軍長嶋名誉会長の家の近くです
     
 
 
  4月7日(日) 山桜もソメイヨシノに負けていませんよ : 私の畑の近くの山桜です。
 
     今の時期ス はだげサ行ぐたんびに こんたなうづぐすさぐらハ 目サ入(へ)っけもな。
       こどすハ いままでで最高の咲ぎあんべでねべがな? はだげサ行ぐのハ楽すみだでば
                                         : 遠野の方言
    (今の時期 畑に行く度に こんなに美しい桜が 目に入るんです。。
       今年は 今迄で最高の咲き具合ではないでしょうか? 畑に行くのが楽しみなんです
                                         : 標準語)
 
    里山の山桜の景色   (千葉県佐倉市宮本地区の山桜)
    
 
     田んぼの周り中山桜です           左はラッキョウ、右はニンニクの合間からの山桜
      
 
 
  4月6日(土) 宗吾霊堂の桜 : 人っ子一人居ない境内、寂しい位ですが ゆっくりと参拝。
 
       昼間 お参りサ行ったっけが 人ハ誰も居ねくて まんつすずがで ゆっくりすたども
           「せっかぐ咲いでるさぐらハ もってぇねぇごったな」ど 思ったっけよ : 遠野の方言
      (昼に お参りに行ったんですが 人が誰も居なくて 本当に静かで ゆっくりしましたが
           「せっかく咲いている桜が もったいないなあ」と 思ったんです   : 標準語)
 
  入ってすぐの仁王門        宗吾霊堂 本堂         鐘 楼 と 桜
   
 
 
  4月5日(金) 額の中に納まったかの様な夜桜 : ガラス越しの桜です(国立歴史民俗博物館エントランス)
 
   まいとす行ぐべがど思ってだっけが ながなが行げねくてス こどすはずめで見サ行ったのス。
     がぐぶづサ入(へ)ってんでねべが?ど思うぐれ あずっこあってうづぐすがったっけもや 
                                       : 遠野の方言
  (毎年行こうと思っていたんですが なかなか行けなくて 今年始めて見に行ったんです。
     額縁に入っているのでは?と思う位 味があって綺麗だったんですよ         
                                       : 標準語)
 
  国立歴史民俗博物館のエントランスからの観桜会 (額の中に納まったかの様な夜桜です)
  
    下は外から撮影
 
 
 
  4月4日(木) 桜シリーズも 東京からいよいよ千葉県へ : 雑踏の無いゆったりとした花見ができます。
 
   みんな わらすんど連れだ家ぞぐ連れハ でっけぇぇシートは広げでがら その傍で球遊びすたりすて
    おどなど さげっこ飲みながら眺めでだりス 幸せ絵っこサ描いだみでな景しぎだっけよ : 遠野の方言
  (みんな 子供達を連れた家族連れが 大きいシートを広げて その傍で球遊びをしたりして
    大人達は 酒を飲みながら眺めていたり 幸せを絵に描いたような景色なんですよ    : 標準語)
 
  ここは ゆったりと花見ができます (千葉県佐倉市城址公園)
    
 
  宴会も他のグループに気兼ね無く・・                猿回しも桜の木の下で・・
     
 
 
  4月3日(水) おらほのはだげの周りの山さぐらも 満開だでば : 遠野の方言
         (私の畑の周りの山桜も 満開です      : 標準語)
 
      はだげ見下ろす道路がらハ 山ざぐらも 優すぐ見下ろすて けでる みでで
           はだげすごど やってても  なんだが気分ハ良(え)ぐ思っけよ : 遠野の方言
     (畑を見下ろす道路からは 山桜も 優しく見下ろして くれているみたいで
           畑仕事を やっていても なんだか気分が良く思えるんです   : 標準語)
 
         ※ 遠野の方言の解説  「けでる みでで」 は 「くれている みたいで」 を云います。
 
  畑を見下ろす山桜           トマトハウスも完成目指して着々と・・・  田んぼの上の山桜
     
 
 
  4月2日(火) 早起きは三文の得 : AM8時までに会場入りすると警備員不在で「駐車場無料」となります。
                   (「佐倉チューリップフェスタ」開催 ・ 3月30日~4月21日)
 
       朝間起ぎだっけ いい天気だがらス 急いでチューリップハ見できたのす。
         風車の前あだりのハ さぐらの小学校の生徒だづハ植えだもので
                         みんなうづぐすぐ 咲いでだっけよ : 遠野の方言
     (朝起きたら いい天気でしたので 急いでチューリップを見てきたんです。
         風車の前のあたりのは 佐倉の小学校の生徒達が植えたもので
                         みんな綺麗に 咲いていました : 標準語)
 
    広大な土地に100種類のチューリップが咲き乱れます(チューリップの掘り取り販売も・・・)
    
   風車の周りを飾るチューリップ   市内小学生が植えた印が・・・ 色とりどりのチューリップ
    
 
 
  4月1日(月) 新元号が「令和」と決まりましたが、浅草ではYOU女子着物のファッションショーです。
 
  浅草サ行くどス 着物着たYOU女子の多いごどス。色とりどりで まんつ 華やがだっけでば。
   ほでス 美人のしともいっぺ居でス 今日ハ 浅草サ来て幸せだったなーって思っったっけよ : 遠野の方言
  (浅草に行くと 着物を着たYOU女子が多いこと。色とりどりで 本当に 華やかなんです。
     それでね 美人の方も沢山居て 今日は 浅草に来て幸せだったなーって思いました : 標準語)
 
  しばし YOU女子の着物ファッションショーをご覧ください
    
 
    
 
    
 
 
  3月31日(日) 上野の山は人だらけ : よそ見をしていると すぐ外国人にぶつかってしまいます。
 
   人出ハやっぱりうえのだべ! キョロキョロすて歩いでっと すぐ でっけぇ外人さんサ ドスンス。
     まだス 宴会の周りサ 外人さんハ カメラ持ってあづまってス 写真パチッパチッて撮ってっけよ
      外国でハ 公園でさげっこなんか飲んでっと すぐ警察サおしぇられですまっつもな : 遠野の方言
  (人出はやっぱり上野でしょう! キョロキョロして歩いていると すぐ 大きい外国人に ドスンですよ。
     また 宴会の周りに 外国人が カメラを持って集まって 写真をパチッパチッて撮っているんです
      外国では 公園で酒なんか飲んでいると すぐ警察に捕まってしまうそうですね  : 標準語)
 
   上野公園桜まつり さくら通りのにぎわい
   
 
  これって流し? 違法ですよね   清水堂の下も人でいっぱいです  半分以上が外国人?
   
 
 
  3月30日(土) 桜と川って合いますよね : そして船上からの花見は 一度経験してみたいです。
 
   川の風っこ受げながらス 船っこサ乗はって花見なんてのハ 「いぎ」でねすか?
      夜にハ 照明だのぼんぼりで 夜ざぐらも見られるずス それもいがんべがなど思ってス
                                        : 遠野の方言
  (川面の風を受けながら 船に乗っての花見なんて言うのは 「粋」じゃないですか?
      夜には ライトアップやぼんぼりで 夜桜も見られると云うし それもいいんじゃないかなと思って・・・
                                        : 標準語)
 
   日本橋「おおよこがわ」の「大江戸 深川さくらまつり」風景です (最寄り駅 地下鉄 門前仲町 徒歩3分)
  
 
   船の上からお花見って粋ですね  くろがね橋の桜祭り横断幕    その川岸の遊歩道
   
 
 
  3月29日(金) 靖国神社のさぐらも満開でス まんつ 大勢のひたづぁお参りサ来てだよ : 遠野の方言
         (靖国神社の桜も満開で 本当に 多くの人達がお参りに来ていました  : 標準語)
 
   靖国神社の鳥居ハ むがすど変わんねで堂々どすてでス 本殿の前サ立づど 自然と背筋ハ
      ピン!となるっけよ。外人さんもいっぺ居でス 見よう見まねでお参りすてだっけよ : 遠野の方言
  (靖国神社の鳥居は 昔と変わらず堂々としていて 本殿の前に立つと 自然に背筋が
      ピン!となるんですよ。外人さんも沢山居て 見よう見まねでお参りをしていました : 標準語)
 
   桜開花の標本木(右の桜)前の「能楽堂」での「奉納コンサート」開催中
      
 
 堂々とした靖国神社の鳥居    職務の合間の巫女さん     靖国神社本殿前の外国人
    
 
 
  3月28日(木) 今年も 「千鳥ヶ淵」 の桜を見る事ができましたよー! : 幸せな瞬間です。
 
     さぐら見んだば「千鳥ヶ淵」って おらのながでハ 決まってッからス
        東きょのさぐらハ満開だづがら イのイず番サ 吹っ飛んでって見できたでば : 遠野の方言
    (桜を見るなら「千鳥ヶ淵」って 私の中では 決まっていますので
        東京の桜が満開だと云うので イの一番で 吹っ飛んで行って見て来ました : 標準語)
 
  今日の「千鳥ヶ淵」の満開の桜  絶景です!  (AM10時40分撮影)
   
     ボートでは桜に更に近く・・・              お濠の周りはどこも桜・桜で綺麗です
       
 
 
  3月27日(水) キュウリ植え付け準備・ツルの手完成 : 帰り道に綺麗なスミレに思わずカメラを・・・。
 
    今日ハ 2時間ぐれ掛がって キュウリのツルの手っここしぇできたのス。
      これで手間の掛がるトマトどキュウリの植え付け準備ハ終わったがら はだげハなんぼがゆっくり
        すんべがど思ってス。東きょのさぐらも満開だづがら 見サ行って来んべがな  : 遠野の方言
   (今日は 2時間位掛かって キュウリのツルのを作ってきました。
      これで手間の掛かるトマトとキュウリの植え付け準備がおわったので 畑はいくらかゆっくり
        しようかと思っています。東京の桜も満開だそうですから 見に行って来ようかな : 標準語)
 
  キュウリの手完成(高さ2m×長さ6m)         帰り道にこんなに鮮やかな紫のスミレが咲いていました。
      
 
 
  3月26日(火) 今日も買ってきました : 岩手県湯田町の「湯田ヨーグルト」 体調を整え維持に役立つ?
 
     岩手でこしぇだヨーグルトがス 佐ぐらのじぇーごで売ってんだでば。買うしと結構いっぺ居るみでで
       いっつもあだらすのが店サ並んでっけもや。 ほがの店探すたってどごさも無(ね)ぇのにス。
           これ飲む様サなってがら かがぁも腹の調すえぐなってきたのス : 遠野の方言
    (岩手で作ったヨーグルトが 佐倉の田舎で売っているんです。買う人が結構沢山居るみたいで
       いつも新しいのがお店に並んでいるんです。 他の店を探してもどこにも無いのに・・・。
           これを飲む様になってから 家内もお腹の調子が良くなってきたんです : 標準語)
 
   岩手県湯田町の工場で作られた「湯田ヨーグルト」    湯田は北上市を挟んで丁度反対側の位置に・・
     
 
 
  3月25日(月) ♪コブシ咲く あの丘北国の~ : 北国のコブシはまだでしょうが 千葉では満開です。
 
      おらほのまづサ 「コブシ通り」ずのあってス 道路の両側サ 「ずらー!」っと コブシの花っこハ
         咲いでんのス。ゆぎっこ融げね東ほぐでハ まだまだだべども この花っこ咲くど
                        「春ハ ようやぐ来たな」ど思うんでねすか : 遠野の方言
     (私の町には 「コブシ通り」というのがあって 道路の両脇に 「ずらー!」っと コブシの花が
         咲いているんです。雪が融けない東北では まだでしょうが この花が咲くと
                        「春が ようやく来たな」と思うでしょうね : 標準語)
 
  千葉県佐倉市臼井 の「コブシ通り」  今が満開の「コブシの花」です
   
 
 
  3月24日(日) 遠野の方言 : 「たんぱら」の「まぎ」 → 「かんしゃく(持ち)」の「家系」
 
   八百屋の親子がこの家系だった話 ・ そして自分の家の家系は?
 
    八百屋の息子よ 一寸すたごどでたんぱら(かんしゃく)おごすっけもや(おこすんだよね)
    すてス たんぱらおごすど さっぱり手ハつけられねぐなるずよ(手がてけられなくなるそうだよ)
    商売人ハ ほったなごどでハ(そんなことでは) わがねんだ(駄目なんだよ)
    息子も息子だば(なら) むがす(昔)おやずも(父親も) 息子サ負げねぐれ(負けない位) たんぱら
   だったずもな(かんしゃく持ちだったってな)
    あそごのうづ(家)ハ たんぱらのまぎなんだべがな?(かんしゃく持ちの家系なんだろうかね?)
    とごろで おらほのうづハ(自分の家は) なんたなまぎなんだべがな?(どんな家系なんだろうかね?)
    んだんだ(そうだそうだ) むがすがら金ハねくて(昔から金が無くて) いづもピーピーすてる貧乏性の
   うづのまぎだもな(家の家系だよね)
    ほでも(それでも) いっつも楽すぐ笑ってれば いづがハ良(い)いごどもあんべすたらや(いつかは良
   い事があるだろうよ)
 
             
 
 
  3月23日(土) 
      なして こんたに しでぇ名前ハ付けだもんだべな。 「オオイヌノフグリ」だどス : 遠野の方言
   (どうして こんなに 酷い名前を付けたんでしょうね。 「オオイヌノフグリ」ってね  : 標準語)
 
     今 田んぼの畔だの野っぱらサ いっぺ咲いでっともス こんたなめげぇ花っこサ付ける名前で
       無(ね)んでねすか? おなごのわらすなんかサ なんてしゃべったらいがんべ : 遠野の方言
    (今 田んぼの畔や野原に 沢山咲いていますが こんなに可愛い花に付ける名前じゃ
       無いんじゃないですか? の子なんかに どう説明したらいいのでしょう   : 標準語)
 
 今 可愛い 「オオイヌノフグリ」が沢山咲いています     花が終わった後に付ける実が似ているとのこと
      
  ある学者が付けた名前とのことですが 別の表現は無かったのかなぁこの花が可哀想。 (右・参考写真)
 
 
  3月22日(金) 大玉トマトは5年連続惨敗 : 今年こそは「トマトハウス」で雨対策も万全に・・・。
 
   おどどいど今日で ようやぐ骨組み終わってス あどなんぼが補強すてビニールかげるだげだども
     トマト苗植えんのハ来月サなんのス。なんとがこどすハ いいトマト取れっといいがな  : 遠野の方言
   (一昨日と今日で ようやく骨組みが終わって 後いくらか補強してビニールをかけるだけですが
    トマトの苗を植えるのは来月なんです。なんとか今年は いいトマトがとれるといいのですが : 標準語)
 
        ※ 中玉とミニトマトは 毎年食べ切れない位出来ているのに 大玉は雨の後全滅に・・・。
 
 トマトハウスの骨組み完成   その奥には「ソラマメ」の花が・・・  スナップエンドウの花も咲き出しました
    
 
 
  3月20日(祝) 遠野の道の駅「風の丘」の「かねなり」 : 昔からの遠野のおやつ。
 
    遠野の「かねなり」ハ おら(私は)むがすがら(昔から)好ぎで 今でも遠野サ行ったらば 「風邪の丘」で 
   いっぺ食って帰(け)んのス(いっぱい食べて帰るんです)
    小判型サ薄ぐ延ばすたもぢっこ焼いで(餅を焼いて) クルミ細かぐ潰すて 甘じょっぺタレ(甘じょっぱい
   タレを)まじぇだの付けでス(混ぜたのを付けて) これが微妙な味っこサなるっけもな(微妙な味になるんで
   すよ)
    遠野さば(遠野には) 「がんずぎ」だの「きりしぇんしょ」だの ほがさもいろいろなうんめ(美味しい)食いも
   のハ(食べ物が)いっぺあっとも(沢山ありますが) こごでついだもぢっこでこしぇだ(ここでついた餅で作った)
    クルミもぢも わしぇられねぐれ(忘れられない位) うんめがっけよ(美味しいんですよ)
 
    「かねなり」(表面の粒々がクルミ)    「がんずぎ」(蒸しパン)    「きりしぇんしょ」(中に黒砂糖の甘いタレ)
           
 
 
  3月19日(火) いよいよこどすの米づぐりハはずまったでば。まず畔こしぇるどごがら・・ : 遠野の方言
         (いよいよ今年の米作りが始まりました。まず畔を作るところから・・   : 標準語)
 
    畔こしぇるにハ むがすハクワで田んぼの泥ハあずめで 去年の畔サ塗ってぐのス。
      10間ぐれだばぞうさねども なん十間もなん百間もあんだもの 何にぢもかがったのス。
          今でハ 機械をガヂャガヂャど動がすて すぐ終わってらぐだでば : 遠野の方言
   (畔を作るのは はクワで田んぼの泥を集めて 昨年の畔に塗っていくんです。
      18m位なら簡単なんですが 何十mも何百mもあるんですから 何日もかかったんです。
          今では 機械をガチャガチャと動かして すぐ終わって楽ですよね : 標準語)
 
  私の畑の隣の田んぼの畝です
    田んぼの畔作った後・こんなに綺麗に機械で出来るんですね     畔作り機(参考写真)
       
 
 
  3月18日(火) 先週草刈りをした後の草を燃やす : その殆どが「セイタカアワダチソウ」の枯れた茎。
 
   天気も良(え)くて 風っこもあんまり無(ね)くて 絶好の日よりだど思って燃やすてだっけが
     急に風っこハ吹いできて 周りの枯草サ燃え広がってたあわでですまったっけよ
        運よぐ風むぎ変わったがらえがったども、山サ燃え広がったらてぇ変だったでば : 遠野の方言
   (お天気も良くて 風もあまり無くて 絶好の日よりだと思って燃やしていたんですが
     急に風が吹いてきて 周りの枯草に燃え広がってあわててしまいました
        運良く風向きが変わったから良かったんですが 山に燃え広がったら大変でしたよ : 標準語)
 
    煙の出ている所が 主に燃やしていた場所、 周りに こんなに燃え広がりました。
        
 
 
  3月18日(月) 里山にも春がやってきました : 田んぼの畔や畑の脇道などに・・・。
 
   今日 はだげサ行ったっけ うづぐす蝶々ハ飛んでだっけよ。すらべで見だっけ「ルリタテハ」だどす。
     蝶々のまんまの成虫で冬越すんだどス。どごが ぬげどごサ居んだべども てぇしたもんだなっス。
                                          : 遠野の方言
  (今日 畑に行ったら 綺麗な蝶々が飛んでいたんです。調べてみたら「ルリタテハ」だそうです。
     蝶々のままの成虫で冬を越すそうです。何処か 暖かい所にいたんでしょうが たいしたものですね。
                                           : 標準語)
 
  里山にも春がやってきました。
   スミレ       野ビル          菜の花         ルリタテハ(成虫で越冬)
    
 
 
  3月17日(日) 
   遠野の道路わぎさも あっつこっつサ道祖神ハ立ってっとも 佐ぐらさもいっぺあったよ : 遠野の方言 
   (遠野の道路脇にも あっちこっちに道祖神が立っていますが 佐倉にも沢山ありましたよ : 標準語)
 
     むがすのひたづぁ まんつ信仰心ハ強えがったんだなっす。長げぇ時間掛がって石っこハ刻んで
          村の安全ハ祈願すたもんだべども これで皆の絆も強えぐなったんだべな  : 遠野の方言
    (昔の人達は 本当に信仰心が強かったんでしょうね。 長い時間を掛けて石を刻んで
          村の安全ハ祈願したものでしょうが これで皆の絆も強くなったんでしょうね : 標準語)
 
  道祖神(左の道標には「享保12年」の表示が)  勝胤寺地蔵堂の道祖神      根古谷の双体道祖神
                   
   の中に「見ざる、聞かざる、云わざる」  この道標にも部分
      
 
 
  3月16日(土) 前がら行きてど思ってだ「本佐倉城」サ 行って来たでば : 遠野言葉
       (前から行きたいと思っていた「本佐倉城」へ 行ってきました : 標準語)
 
   すぐ傍サあんの分がってで どごあだりサあんのが分がんねかったっけが 今日ハ
      ボランティアのガイドもついで 3時間も歩いでようやぐ辿り着いだのス。
        市の主催の散さぐだども 気もづ良ぐ歩って お土産貰って おもしぇがったよ : 遠野の方言
  (すぐ傍にあるのが分っていて 何処のあたりにあるのかが分からなかったんですが 今日は
      ボランティアのガイドさんもついて 3時間も歩いてようやく辿り着いたんです。
        市の主催の散策ですが 気持良く歩いて お土産まで戴いて 楽しかったです  : 標準語)
 
   日本100名城の一つ「本佐倉城」見学会
      
 
 
  3月15日(金) 遠野の方言 : 「口 に」など「名詞+助詞」が 「くっつぁ」などと あたかも一つの言葉として
                表現されるものがあります。
 
    その例
      このぼっこ見でみろ 手っこ「くっつぁ」入(え)れで しゃぶってだでば。めげごどー : 遠野の方言
      (この赤ちゃん見てみてよ。 手を「口に」入れて しゃぶっているよ。可愛いねー  : 標準語)
 
                           
    その他の例
      「あっちへ」 は 「あっつぁ」
      「こっちへ」 は 「こっつぁ」  等
 
 
  3月14日(木) 遠野に春の訪れ
       : 「バッケ(フキノトウ)」→「ケンショ(カンゾウ)」→「カダゴ(カタクリ)」の順で咲き出します。
 
    春サなって どでのゆぎっこハ融げでくっと(土手の雪が融けてくると) その間がら「バッケ」ハ顔出すて
   きて(その間から「フキノトウ」が顔を出してきて) ようやぐ長げぇ(長い)冬越すたなど思って 「ホッ!」と
   すんもな(するんですよ)
    それから一寸経づど 「バッケ」のつかぐさ(「フキノトウ」の近くに) 「ケンショ」ハ出張ってくんのス(「
   ヤブカンゾウ」が出て来るんです)。 なんぼがおがった「ケンショ」ハ(幾らか大きくなった「ヤブカンゾウ」は)
   茹でで おしたすサすて食んだでば(おひたしにして食べるんです)
    さぐら(桜)の時期過ぎっと 今度ハ「カダゴ」ス(今度は「カタクリなんです)。 花びらだの葉っぱハ くっ
   つぁ入(え)れで(口に入れて) 吸ったり吹いだりすてス 風船みででハねぇども(風船みたいではないん
   ですが) 「プッ!」とふぐらませで 遊んだもんだもな(遊んだものでした)
    今かんげれば(今考えれば) もってぇねえはなすなんだども(もったいない話なんですが) 「カダゴ」も
   (「カタクリ」も) おしたすで食ったのス(おひたしで食べたんです)
 
    「ケンショ(ヤブカンゾウ)」(今日14日撮影 :千葉)  「カダゴ(カタクリ)」(5月頃 遠野市小友「藤澤の瀧」で撮影)
            
                                           
 
  3月13日(水) さぐらの河津ざぐらハ 今満開だでばー! 見サ来てがんせ : 遠野の方言
          (佐倉の河津桜が 今満開ですよー! 見に来て下さい  : 標準語)
 
  河津ざぐらハス 普通のさぐらよっか 色っぺも濃くて パンチあって 一瞬「うづぐすな!」って感ずるなっス。
   それサ比べっと 普通の「ソメイヨシノ」ハ おどなす色っぺすてで 気持づハゆったりさせんべ?
    「ソメイヨシノ」もそろそろ南がら北サ向がって さぐら前線ハはしぇり出すんでねすか?  : 遠野の方言
 (河津桜は 普通の桜よりは 色具合も濃くて パンチがあって 一瞬「綺麗だな!」って感じますよね。
  (それに比べると 普通の「ソメイヨシノ」は おとなしい色具合をしていて 気持をゆったりさせるでしょう?
  「ソメイヨシノ」もそろそろ南から北へ向かって 桜前線が走り出すのではないでしょうか? : 標準語)
 
   佐倉城址公園の「河津桜」 今満開だでばー!(今日13日の11:30頃撮影) ワンちゃんと花の下をくぐって・・・
   
 
   ※ 今日の午後ハス れぎはぐ(歴史民俗博物館)の「自主学習会」つぅのサ 行ってきたのス。
     来月がら「遠野物語」ハ テーマサなるずがら おもしぇそうだがら 続げで行ってみんべがど思ってス。
 
 
  3月12日(火) 「フキノトウ」ハ なして「バッケ」って しゃべんだべ? : 遠野の方言
        (「フキノトウ」は どうして「バッケ」って 云うんだろう? : 標準語)
 
        ※ 遠野では「フキノトウ」のことを「バッケ」と云います。ちなみに「バッケ」を辞書で引いてみたところ・・・。
 
   辞書で「バッケ」って引ぐどス 「末家(バッケ) ・ 一族の内、本家本流から最も血縁の離れた家」だどス。
     「フキノトウ」ハ 確すかに本家の「フギ」がら ぜぇ分離れだどごサ 成ってるもな。
       この「末家(バッケ)」のごどだば ぜぇ分せづねぇ名前サ なってすまったもんだな : 遠野の方言
  (辞書で「バッケ」を引くと 「末家(バッケ) ・ 一族の内、本家本流から最も血縁の離れた家」だそうです。
     「フキノトウ」は 確かに本家の「フキ」から 随分離れたところに 成っていますね。
       この「末家(バッケ)」のことなら 随分可哀想な名前に なってしまったものですね : 標準語)
 
  美味しい「フキノトウ」の季節  「フキノトウ」は本家の「ふき」から離れた所から出ますね 「末家(バッケ)
            
 
 
  3月11日(月) 
    ようやぐ山田さも 汽車通るようになったでば。えがったなー! わらすの頃いづ年ぐれ居だどごなのス
                                           : 遠野の方言
   (ようやく山田にも 汽車が通るようになりました。良かったですー! 子供の頃一年位居た所なんです。
                                           : 標準語)
    山田さもでっけぇ防潮堤ハあったんだども 津波ハそれ超えでまづのながハ壊すてすまったのス。
     叔母さんのうづも流されですまってス 命だげ助かって 最後は盛岡の傍の滝沢町サ引っ越すたのス。
        まだまだてぇ変な思いすてるひたづもいっぺ居っとも さぎ見で頑張んねばな : 遠野の方言
   (山田にも大きな防潮堤があったんですが 津波はそれを超えて町の中を壊滅してしまったんです。
     叔母さんのも流されてしまって 命だけ助かって 最後は盛岡の傍の滝沢町へ引越したんです。
        まだ大変な思いをしている人達が沢山居ますが 先を見て頑張らないと・・・・ : 標準語)
 
  今月開通する宮古ー釜石間に山田駅があります   三陸鉄道はこんな景色の良い所を走っています
         
 
 
  3月10日(土) 遠野の方言 : ねぇちゃん 「こちょがす」 がら 「こちょがすな」 でば。 
               (お姉ちゃん  「くすぐったい」 から 「 くすぐらない」 でよ)
 
       ※ 「遠野では 「くすぐったい」 ことを 「こっちょがす」 と云います。
         ちなみに 「くすぐるぞー」 は 「こっちょがすぞー」
          また  「くすぐったくない」 は 「こっちょがすぐね」 等と云います
 
           「こっちょがす」 → 「くすぐったい」
               
 
 
  3月9日(土) 先週2畝、今日2畝で ジャガイモの植え付けハようやぐ終わったでば : 遠野の方言
 
      去年ハ ジャガイモいっぺ取れで重宝すたでば。近所サ配って あど娘の家ぞぐど二家ぞぐで
         今どすの正がづまで このジャガイモ食れでだのス。
             今どすハ 去年の1.5倍の量植えだがら 処分ハなんたにすっぺがな : 遠野の方言
      昨年は ジャガイモが沢山取れて重宝したんです。近所に配って あと娘の家族と二家族で
         今年の正月まで このジャガイモを食べれたんです。
             今年は 昨年の1.5倍倍の量を植えたので 処分をどうしようかなと・・ : 標準語)
 
 大きいのは半分に切り藁灰を付けて植える 種イモの中間に化成肥料を一つまみ・・ 休憩はもうパラソルが必要
          
 
 
  3月8日(金) こどすの確定申こぐ 終わったスか? : 遠野の方言
        (今年度の確定申告は 済みましたか? : 標準語)
 
    去年迄 朝間早えぐ行って並んだども 100人以上ハ待ってで うげ付け迄1時間以上待ったのス。
      こどすハ 夕かた遅ぐ行ってみだっけ 5人ぐれすか居ねくて 待だねで申こぐ終わったのス。
          天気悪るがったごどもあっぺども こんたに違んだべがど思ってス   : 遠野の方言
   (昨年迄 朝早く行って並んだんですが 100人以上の人が待っていて 受付迄1時間以上待ったんです。
      今年は 夕方遅くに行ってみましたら 5人位しか居なくて 待たないで申告を終わったんです。
          お天気が悪かったこともあるでしょうが こんなに違うのかと思って・・・ : 標準語)
 
          
 
 
  3月7日(木) 「江戸時代の総合大学」と云われる「弘道館」紹介 : 水戸の観光名所最終報告。
 
   この水戸もそんだども 自分の藩ハ強えぐすっぺど 藩校ハこしぇで勉強だの剣術だの習ったずよ。
     それがらずっとあどだべども 全国サ寺小屋ハ出ぎでス、すたの者も読み書きなんか勉強
       すたんだべ。今の日本の教いぐの基礎ハ ぜぇ分むがすがら出来でだんだなっス : 遠野の方言
   (この水戸もそうですが 自分の藩を強くしようと 藩校を作って勉強やら剣術等を習ったそうです。
     それからすっと後でしょうが 全国に寺小屋が出来て 下の者も読み書きなどを勉強
       したのでしょう。今の日本の教育の基礎は 随分昔から出来ていたんですね   : 標準語)
 
  弘道館      入場券            部屋廊下の畳           ツルベ井戸
     
  葵の御紋をあしらった装備品
      襖の取っ手           畳のヘリ        柱の継ぎ手部分の飾り
      
 
 
  3月6日(水) 
      偕らぐ園の梅林ハ まんつ広れがっけよ。それど好文亭つぅ迎賓館もすげがっけよ : 遠野の方言
     (偕楽園の梅林は 本当に広いんですよ。それと好文亭という迎賓館も凄いんです : 標準語)
 
      水戸のひたづぁ こごのどごず満すてっけども それぐれの価値ハあんなど思って見で来たのス。
        梅っこだげで無(ね)ぐ 好文亭づたで物も ながの襖絵なんか えがったっけよ : 遠野の方言 
      (水戸の人達は ここの所を自慢していますが それ位の価値はあると思って見てきました。
        梅だけでなく 好文亭と云う建物も 中の襖絵など 良かったですよ      : 標準語)
 
        
   偕楽園の梅
     
 
  好文亭の襖絵 (好文亭は 水戸のお殿様の迎賓館の様な役目をしていたそうです)
      梅の襖絵                      桜の襖絵
   
       紅葉の襖絵                竹林の襖絵
    
 
 
  3月5日(火) 今日 偕らぐ園だの弘道館だの水戸のいいどご いっぺ見できたでば : 遠野の方言
          (今日 偕楽園や弘道館など水戸のいいところを 沢山見てきました : 標準語)
 
     梅っこの花のいい匂いサ囲ごまれながら 回ってだっけ梅っこもいいども 若げおなごのひたづサ
         べっぴんさんの多いごどス。東京テレビのおなごの人ハまんつえがったじぇ : 遠野の方言
    (梅の花の良い香りに囲まれながら 回っていたんですが 梅も良いんですが 若い女性の方々に
         美人の多い事・・・。 東京テレビの女性の方は本当によかったなぁ・・ : 標準語)
 
            ※ 今日は遅く帰って来ましたので、明日は一寸真面目な報告を・・・・。
 
   弘道館の正面入り口        好文亭             好文亭からの千波湖と梅林
     
  好文亭の梅               白  梅      東京テレビの「水戸の梅大使」撮影中
      
 
 
  3月4日(月) あすたス 「水戸の梅まつり」サ 行ぐのス。 天気ハ晴れるずがら楽すみス : 遠野の方言
       (明日 「水戸の梅まつり」に 行くんです。 お天気は晴れとのことで楽しみです : 標準語)
 
     会社のOBでス 年に一回の小旅行すてんのス。今まで「鎌ぐら」だの「東京はどバス」だの
         「はぐ物館」だのって まずめなどごばりだでば。 
             今度ハ 梅っこ眺めながら さげっこでも飲めっかなど思ってス : 遠野の方言
     (会社のOBで 年に一度の小旅行をしています。今まで「鎌倉」や「東京はとバス」や
        「博物館」などで まじめな所ばかりなんです。
             今度は 梅を眺めながら お酒でも飲めるかなと思っています : 標準語)
 
  明日行く予定の「水戸の梅まつり」のパンフレットです    (明日報告出来ればと思っていますが、遅くなるので・・・)
          
 
 
  3月3日(日) 生きた「栗小ガニ」が一匹100円では カニがあまりにも可哀想 : でも二匹買いました。
 
    きんの茹でだの一杯食ったども、もどもどちっちぇもんだもの 身っこもなんぼも入(へ)って
         ねのス。しょんねがら今日ハ残ごりの一杯ハ 味噌汁サすんべがど思ってス : 遠野の方言
   (昨日茹でたのを一杯食べましたが 元々小さいものですから 身も幾らも入って
     いないんです。しょうがないので今日は残りの一杯は味噌汁にしようかと思っています : 標準語)
 
   とごろでス カニハ生ぎでるどぎにハ 一ぴぎ、二ひぎって云って 
     茹でだりすて死んだのハ  一杯、二杯って数えんのハ おめさん おべでだすか?  : 遠野の方言
 
     ※ ところで カニは生きている時には 一匹、二匹と云い 
      茹でたりして死んだのハ 一杯、二杯って数えるのを あなた 知っていましたか? : 標準語)
                                 (上がら目線で もさげねでば。 おらも おべでねがったのス
 
      甲羅の大きさ横幅8cm位の「栗小ガニ」  今夜は味噌汁で・・・
            
 
 
  3月2日(土)  今遠野では 「遠野町家のひなまつり」 開催中とのことですよ。(明日まで)
 
    普通だば 「おひなさま 見せでおぐれんしぇ(見せて下さい)」って行くんですが、
                                 ここでは、さそわれる会話です。
 
       あらー! みきさん お孫さんだすか?(お孫さんですか?) まず(本当に) めげごど 
     可愛いですね 一緒でえがすね(一緒でいいですね)
       おひななま飾ってっから(飾っていますので) ちょっとぎま見でいがねすか?一寸の間
     見ていきませんか?)
       さあさあ 上がってがんせ(上がって下さい)。 三月サ入(へ)ったって(三月に入っても)
     まだ さむもなー(寒いですねー)
       まだ あっつこっつ(あっちこっち) 雪っこも残ってるすな(残っていますしね)
      ぬぐぐなって(暖かくなって) さぐらっこ咲ぐのハ(桜が咲くのは) まだ 二(ふ)た月も(二
     か月も) さぎだでばな(先なんですよね)
      早ぐ ぬぐぐなればいいがなー(暖かくなればいいんですがねー)
 
       「遠野町家のひなまつり」 パンフレットより
               
 
 
  3月1日(金) 
     娘生まれだとすサ買った「お雛様」もス あっと云う間サ40年以上も経ってすまったでば。
      まだ おらほサ置いであっとも 7段飾り全部出すのにハ狭めうづだス ほがのお雛様だづさば
             もさげねども 親王様ど内裏様だげ 飾らせで貰ったのス    : 遠野の方言
    (娘が生まれた年に買った「お雛様」も あっと云う間に40年以上も経ってしまいました。
     まだ 私の家に置いてありますが 7段飾り全部出すのには狭い家ですし 他のお雛様達には
             申し訳ないんですが 親王雛とお内裏雛だけ 飾らせて頂きました : 標準語)
   
        ※ 遠野の方言の解説  「おらほ」は「私の方」→「私の家」を意味します。
                 また 「もさげね」「申(も)さげね」→「申し訳ない」を意味します。
                   「おもさげね」となりますと「大変申し訳ありません」と丁寧語になります。
 
     
 
 
  2月28日(木) 
    去年採って冷凍すておいだ「ソラマメ」ス 皮っこ剥いで サドウどスオっこぺっこ入(え)れで
      煮でみだっけ あずっこハ去年の採りがげのまんまのうんめ「ソラマメ煮」ハ出ぎだっけよ。
             今どすも「ソラマメ」ハ3畝こしぇでっから 楽すみだでば : 遠野の方言
   (昨年採って冷凍しておいた「ソラマメ」を 皮を剥いて 砂糖と塩を少し入れて
      煮てみたら 味は去年の採りたてのままの美味しい「ソラマメ煮」が出来ました。
             今年も「ソラマメ」を3畝作っていますので 楽しみなんです : 標準語)
 
  昨年採った「ソラマメ」を冷凍      解凍して皮を剥き、水少々・砂糖・塩で7分煮ると    甘くて美味しいソラマメ煮完成
     
                         これに一寸手を加えると「ソラマメキントン」になります
 
  2月27日(水) 
    おらのまづのつかぐのお城の勉強会あるがらって かでで貰って 二か所のお城回ってきたでば
                   珍らす話すっこいっぺあって おもしぇがったでば  : 遠野の方言
    (私の家の近くのお城の勉強会があるというので 参加させて貰い 二か所のお城を回ってきました
                   珍しい話が沢山あって 楽しかったですよ     : 標準語)
 
      ※ 遠野の方言の解説  「かでる」は「仲間に入れる」を意味し、ここの「かでで貰う」は「参加させて頂く」となります。
             下の文章の「おべでるすか?」は「知っていますか?」を意味し、「おべる」は「覚える」「知る」ことを云います。
 
    遠野も城下まづだどもス 遠野の最初の殿様ハ 女子(おなご)の殿様だったの おべでるすか
       全ごぐ三百もの殿様居でス 女子の殿様ハ遠野の殿様だげだったのス。清心尼っつう殿様で
          三十年も遠野のお城(横田譲)ハ治めだって 遠野のひたづのず満なのス : 遠野の方言
   (遠野も城下町ですが 遠野の最初の殿様は 女性の殿様だったというのを 知っていますか
       全国三百もの殿様が居て 女性の殿様は遠野の殿様だけだったんです。清心尼という殿様で
          三十年も遠野のお城(横田城)を治めた事は 遠野の人達の自慢なんです : 標準語)
 
  師戸城天守閣跡からの眺め  岩戸城の濠の上を歩く (どちらも印西市)  こんなに立派ではなかったんですが・・
      
 
 
  2月26日(火) 今日ハ ニドマメの手っこハ たげど網っこでこしぇで来たでば : 遠野の方言
          (今日ハ キヌサヤエンドウの手を 竹と網で作ってきました : 標準語)
 
      たげハ3日前サ 傍の山がら切っておいだのサ 100均で買って来た網っこハ張ってス
          丈夫なのハ出ぎだがら この春ハ楽すみだでば。いっぺなっつおー : 遠野の方言
     (竹は3日前に 傍の山から切っておいたのに 100均で買って来た網を張って
          丈夫なのが出来たので この春が楽しみです。沢山なるよー    : 標準語)
 
  キヌサヤエンドウ(ニドマメ)の手                5月頃にはこんなニドマメが沢山・・・
        
 
 
  2月25日(月) 遠野の方言 : 「こえぐなってすまった」→「疲れてしまった」  「湯っこ」→「お風呂」
 
   このどご はだげサ行ったり 梅っこ見サ行ったり 夜ハ夜なが迄飲んだりすてス 「こえぐなってすまった」
  がら はやぐ寝んべがど思ったっけ テレビの「YOUハ何すサ 日本サ」ど「日本サ行きてぇしと応援団」
  見でだもんだがら こんたなず間サなってすまってがら これがら 湯っこサ入(へ)って寝っとごだでば。
                                           : 遠野の方言
   (この所 畑に行ったり 梅を見に行ったり 夜は夜中まで飲んだりして 「疲れてしまった」
  ので 早く寝ようかと思ったんですが テレビの「YOUは何しに 日本へ」と「日本へ行きたい人応援団」を
  見ていたものですから  こんな時間になってしまったので これから風呂に入って寝るところです。 
                                           : 標準語)  
 
 
  2月24日(日) 
   「スギ鉄砲」って こしぇで遊んだごどあるすか? むがす 遠野でハ今頃のわらすんどの遊びだったのス。
                  「スギ花粉」つのハ 聞いだこだ無(ね)がったっけがな : 遠野の方言
   (「スギ鉄砲」って 作って遊んだことがありますか? 昔 遠野では 今頃の子供達の遊びだったんです。
                  「すぎ花粉」て云うのは聞いた事が無かったんですがね : 標準語)
 
   スギの実っこハ 口(くづ)サいっぺ入(え)れでおいでがら 一っつずづたげの穴っこさえれで
     たげひごの方ハ 「ギュッ!」と押すど スギ玉ハ「ピン!」って 飛び出すのス。狙うのハ
          ほがの人の ぽったぶだの 手の甲だのス。撃だれだ方ハまんついでのス : 遠野の方言
   (スギの実を 口にいっぱい含んでおいてから 一つずつ竹の穴に入れて
     竹ひごの方を 「ギュッ!」と押すと スギ玉が「ピン!」って 飛び出すんです。狙うのは
          他の人の ぽっぺたや 手の甲なんかです。撃たれた方は結構痛いんです : 標準語)
 
   「スギ鉄砲」 内径がスギの実が入る程度(2~3mm)の竹の筒に 杉の実を舐めてから筒に入れ 
            竹ひごで押し出すと 「ピン!」という音がして 杉の実が鉄砲の玉の様に飛び出します。
     
       長さ10cm位の筒が銃身、押す竹ひごも持ち易い様に竹に取り付ける
 
   「スギ鉄砲のスギ玉は 下の写真の様に まだ花が開かないものを使います(花粉が飛び開いた物は駄目)
      
 
 
  2月23日(土) 
     今日ハ「ニドマメ」だの「インゲンマメ」のたげの手っこ こしぇんべがどおもってス : 遠野の方言
     (今日は「キヌサヤ」や「インゲンマメ」の竹の手を 作ろうかとおもって・・・    : 標準語)
 
   たげ藪サ入(へ)って 手頃なたげっこハノゴギリで切ってス 枝っこハ ナダでおどすてがら
    根もどハ つづサ刺さり易す様に とんがらせれば 出ぎ上がりス。15本ぐれ出ぎだべが : 遠野の方言
  (竹藪に入って 手頃な竹をノコギリで切って 枝を ナタで落としてから
    根本を 土に刺さり易い様に とがらせば 出来上がりです。15本位出来たかな     : 標準語)
 
  こんな竹藪に入って手頃な竹を切り出します    ナタで枝を払い 先を尖らせれば完成です
   
 
 
  2月22日(金) はだげの帰りサ 甚平蕎麦食いたぐなって 行ってきたのス : 遠野の方言
        (畑の帰りに 甚平蕎麦を食べたくなって 行ってきました  : 標準語)
         ※ 甚平蕎麦 : 「4第将軍徳川家光の時代に出来た宗吾霊堂」の前にある蕎麦屋さん。殆どの人がザル蕎麦を注文。
 
   遠野さば よしのやの「ひつこそば」ずのあってス 遠野サ帰っと かっちゃんが必ず出前ハ取って
     けだのス。いづ番すたさば ネギだのシイタゲだの鳥にぐなんかやぐみハ入(へ)ってで その上の
        3段ハ蕎麦っこ入(へ)ってんのス。今ハ遠野のバイパスサ店っこあんでねすか? : 遠野の方言
  (遠野には よしのやの「ひつこそば」というのがあって 遠野に帰ると お袋が必ず出前を取って
     くれたんです。一番下には ネギやシイタケや鶏肉などの薬味が入っていて その上の
       3段は蕎麦が入っているんです。今は遠野のバイパスにお店があるんではないかな? : 標準語)
 
      遠野名物 よしのやの「ひつこそば」 4段重ねの一番下が薬味でその上3段がお蕎麦
                          
 
  所変わって 成田市宗吾の甚平蕎麦 (宗吾霊堂の真ん前にあるお蕎麦屋さんです)
    
 
 
  2月21日(木) 今でハやって無(ね)べども むがす 遠野高校でハ 毎とす兎狩りすてだずよ : 遠野の方言
      (今ではやっていないでしょうが 昔 遠野高校では 毎年兎狩りをしていたそうですよ : 標準語)
 
    おらだづ(私達が)小学校の頃 遠野高校生がら聞いだ ず慢ばなすなのす(自慢話なんです)。  
    遠野高校でハ バレー部だのテニス部だのサッカー部の網っこハあづめで(網を集めて) 山の上の兎の
   通りみぢサ 張って置ぐんだど(張って置くそうです)
    ほれで(それで) 生徒だづハ 棒持って立木ハたでで(棒を持って立木を叩いて) 大声上げで 兎ハ網の
   方サ 「ぼったぐる」んだどス「追い立てる」んだそうです)
    兎ハたまげで(驚いて) 出できたらば 皆で 「ぼっかげで」って「追いかけて」行って) 網っこサ入(へ)
   ったらば 手で「おせる」んだずども(手で「捕まえる」んだそうですが) 兎もおせられてぐ無(ね)ぇもんだがら
   (兎も捕まえられたく無いものですから) 網ハ飛びごえだり すり抜げだりすて 兎の方ハ いずめもにんめも
   (一枚も二枚も)上手だど(うわてなんだそうです)
    とどの詰まりハ あんたに大勢の(あんなに大勢の) 生徒で 兎ハ一匹すか 「おせられ」ねがったどス(「捕
   まえ」られなかったそうです)
 
              
 
 
  2月20日(水) 遠野の人達も 江戸時代から明治時代には遠野の山にも イノシシが沢山居たことは、
                 あまり知らないと思いますが 今流行っている豚コレラで全滅したんだそうですよ。
 
     今がらあらがだ130年ぐれ前の明治のなが頃まで 遠野の山さばイノススハいっぺ居だずども
                            豚コレラが流行って全滅すたんだどス : 遠野の方言
     今から約130年前の明治の中頃まで 遠野の山にはイノシシが沢山居たんだそうですが 
                           豚コレラが流行って全滅したとのことです : 標準語)
 
     村のひたづぁ まづざぎの山サ キノゴ採りサ入(へ)ってってス 沢の湧水(わぎみず)のどごサ 
          行ったっけ イノススハゴロゴロど死(す)んででス それサ触ったら てぇ変なごどサなるって 
                         たまげで はしぇってうづサ帰(け)ったずよ : 遠野の方言
     村の人達が 松崎の山に キノコ採りに入っていって 沢の湧水のところに
          行ったら イノシシがゴロゴロと死んでいて それに触ったら 大変なことになるといって
                         びっくりして 走って家に帰ったんだそうです : 標準語)
 
   早池峰山を望む物見山のカラ松林 (江戸時代から明治の始めの頃は 物見山にも猪や鹿が沢山居て 大勢で獣狩りをしたんだそうです)
       
                 
       (この話の出典は「新遠野物語}吉田政吉著からです)
 
 
  2月19日(火) 大好物の「干し芋」が半値近くの大安売り : 冷凍OKなので購入。
 
     遠野サ居だどぎにも 食ったごどぁあったっけども まんつ固(か)でがったのハ おべでだっけよ。
       今のほす芋ハ柔(や)っけくて あずっこもえくて うんめのス。冷凍すておげば ぺっこずづいづまでも
              食(か)れっぺがら 高(た)げがったども 思い切って買ったのス   : 遠野の方言
    (遠野に居た時にも 食べたことはあったんですが 本当に固かったのを 覚えています。
       今の干し芋は柔らかくて 味も良くて 美味しいんです。冷凍をしておけば 少しずついつまでも
              食べられるでしょうから 高かったんですが 思い切って買ったんです : 標準語)
 
   1kg入りの干し芋 大安売りで購入    冷凍用袋に小分けにして冷凍
             
 
    今日の日記の遠野の方言を「五七五ラップ調」で書いてみました
 
    遠野で干す芋食ったどぎゃー 固(か)でくて固(か)でくて 食(か)れねでばー
       今の干す芋柔(や)っけくてス まんつうめがら食ってみろ こんたにいっぺの干す芋ス 小分で
         凍(し)みらせ ぺっこずづ 食(か)れるど思って谷底(たにそご)サ 落づるつもりで買ってきた
 
 
  2月18日(月) 夕方の散歩が出来るほど、暖かくなりました : やはり 水辺の景色はいいですね。
 
   もうぺっこで夕日も沈むどごだども このぐれの時間ハ景しぎもえくて ゆったりするもんだもや。
      あぎにハガマの穂も茶色っぺ色っこすてだっけが 今でハほぐれでガマの穂わださなってっすまって
                    風っこ吹ぐどそのわだっこハフワフワど飛んで行ぐっけよ : 遠野の方言
  (もう少しで夕日も沈むところですが この位の時間が景色も良くて ゆったりするんですよね。
      秋にはガマの穂も茶色っぽい色をしていたんですが 今ではほぐれてガマの穂になってしまって
                    が吹くとその綿がフワフワと飛んで行くんですよ  : 標準語)
 
   夕方散歩   間もなく日の入り  ガマの穂は今 ガマの穂綿になっています  ノスリ?は最後の狩りを・・・
        
 
 
  2月17日(日) 
     今日ス 最近開店すた おがす屋サ行ってきたども 遠野のおやづハ思いだすたでば  : 遠野の方言
     (今日 最近開店した お菓子やさんへ行ってきましたが 遠野のおやつを思い出しました : 標準語)
 
    今 思っと 遠野さば まんつ色々なお菓すハあってス 遠野で無(ね)ぇ人ハ 名前も聞いだごどのねぇ 
          物ばがりで 食ってみねばあずっこも想像出ぎねものも いっぺあっったっけよ : 遠野の方言
   (今 思うと 遠野には 本当に色々なお菓子があって 遠野以外の人は 名前も聞いた事の無い
          物ばかりで 食べてみないと味さえ想像も出来ないものも 沢山あったんです : 標準語)
 
 遠野の昔からあるお菓子 (この他 ブドウ飴 あけがらす 酒饅頭 くるみ餅 お茶餅 けいらん 等があります)
  「かねなり」薄い餅にクルミ醤油コーティング 「きりしぇんしょ」中は甘じょっぱい汁が・・  「がんずき」スポンジ状の蒸し菓子
            
 
  最近開店した「シャトレーゼ」  お菓子類が沢山安く売っています  ちなみに10ヶ120円の饅頭(1ヶの直径約3cm)
     
 
 
  2月16日(土) こどすのスギ花粉ハ 去年より「すげみでだ」よ : 遠野の方言
        (今年のスギ花粉は 去年より「凄いみたいです」よ : 標準語)
 
      去年ハ いづものとすより 暑づがったごどもあってス 杉の花粉ハいっぺ出るどス。
        遠野サ居だどぎにハ 鍋倉の杉林にハ なんぼでもあったっけども なすてスギ花粉なんか無(ね)
            がったんだべが? 食い物つがった生せいも「あんべども」不思議だでばな : 遠野の方言
     (昨年は いつもの年より 暑かったこともあって 杉の花粉が沢山出るそうです。
        遠野に居た時には 鍋倉山の杉林には いくらでもあったんですが どうしてスギ花粉症なんか無
          かったんでしょうかね? 食べ物が尖ったせいも「あるでしょうが」 不思議ですね : 標準語)
 
    今年の杉も赤くなって スギ花粉放出の準備が 完了した様です
         
 
 
 
  2月15日(金) 
   今日ハまだゆぎっこもふってきたス 会員証も来たス 一寸ばり「しれぎはぐ」サ行ってきたのス : 遠野の方言
   (今日はまた雪も降ってきたし 会員証も来たし一寸ばかり「国立歴史民族博物館に行って来ました  : 標準語)
 
       ※ 遠野の方言の解説  「~ばかり」を遠野では「か」を抜いて「~ばり」と表現します。ここでは「一寸ばかり」は「一寸ばり」となります。
 
  車で10分ばりのどごサある このはぐぶづ館ハス いぢにぢ中見で歩いでも 全部見ぎれねぐれでっけのス。
    第いぢがら第ろぐのほがサ まだいっぺあってス とじゅうであすっこ痛でぐなってすまっけもな。
      今度がらはだげすごど出来ね雨っこの日選んで ぺっこずづ分げで見んべがど思ってス : 遠野の方言
 (車で10分ばかりの所にある この博物館は 一日中見て歩いても 全部見切れない位大きいんです。
    第一から第六の他にも まだ沢山あって 途中で足が痛くなってしまうんですよ。
      今度からは畑の仕事が出来ない雨の日を選んで 少しずつ分けて見ようかと思って・・・ : 標準語)
 
  これが有ればいつでも入館可能  国立歴史民俗格物館の入り口  展示品例 古代   近代
         
 
 
  2月14日(木) 遠野の方言 : 「やんた がった」 は 「嫌 だった」と云います。
 
    「やんたがった ひっつみだんご(嫌だった ひっつみだんご)」 
 
      ※ 「ひっつみだんご」は 小麦粉を練って手でちぎったものを 醤油味の汁に入れた「すいとん」の様な食べ物。戦時中は米の代用品でした。
        今は「ひっつみ」と云っている様です。
 
     今だがら 「ひっつみだんご」ハ 一日市町(今の中央通り)だの バイパスの店っこでも うんめ(美味しい)
    あずっこつけで(味をつけて) 遠野名物で食(か)れっとも(食べられますが) むがすハ米っこなんか無(ね)
    ぇどぎにハ ご飯の代わりで食ってだごどあったのス(食べていたことがあったんです)
     わらすの頃で(子供の頃で) あずっこも(味も)今みでに(今みたいに) うんめぐながったのス(美味しくなか
    ったんです)
     まんつ(本当に) ひっつみだんごハ出っと(ひっつみだんごが出ると) やんたくてス(嫌でね) 麦ごはんでも
    ええがら(よいので) これハ食いてぐねぇな(食べたくないな)って なんぼ思ったごどだべが(いくら思ったことか)
 
          今は遠野名物でレストランなどで食べられる「ひっつみ」 
                          
 
 
  2月13日(水) 
     今日から10年ぶりにホームページ様式一新しました : 「遠野の方言継承」にお力添えをお願いします。
 
    10年前にス シニアのHP入門コースサ入(へ)って おらのやりてぇ様に(私のやりたい様に)やって来たども
   (来たんですが) 基本もわがんねでやってきたもんだがら(基本も分からないでやってきたものですから) 最後
   ハ あっつ飛びこっつ飛びで 滅茶苦茶なHPサなってすまったのス(HPになってしまったんです)
    これ見だシニアのベテラン先生ハ 「見でらんね(見ていられない)」って こうやったらいんでねべが(こうしたら
   いいんじゃないの)と云って 協力すてくれだのス(協力をしてくれたんです)
    おがげさんで立派なわがり易(やす)HPサ(お陰様で立派な分かり易いHPに) なったんでねべがど思うだでば
   (なったのではないかと思います)
    なんたったって遠野の方言ハおもしぇがらス(何といっても遠野の方言は面白いですから) とぐにむがすの方
   言ハ(特に昔の方言は) 繋ぎ繋ぎサ笑いも入(え))れでしゃべっから(言葉の繋ぎに笑いも入れてしゃべるので)
   笑顔がいっぺサなる方言なのス(笑顔がいっぱいになる方言なんです)
    これがらも頑張ってUPすっからス(これからも頑張ってUPしますので) 宜すぐおねげぇしゃんすよ(宜しくお願い
   致します)
 
 
  2月12日(火) ニンニクの追肥は2月~3月上旬 : そのつもりで畑に行ったらまだ雪が・・・。
 
   キヌサヤどソラマメハ ゆぎっこ降ったったって 霜除げの布っこ被せでっから すん配無(ね)ども
        ラッキョどニンニグハゆぎっこまどもサかぶっから なんたべど思ってス : 遠野の方言
  (キヌサヤとソラマメは 雪が降ったとしても 霜除けの布を被せているので 心配無いのですが
        ラッキョウとニンニクは雪をまともに被るので どうかなと思っていて・・・ : 標準語)
 
      ※ 遠野の方言の解説  「雪が降ったとしても」 は 「ゆぎっこ降ったったってと表現します。
                  ちなみに 「雪が降ったんだよ」 は 「ゆぎっこ降ったっけよ」
                       「雪が降ったよ」 は 「ゆぎっこふったでば」 となります。
 
  今日の畑  冬越し中の野菜 → 左ラッキョウ 右ニンニク  キヌサヤ   ソラマメ
      
 
 
  2月11日(祝)
     今日も朝間がらゆぎっこ降ってだでば。こどすハこれで3回目だども 今週の終わりさも
         ゆぎっこ降るっつう予報なのス。こどすハ何回降ったら気済むもんだが? : 遠野の方言
   (今日も朝から雪が降っているんです。 今年はこれで3回目なんですが 今週の終わりにも
        雪が降るという予報なんです。今年は何回降ったら気が済むんでしょうかね? : 標準語)
 
   水仙も雪を被って寒そうです
     
 
 
  2月10日(日) 「サザンカの展示」って珍しいですよね : 国立歴史民族博物館の1施設で展示中。
 
   この寒(さむ)ながス 誰も「花っこ見サ行ぐべ」なんて思わねべども 珍らすがら行って見だのス。
      すたっけ 何十ぱづず「サザンカ」ハ展示されでで たまげだっけよ。
             みんなこっそりど咲いでっけども 良ぐ見っとうづぐすがっけよ : 遠野の方言
  (この寒さの中 誰も「花を見に行こう」なんて思わないでしょうが 珍しいので行って見たんです。
      そうしたら 何十鉢という「サザンカ」が展示されていて びっくりしました。
            みんなひっそりと咲いているんですが 良く見ると綺麗なんですよ : 標準語)
 
  遠野の方言の解説 : 「~という」は 遠野では「~ず」と表現します。ここでは「何十鉢という」は「何十鉢(ぱづ)ず」となります。
 
  サザンカの展示の1部です   「白寒椿」     「昭和の栄」        「鎌倉絞り」
 
 
 
  2月9日(土) こどす ゆぎ積もったののハ2回目なのス。ゆぎのながの散歩もいいよ : 遠野の方言
          (今年 雪が積もったのは2回目なんです。雪の中の散歩もいいですよ : 標準語)
 
  佐倉城址公園の雪景色
      雪中散歩の二人組    ボタンの花の雪囲い       雪を被った寒椿
    
 
   右の秋の写真と同じ場所の今日の雪景色     秋にはこんなに艶やかでした
      
 
  2月8日(金) 「バンクシー」の絵ではないかと評判に・・・ 
             : 時々行っている近くの公園なんですが気が付きませんでした。(千葉県印西市双子公園)
 
  この日記帳サ載せる景しぎ撮ったり 買い物サ行ぐどぎサ こごで休んだり便所使ったり
   すてだっけが こんたな絵っこあったのハ さっぱり気付がねがったっけが きんの行って見だっけ 
        写真機持ったひたづあ何人か居で この絵っこど一緒に写真ハ撮ってだっけよ : 遠野の方言
 (この日記帳に掲載する景色を撮ったり 買い物に行く時に ここで休んだりトイレを使ったり
   していたんですが こんな絵があったというのは 一向に気が付かなかったんですが 昨日行って見たら
        カメラを持った人達が何人か居て この絵と一緒に写真を撮っていたんですよ : 標準語)
 
  この絵が「バンクシー」の絵ではないかとネットで評判なんです (私の家から車で10分位の「双子公園」のトイレの壁に)
        
 
  これが双子公園のトイレの絵   近くでナウマン象発掘・そのモニュメント  見晴らし台からの印旛沼
  
 
 
  2月7日(木) 朝間起ぎで見だっけ 霧ハすげがったっけよ : 遠野の方言
         (朝起きて見たら 霧が凄かったですよ   : 標準語)
 
     車で孫ハ幼稚園サ送っていったどもス みんな車のライト点けて
           車間距離いっぺとって ソロソロど走(は)しぇってだっけよ : 遠野の方言
    (車で孫を幼稚園に送って行ったんですが みんな車のライトを点けて
           車間距離を沢山とって ソロソロと走っていました     : 標準語)
 
         今朝の霧の様子 
       
 
 
  2月6日(水) 遠野の方言 : 「~ずもな(~そうだよ)」の使い方。
 
    「菊池さんち家(ち)の息子の婿入り」の話
 
      まんずまんず(よーよー) 珍らすはなすっこ聞いできたでば(耳寄りな話を聞いてきたよ)
      あのな(あのね) きぐっつあんどごの息子がよ(菊池なんちの息子がね) 作蔵さんの本家の
     むごサ入(へ)ぇるごどサ(婿に入ることに) なったずもな(なったそうだよ)
      それがス 親すらねうずサ(親が知らないうちに) 娘っこの腹っこハおっきぐなって(娘の腹が
     大きくなって) すまったずもな(しまったそうだよ)
      親ハたまげですまったずども(親はびっくりしてしまったそうだが) どうにもなんねべすな(どう
     にもならないだろうしな)
      家ぞぐじゅうで相談すたっけ(家族中で相談した結果) まあ 根ハまずめなおどごだがら(根は
     まじめな男だから) もごとりサすっこどサすたずもな(婿とりにすることにしたそうだよ)
      まあ じぇにっこもいっぺあっからス(お金も沢山あるし) いいどごサ入(へ)ったんで(いいとこ
     ろに入ったんじゃ) ねべがね(ないのかな)
 
                 
 
 
  2月5日(火) 風の無(ね)ぇ日ハ 沼の周り散歩すっと 気持づえくてゆったりすんのス : 遠野の方言
        (風の無い日は 沼の周りを散歩をすると 気持が良くてゆったりするんです : 標準語)
 
  水面に映る風車       空も水も真っ青          広い田んぼの奥に見える風車
    
 
 
  2月4日(月) 遠野でハ ソラマメ植えでだのハ 見だごだ無(ね)がったっけよ : 遠野の方言
        (遠野では ソラマメを植えていたのを 見た事が無かったですね : 標準語)
                  ※ 苗の状態で冬を越すのは 雪国では無理なんでしょうね。
           
   去年の10がづの末サ種蒔いだっけが 11がづハ暑っつ日続いで 苗ハおがり過ぎでス
     真冬に霜でやられんでねべがど思って その苗の間サスペアどすて まだ種っこ蒔いだのス。
       すたっけそのスペアも 前サ植えだ苗どおんなずぐれおがってすまったのス。
        スペアの苗ハ チョン切ってもいんだども もってぇねがら 
                      今日 別の畝サ植えがえだのス     : 遠野の方言
  (昨年の10月の末に種を蒔いたんですが 11月が暑い日が続いて 苗が育ち過ぎて
    真冬に霜でやられてしまうと思って その苗の間にスペアとして また種を蒔いたんです。
       そうしたらそのスペアも 前に植えた苗と同じ位に成長してしまったんです。
        スペアの苗は 切ってしまってもいいんですが もったいないので 
                      今日 別の畝に植え替えたんです    : 標準語)
 
  本株の間に植えたスペア分を 別の畝に移植し 霜・風除けの布を掛けて完成です(12株×2畝)
        
       こどすハ ソラマメいっぺ食(か)れっつお。(今年は ソラマメを沢山食べられるよ。)
 
 
  2月3日(日) 今日は節分 : 昼は成田山で、そして 先ほど我が家でも豆まきをしました。
 
     せづ分にハ 年の数だげ豆っこ食うどいいづども おらのとすぐれサなっとス
         それだげ食ったら腹っこぼっこすがら ぺっこだげで止めでんのス : 遠野の方言
    (節分には 年の数だけ豆を食べると良いと云いますが 私の年ぐらいになると
         それだけ食べたらお腹を壊すので 少しだけで止めているんです : 標準語)
 
  我が家の豆まきの豆   成田山での豆まき (3年前実際に行って見ましたが あまりの混みようでそれ以来は遠慮)
           
 
 
  2月2日(土) 昨日の朝はうっすらと雪が積っていました : 今年初めての雪景色です。
 
      東ほぐだの北海道でハ まんつ たいした大ゆぎだづども こっつの方ハ 1センチ降った
        だげでもてぇ変なのす。電車が止まっただの滑って転んだのってス。
                  ゆぎ国のひたづがら見れば 笑いばなすだどもス : 遠野の方言
     (東北や北海道では 本当に 凄い大雪だそうですが こちら(千葉)の方は 1cm降った
        だけでも大変なんです。電車が止まったやら滑って転んだなんて・・・。
                  雪国の人達から見れば 笑い話なんですがね  : 標準語)
 
   昨日の朝の雪景色              今日の田んぼの畔道
      
 
 
  1月31日(木) 今日ス でっけぇ「カズガ」ハ買ってきて 煮付けすたっけうめがったっけよ : 遠野の方言
        (今日 大きな「カジカ」を買ってきて 煮付けにしたら美味しかったんですよ : 標準語)
 
  「カズガ」さもス 川のものど海のものハ あんだずもな。今日買ってきたのハ海のものだど。
    わらすの頃 早瀬だの来内(らいない)で ガラス箱で見ながらヤスで突いでだのハ 
     せいぜい15センチぐれなもんだったっけが 海のハでっけくて 食ったけあっけもな : 遠野の方言
 (「カジカ」にも 川のものと海のものが あるんだそうですね。今日買ってきたのは海のものだそうです。
    子供の頃 早瀬川や来内川(らいないがわ)で箱メガネで見ながらヤスで突いていたのは
     せいぜい15cm位のものでしたが 海のは大きくて 食べごたえがあるんですよね : 標準語)
 
     ※ 遠野の方言の解説  遠野では「箱メガネ」を「ガラス箱」と云っていました。
             また「食ったけある」は「食べた気がする」・「食べごたえがある」を意味します。
 
       25cmもある「カジカ」                  煮付け中
       
   
 
  1月30日(水) 
    気早(は)えぐ はだげハ畝(うな)ってだっけ 冬眠中のトカゲハ掘り上げですまったでば : 遠野の方言
     (気が早く 畑で畝(うね)を作っていたら 冬眠中のトカゲを掘り上げてしまいました : 標準語)
 
   つずのなががら 「なんだが光ってるもの出張ってきたな」ど思って見だっけ でっけえトカゲス。
    からだハなんぼがくねらせながら 「なんだでば 気持ぢえぐ寝でっとご 起ぎすなじゃ」って
     「なんと まんつ もさげねごどすたな」って すぐつずのながサ戻すてやったでば : 遠野の方言
   (土の中から 「なにか光っているものが出てきたな」と思って見たら 大きなトカゲなんです。
     からだをいくらかくねらせながら 「なんだよ 気持ち良く寝ているところを 起こすなよ」って
    「これはこれは 本当に 申し訳けない事をしました」って すぐ土の中に戻してあげました : 標準語)
 
       冬眠中のトカゲ 15cm位あるでしょうか?    目もうつろの様です
             
 
 
  1月29日(火) 
   このはなすハ おらほのながのごどだがら 乗せっかなんたにすっか悩んだども
    一生に一回も無(ね)ぇぐれのごどだがら 申し訳(もさげ)ねども乗張らせで貰ったでば : 遠野の方言
   (この話は 私の家のことですので 掲載するかどうするか悩んだんですが
    一生に一度も無いくらいのことですので 申し訳ないのですが掲載させて頂きました  : 標準語)
 
    おらほの孫ス 去年のしぢ月がら ライオンキングの子っこやぐやってで 声変わりサ
      入(へ)ぇったづので 今げづでやぐハ下りだのス。おがげさんでおらも 見サ行ったり
        東きょサも行げだりすて楽すませで貰ったども これがらハ寂びすぐなるでば : 遠野の方言 
   (私の孫なんですが 昨年の7月から ライオンキングの子供の役をやっていて 変声期に
      入ったというので 今月で役を下りたんです。お陰様で私も 見に行ったり
        東京にも行けたりして楽しませて貰ったんですが これからは寂しくなります : 標準語)
 
   東京大井町にある常設劇場    パンフレット    プログラムより  ヤングシンバとヤングナラ
           
 
 
  1月28日(月) こどすハ「南京豆」もこしぇでみっぺがど思ってス : 遠野の方言
         (今年は「落花生」も作ってみようかと思っています : 標準語)
 
   去年ス 農家のはだげで貰った「南京豆」ど 売り物の「生の南京豆」ハ種サすて おらのはだげサ
     植えでこしぇでもんべがど思ってス。 花っこハつずサ入(へ)ぇり易ぐなる様に 籾殻いっぺまいで
        畝っこ立ででみだのス。はずめでなもんだがら なんたサなっかど思ってす : 遠野の方言
  (去年 農家の畑で戴いた「落花生」と 売り物の「生の落花生」を種にして 自分の畑に
     植えて作ってみようかと思って・・・。 花が土に入り易くなる様に 籾殻を沢山まいて
        畝を立ててみたんです。始めてなものですので どうなるかと思っています : 標準語)
 
   落花生の種(右の袋物は売り物の生の落花生)  左4畝のジャガイモの隣に籾殻をまいて畝たて中
            
     この落花生はおなじ畑でとれた「おおまさり」と云う普通の落花生の約1.5倍の大きさがあります。
 
 
    ※ お詫び : 事情により、ホームページのプロバイダー変更手続き中で「私の日記帳」が
           一時中断してしまいました。今後も続けて掲載しますので宜しくお願いします。
 
  1月27日(日) 冬の公園 ・ 人も殆ど居ないし晴れてはいますが寒々としていました。
 
      遊具だったって 触(さわ)っと手ハしゃっけス わらすっこのしとりも居ねんだでば。
            ほでもモグラだげハ 元気につずのなが掘り回ってんだべがな?  : 遠野の方言
     (遊具だって 触ると手は冷たいし 子供の一人も居ないんですよ。
            それでもモグラだけは 元気に土の中を掘り回っているんでしょうか? : 標準語)
 
  モグラは元気そうですね   その上には綺麗な紅梅が咲いています  鉄製の遊具は冷たくて・・・
   
 
 
  1月24日(木) 小学校6年生の頃 猛吹雪の日 スケートで池に落ちてしまった事件。(東館町来内川の脇)
 
    前がら欲すがった(欲しかった) くづスケート買って貰ったっけ(靴スケートを買った貰ったので)
   おもしぇくておもしぇくて(嬉しくて嬉しくて) すぐ傍のいげサ滑りサ行ったのス(すぐ傍の池に滑り
   に行ったんです)。           
    その日ハ猛吹ぶぎだったども(その日は大吹雪だったんですが) 早そぐスケートハ長ぐづサゆっ
   つけで(早速スケートを長靴へ縛って) そろそろど いげの氷(すが)っこの上サ乗張って(池の   
   氷の上に乗って) スーッっと真んながの方サ滑って行ったっけ(滑って行ったら) ミシミシ!って
   おどっこすてがら(ミシミシ!と音がしてから) そのあど(その後) バリバリ!って氷(すが)っこ
   割れで ドボン!って いげのながサ落ぢですまったもんだ(池の中に落ちてしまったんです)
    いげハ胸の深さぐれあってス(池は胸の深さ位あって) 氷っこ割り割り岸サ辿り着いだのス。
    いげがら上がったっけ(池から上がったら) ズボンだの上着ハ ガヅガヅど凍みですまってス
   なんともなんねがったのス(どうにもならなかったんです)
    ズブ濡れで無(ね)くて ふぐ(服が)凍ったのハ(凍ったのは) なんて云うんだべな(どう
   云うんでしょうかね)
    かっちゃんにハ(お袋には) 「すんですまんだがらナ(死んでしまうんだからね)」って こっぴどぐ
   怒られだのス(怒られたんです)
 
        池の真中にきたら ミシミシ!と音がして・・・バリバリ! ドボン!
                        
              
 
  1月23日(水) おらのまづサある「れぎはぐ(歴博)」サ行って来たでば : 遠野の方言
        (私の町にある「国立歴史民俗博物館」に行って来ました : 標準語)
 
    こごさばいづ年に何回がハ行ってっとも 見ごだえあって まだすぐ見サ行ぎたぐなっけもや。
     いっつもおんなず展示ど テーマごどサ変わる展示もあんのス。くっついだ植物園もあんだでば 
                                          : 遠野の方言
   (ここには一年に何回かは行っていますが 見ごたえがあって またすぐ行きたくなるんです。
     いつも同じ展示と テーマ毎に変わる展示もあるんです。併設の植物園もあるんですよ
                                          : 標準語)
 
    ※ 千葉県佐倉市にある博物館です。いつでも何回でも入館できる「友の会」があるので 入会しようと思っています。
 
  国立歴史民俗博物館 正門  エントランス      エントランス展示品    「友の会」入館案内
    
 
 
  1月22日(火) お年玉付年賀はがき 「切手シート」 が当りました。
       すぐすらべで あだったら わしぇねうづサ貰ってきた方いいんでねすか? : 遠野の方言
   (すぐ調べて 当たったら 忘れないうちに貰ってきた方がいいんじゃないでしょうか? : 標準語)
 
   去年ハいづ枚すか当だんねがったんだっけが こどすハ おがげさんでいっぺ当だったのス。
     正がづ早々いいごどあったがら こどすハ去年よりいいとすサなっぺがな? : 遠野の方言
  (昨年は一枚しか当たらなかったんですが 今年は おかげ様で沢山当たりました。
     正月早々良いことがあったので 今年は昨年より良い年になるでしょうか? : 標準語)
 
        今年の年賀はがき 当りの「切手シート」 です(金額は加工消去しています 左62円、右82円)  
                  
 
 
  1月21日(月) 風も無く穏やかな公園散歩 ・ そして夕方には綺麗なお月さんも・・・。
 
   今の時期ハス 風っこ吹がね日ハ少(す)ぐねもんだがら きんのみでな風無ぐなった日にハ
     皆 公園なんかサ出張(では)ってきて ゆっくりど散歩すたり はしぇって運動すたりすてっけよ 
                                          : 遠野の方言
   (今の時期は 風が吹かない日が少ないものですから 昨日みたいな風が無くなった日には
     皆 公園などに出て来て ゆっくりと散歩をしたり 走って運動をしたりしていますよ
                                          : 標準語)
 
    ※ 遠野の方言の解説  遠野では「出てくる」ことを「出張ってくる」と云います。また「走る」ことは「はしぇる」と云います。
 
  風も無く穏やかな公園散歩    桜の蕾もまだ固いままです   冷たい池から上がり休むカモ達
   
 
    そして夕方には綺麗なお月さんが 町を照らしていましたよ
        
 
 
  1月20日(日) 「ありゃまんつ! ず故だじゃー なんたすたんだべ」 : 遠野の方言
         (「あれまー! 事故だよー どうしたんだろう」    : 標準語)
 
    おらも注意すて運転すてっとも いづず故サ 巻き込まれるがわがんねがらス・・・。
        スピードも控え目サすて こんたなごどサなんね様にすんねばなんねなっス : 遠野の方言
   (私も注意して運転していますが いつ事故に 巻き込まれるかわかりませんので・・・。
        スピードを控え目にして この様なことにならない様にしなければなりませんね : 標準語)
 
   何かを避けようとして 電柱か建物に突っ込んだ?  救急車も居るので怪我人も・・・  (昨日)
         
 
 
  1月19日(土) 蝋梅(ろうばい)ハ 今満開でス うづぐす花っこ咲がせでだっけよ : 遠野の方言
          (蝋梅が 今満開で 綺麗な花を咲かせていましたよ      : 標準語)
 
     蝋梅ハス 透ぎ通る様な黄いれ花っこだっけども いい匂いもすっけよ。
               この花っこ咲ぐど 春ハ近(つ)けぐなったな ど思うもな : 遠野の方言
    (蝋梅は 透き通る様な黄色い花ですが いい香りもするんです。
               この花が咲くと 春が近くなったな って感じますね    : 標準語)
 
   今 蝋梅が満開です(佐倉市宮本 農家さんの庭先にて)
     
 
 
  1月18日(金) わしぇられね(忘れられない)「きしめん」の味
 
     会社サ居だどぎ 出張で名古屋で食った「きしめん」のあずっこハわしぇられねくて
      それサ似だ様な「きしめん」食(か)せでける 上野のガード下の蕎麦屋の「きしめん」ハ
              東きょサ行ったらば 必ず食って帰(け)ぇるごどサすてんのス : 遠野の方言
    (会社に居た時に 出張で名古屋で食べた「きしめん」の味が忘れられなくて
      それに似た様な「きしめん」を食べさせてくれる 上野のガード下の蕎麦屋さんの「きしめん」を
              東京へ行ったら 必ず食べて帰ることにしているんです   : 標準語)
 
   「きしめん」の美味しさ
    平べったくて やっけ気味のうどんサ入(へ)った汁もうめがっけし その上サ乗張った「かづぶす」ハ
      生ぎでんでねべがど思うぐれ「クネクネ」ど動いで これまだ いいあずっこすい味すてっけよ 
                                         : 遠野の方言
   (平べったくて 柔らか気味のうどんに入ったおつゆも美味しいですし その上に乗った「鰹節」は
       生きているのでは?と思う位「クネクネ」と動いて これがまた いい味をしているんですよ
                                         : 標準語)
 
  「きしめん」も美味しい 上野ガード下のお蕎麦屋さん (今では 外国のお客さんも沢山来ています)
            
 
 
  1月17日(木) 今日は上野の「アメ横」散歩をしてきました。
 
     アメよごハいづ来ても活気ハあって やがますね感ずすっとも むがすど変わってねなっス。
        外人さんいっぺ居る様になったっけが 修学旅行の生徒も目立ってだっけよ  : 遠野の方言
    (アメ横はいつ来ても活気があって 賑やかな感じがしますが 昔と変わらないですね。
        外人さんも多く居る様になりましたが 修学旅行の生徒さんも目立っていました : 標準語)
 
  名物 アメ横の看板        靴屋さん通り           名物の客引き「かばん屋さん」
     
  エビ・カニ屋さん        果物屋さん           前より食べ物屋が増えた様です
     
 
 
  1月16日(水) 遠野小学校での冬の体育は「そり」か「スキー」でした。
 
  先せがら「あすたの体操のずかんハ 「そり」が「スキー」で遊ぶがら あるしとハ持って来い」ってス
    そうしゃべられだがらって 「スキー」なんか持ってるやづなんかハ まんつ居ねもんだがら
      みんなずぶんでこしぇだ「そり」ハ持って行ってス おもしぇがって遊んだっけよ : 遠野の方言
 (先生から「明日の体育の時間は 「そり」か「スキー」で遊ぶので ある人は持って来るように」って
    そう云われたからといっても 「スキー」なんか持っている人は 殆ど居ないものですから
      みんな自分で作った「そり」を持って行って 楽しみながら遊んだんです    : 標準語)
 
      自分でこしぇだ(自分で作った)「そり」     殆どいなかった「スキー」組
                   
 
 
  1月15日(火) 真冬に珍しい虹が出ていました : 雪でも降りそうな空でしたが、雨になり・・・。
 
  今日ハゆぎっこでも降ってきそうな空模様だなって思ってだっけが
   急に天気雨サなったっけ 東の空サ虹ハ出だもんだもや。まんつ冬の虹ハ 珍らすでば : 遠野の方言
 (今日は雪でも降ってきそうな空模様だなと思っていましたが
   急にお天気雨になったら 東の空に虹が出たんですよ。本当に冬の虹は珍しいですね  : 標準語)
 
     午後3時頃、東の空に虹が・・・    真冬の虹って珍しいですよね
        
 
 
  1月14日(祝) 今日の成人式 天気が良くてよかったですね。
 
  むがすの成人しぎにハ 振り袖なんか着るなんつのハ まず無(ね)がったっけが 今のひたづぁ
    うづぐす着物着てス おなごどぁ皆「キャッキャ!」云って おもしぇそうだっけもな。
      一寸ナンパなやづらもいっけども こんたな平和な時代ハ長げぐ続ぐどいいなっス : 遠野の方言
 (昔の成人式には 振り袖を着るなんていうのは まず無かったんですが 今の人達は
    綺麗な着物を着て 女性達は皆「キャッキャ!」云って 楽しそうなんですよね。
      一寸ナンパな奴らもいますが こんな平和な時代が長く続くといいですね     : 標準語)
 
   今日の成人式   懇親会場の公園で
    
   成人式会場          艶やかな振り袖で・・・    一寸粋がっているグループも・・
    
                             この後パトカーに追い回されていました
 
  1月13日(日) こんたに晴れだ空だば 晩(ばん)げがら夜中ハさぶぐなっけぞ : 遠野の方言
        (こんなに晴れた空ですと 夕方から夜中は寒くなるよ     : 標準語)
 
       こんたにうづぐすぐ晴れだ日の夜にハ 益々さぶぐなってス
           朝起ぎっとすがっこハ張ってけス 霜柱も立ってで はだげなんか歩ぐど
                       ザップ!ザップ!っておどっこすっけよ : 遠野の方言
      (こんなに綺麗に晴れた日の夜には 益々寒くなって
          朝起きると氷が張っているし 霜柱も立っていて 畑なんかを歩くと
                       ザップ!ザップ!と音がするんですよね : 標準語)
 
    今日の夕方            望遠を利かすとスカイツリーまで見えます(約50Km先です)
        
 
 
  1月12日(土) 大晦がサお礼参りサ行った神社サ 今度ハお願いのお参りすて来たよ : 遠野の方言
       (大晦日にお礼参りに行った神社に 今度はお願いのお参りをして来ました : 標準語)
 
      元旦にハ凄げぇ人だづぁ来るっけども 正がづもながば過ぎだがら 来る人もまばらでス
          なんぼが寂みし感ずもすっけが ゆっくりどお参りでぎでえがったでば : 遠野の方言
     (元旦には凄い人数が来るんですが 正月も半ばが過ぎましたので 来る人もまばらで
          いくらか寂しい感じもしますが ゆっくりとお参りが出来てよかったです : 標準語)
 
  近所の「摩賀多神社」       お参りの親子   境内にある「恵比寿」さんと「毘沙門天」にも・・
          
 
 
  1月11日(金) きんのの続ぎ(昨日の続き) : 今日はストーブで「弁当を温める」 「煙突で餅煎餅作り」
 
   昔の冬の遠野小学校での日常の思い出です
    ストーブの上で弁当を温める
       いぢぢ間目ど2時間目の休み時間さなっと(一時間目と2時間目の休み時間になると) 皆ハ
      うづがら(家から)持ってきたアルマイトの弁当ハストーブの上サ乗せで あっためんのス(温める
      んです)
       乗せんのも(乗せるのも)好ぎ嫌いあってス ストーブサ直接乗せっと「焦げご飯」サなるし 
      その弁当の上の2段目サ乗せっと「熱々のご飯」サなって いず番上の3段目サ乗せっと ぬるい
      ども(ぬるいんですが) 「そごそご温ったげご飯」サ なっけもや(なるんです)
       3時間目サなってくっと(なってくると) 教室中 弁当の臭いがすてきて(匂いがしてきて) 皆
      腹空いでっから おぢづがなぐなってくんのス(落ち着かなくなってくるんです)
 
    まっかに焼けたストーブの煙突で「餅煎餅」を作る
       昼時間 弁当食ったあどにハ(後には) うづがら(家から)持ってきたもずハ(餅を) 真っ赤サ
      焼げだストーブの煙とづサ(真っ赤に焼けたストーブの煙突に) おっつげで(押し付けて) ビーッ!
      って すたサ引っ張っと(下に引っ張ると) カリカリの 細長げぇ「もづ煎餅(餅煎餅)」ハ出来ん
      のス(出来るんです)
       午後の勉強はずまって先生ハ教室サ入(へ)って来っと もずっこ(餅を)焼いだ匂いハ凄げもん
      だがら(匂いが凄いものですから) 先生ハ「もづ焼いだの誰だ? 出で来い」って やったやづハ
      皆ビンタ食らうのハ しょっちゅうだったっけよ(しょっちゅうだったんです)
 
  真っ赤になった煙突に餅を押し付け        下の弁当は「焦げ弁当」に 2段目は「熱々弁当」
  下に引っ張ると「餅煎餅」が出来る(禁止事項)       一番上は「ぬくぬく弁当」になります
                                 
 
 
  1月10日(木) 
   昔の遠野小学校の「ストーブ当番」 : 皆が登校する前にストーブに火を入れ教室を温めておく当番。
       (保護者無しの子供だけの役目で、火事でも起きたらってかんがえなかったんでしょうか? 昔の大人は太っ腹?)
 
      冬サなっと(冬になると) 朝間皆より早ぐ学っこサ行って(朝皆より早く学校へ行って) 
     ストーブサ火っこつけで(ストーブに火を入れて) 教室ぬぐぐすておぐ(教室を温めておく)
     当番ハあったのス(当番がありました)。 
      最初に杉の葉っぱハ(最初に杉の葉を)焚きつけにして火っこ付けで(火を起こして) 次に
     ちっちぇ木っ端乗せで燃やすて(次に小さい木の端を燃やして) 火っこ付いだらおっきなまぎハ
     (火が付いたら大きな薪を) 乗せでって(乗せていって) 最後ハ「ゴーゴ」どおどっこ出すて
     (最後に「ゴーゴー」と音を出して) 燃えでくれば成功ス(燃えてくれば成功なんです)
      やりがだ分がねうづハ(やり方が分からないうちは) てぇ変だったっけども(大変だったんですが)
     馴れでくれば 朝めす前サなってくんのス(朝飯前になってくるんです)
      それサすても(それにしても) むがすのおどなだの先せハ(昔の大人や先生達は) わらすんどサ
     こんたなごどさせで(子供達にこんなことをさせて) 火事サでもなったらば(火事にでもなったら)
      なじょすんだ?(どうするんだ?)なんて 考えながったんだべが(考えなかったんでしょうかね)
 
        当時の鉄板でできた「薪ストーブ」  (ストーブの上のものは 生徒たちの弁当です・明日説明します)
                   
 
 
  1月9日(水) 多くの年賀状有り難う御座いました。(特に創作年賀状は時間が掛かったことでしょう)
 
    年賀状も あだりめのもので無(ね)くて 我考(か)んげでこしぇだものサすてもんだども
       なんたなものサすたらいがんべがど思ったり ずかんのかがるもんだがら
          ながながそうハ いがねもんだもな。それ考んげるど有難でもんだでば : 遠野の方言
   (年賀状も 当たり前のものでは無くて 自分が考えて作ったものにしたいんですが
       どんなものにしたらいいかと思ったり 時間の掛かるものですから
          なかなかそうは いかないものです。それを考えると有難いものです  : 標準語)
 
   創作年賀状  水彩画(山口県 滝部)        版 画(徳島県 渦の道)
     
        千葉県 毛利様                       茨城県 長尾様
 
 
  1月8日(火) 大分早(は)えども 4がづサ植えるサドイモの畝の準備すたよ : 遠野の方言
        (大分早いですが 4月に植える里芋の畝の準備をしました  : 標準語)
 
   芋類ハ 畝の下サ藁っこ敷ぐどいいづがら 去年がらそうやってんのス。
    3がづサ植えるジャガイモの畝さも 藁っこ入れ終わったども 昨日ハサドイモの分ス : 遠野の方言
  (芋類は 畝の下に藁を敷くと良いといいますから 去年からそうやっているんです。
    3月に植えるジャガイモの畝にも 藁を入れ終わったんですが 昨日はサトイモの分です : 標準語)
 
  里芋の苗床作り (4月に種イモを植え付ける準備です)
   農家さんから戴いた藁  畝に溝を掘り藁を入れる   藁に土を被せて置き、藁が腐るのを待つ   
   
                            肥料は植え付けの1ヶ月前位に与えます
 
 
  1月7日(月) 遠野の方言 「さむぼろ」 : 「鳥肌」のことをいいます。
 
    おなず「さむぼろ」でもス 本とに寒(さむ)どぎサ出る「さむぼろ」ど おっかねどぎの「さむぼろ」だの
      あんのス。おっかねどぎにハ「身の毛がよだつ」って云うっけども そんたなどぎサ出るっけもな。
         もう一っつス 何がすげぐ感げぎすたどぎにも「さむぼろ」出るんだっけもや : 遠野の方言
   (同じ「鳥肌」でも 本当に寒い時に出る「鳥肌」と 怖い時の「鳥肌」とが
      あるんです。怖い時には「身の毛がよだつ」と云いますが そんな時に出るんですよね。
         もう一つ 何か凄く感激した時にも「鳥肌」が出ますよね         : 標準語)
 
 
  1月5日(土)
    今日みでな天気のいい日にス 印旛沼サ出がげで見っと 水鳥だづぁいっぺ居でス 
          ながなが飽ぎるごどねくてス ずーっと見でるごどサなっけもな : 遠野の方言
   (今日の様な天気の良い日に 印旛沼に出掛けて見ると 水鳥達が沢山居て
          なかなか飽きる事が無く ずーっと見ていることになるんですよ : 標準語)
 
   今日の印旛沼                 羽根を休める「鵜」の群れ
    
    
   ユリカモメ            バ ン           竹竿にとまる「ユリカモメ」
   
 
 
  1月4日(金)
     今日ス はだげのソラマメだのニンニグ、ラッキョウなんか なんても無(ね)ぇが見できたのス。
       その途じゅうの田んぼだども 冬らすぐ緑ハ全ぐ無がっけもや。 
             あど2ヶ月もすっと 雑草ハ生えはずまって忙がすぐなってくんべ : 遠野の方言
    (今日は 畑のソラマメやニンニク、ラッキョウなど 何とも無いか見て来ました。
      その途中の田んぼですが 冬らしく緑は全然無かったです。
             あと2ヶ月も経つと 雑草が生え始まって忙しくなってくるでしょう : 標準語)
 
    お正月 畑の傍の里山
       
 
 
  1月3日(木) お正月に歌う 遠野の大人達の歌。
 
    正がづのうだっこにハ わらしゃどのうだっこばりだど思ってっかもしぇんねども 
      おどなのうだっこもあったっけよ。 貧乏だった頃にハ おどなが「こうなればいいがな」ど
        ゆった うだっこもあったのス。「♪正がづぁいいもんだ ゆぎの様なママ食って 油の様な
                    さげ飲んで 正がづぁいいもんだ」ってス     : 遠野の方言
   (お正月の歌には 子供達の歌ばかりと思っているかもしれませんが
      大人の歌もあったんですよ。 貧乏だった頃には 大人が「こうなればいいんですが・・・」と
        云う様な 歌もあったんです。「♪正月はいいもんだ。 雪の様なご飯を食べて 油の様な
                     お酒を飲んで 正月はいいもんだ」ってね    : 標準語)
 
    「♪正がづぁいいもんだ 油の様なさげ飲んで・・・」 今年もよろしくね
                    
 
 
  1月2日(水)
    今日どあすたハ「はご根rぎ伝」見で 楽すむべがど思ってス。いい選手揃えだたて 思う様に
      いがねのが「はご根rぎ伝」なのス。青がぐだったって柳のすたサ いっつも「どんじょ」ハ居るど
                         思んね方いいんでねすか?     : 遠野の方言
    (今日と明日は「箱根駅伝」を見て 楽しもうかと思っています。いい選手を揃えたとしても 思う様に
      いかないのが「箱根駅伝」なんです。青学だって柳の下に いつも「どじょう」が居ると 
                         思わない方がいいんじゃないですか? : 標準語)
 
      今日の箱根駅伝 (テレビ画面)           柳の下に「どんじょ」→「どじょう
          
 
 
 平成31年元旦  (こどすも 遠野の方言で 楽すむべし)